topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の家族旅行 in 信州 - 2017.10.15 Sun

もう随分昔のことですが(笑)9月の10日、11日と静岡~長野と家族旅行に行ってきました。
昨年もこの時期に行ったのですが、年に一度くらいどこか泊まりにいこうではないかという我が家の方針なのですよ。


新大阪駅を7時3分ののぞみさんで名古屋まで行き、名古屋でこだまちゃんに乗り換えて新富士駅へ。
2017_aki0002.jpg


新富士はこだまちゃんしか止まらないから仕方ない。
2017_aki0003_20171015191803847.jpg


新富士駅前のトヨタレンタリースで車を拝借。
2017_aki0004.jpg

カローラアクシオ、ちょっと俺には狭い(笑)

ちなみに運転はすべて父です。
俺はゴールド免許だけど、乗ってないからゴールドなのだ。


まずは北方向へ、白糸の滝に向かいます。


大体30分ほどで到着。
前日の話だととんでもなく人がいるというような状況だったのですが、まだ10時すぎとあってかすんなりと駐車できました。


駐車場から少し歩くと水が流れる音が聞こえます。
2017_aki0005.jpg


いきなりナガサキアゲハさんがお出迎え。
2017_aki0006.jpg


初めてみたけど、そんなにレアなちょうちょではないらしい。
2017_aki0007.jpg


秋の味覚。
2017_aki0008.jpg

俺はこれ食えんのです…栗ごはんとか絶対無理なのです。


白糸の滝の前の音止の滝。
2017_aki0009.jpg

迫力はこっちのほうがあるんじゃないかな?


水の力ってすごいですよね~
2017_aki0010.jpg


白糸の滝のそばには花がたくさん咲いていましたが、とりわけ目立ったのがこのシュウカイドウ。
2017_aki0011.jpg

ハナアブさんも夢中です。


さて、白糸の滝を撮るとします。
俺は昨年の11月にもここにきているのですが、その時は夕方で暗かったんですよね。

今回はまだ明るいので、撮影の制約が少ないです。
滝を撮るという点では明るすぎるのは困るのですが…ってそんな細かい話はいいよね。


一つ一つの滝はそんなに大きくないのですが、寄ってみると迫力が出ますね。
2017_aki0012.jpg


すこし遠くから見るとこんな感じ。
2017_aki0013.jpg


もっと寄って止めてみた。
2017_aki0014.jpg

水の力を感じる~


ホワイトバランスを寒色系にして、全体を撮ってみた。
2017_aki0015.jpg

スローシャッターにしたので一番左の滝が白飛びしているんですよね~
本当は滝撮影用の「NDフィルター」なるものを使って露光量を下げるのですが、そんなものもってきてねえっス(笑)

写真的には失敗の仲間なのでしょうが、俺は実は好きな一枚です。


滝の左側に回りこんでみます。
2017_aki0016.jpg

いたるところから雫が落ちているので足元はぐちゃぐちゃ。

岩にあたる水もとめどなく。


岩の隙間から降り注ぐ水もとめどなく。
2017_aki0017.jpg

なんかいい雰囲気でした。


天気がビミョーだったのですが、この時間はすこし晴れてくれたかな。
2017_aki0018.jpg

人も去年の11月に比べると少なめでした。


滝をバックにすすきを撮ったら、アレが三匹も…
2017_aki0019.jpg

こんだけ至近距離に三匹もおったら、えさの奪い合いとかなるんちゃうか。

まぁラーメン屋とかも激戦区のほうが儲かるっていうし、それと同じノリなのだろうな。
(多分違う)


もういっちょアップの滝を。
2017_aki0020.jpg

水を浮かせる細工をしてます。


潤う緑の葉っぱたち。
2017_aki0021.jpg

(名前がわからんからごまかしている)


すこし引いたところから滝全体を。
2017_aki0022.jpg

青い水にとめどなく流れる滝。
さすがは有名観光地と呼ばれるだけあるな~


ライトニング。
2017_aki0023.jpg


なんでしょうかね?調べたところベニバナゲンノショウコが一番近そうですが…
2017_aki0024.jpg

フウロの仲間は種類が多くてこまっちゃいます。

まぁとにかく、かわいい花です。



季節外れの紫陽花の上にオオハナアブくん。
2017_aki0025.jpg

オオハナアブの目の模様が面白いわ~


シュウカイドウをもう少し。
2017_aki0026.jpg

女子っぽい雰囲気になってしまった。


ヤマゴボウの若いの。
2017_aki0027.jpg

これから毒々しい色に変わってまいります。


空を入れて秋海棠を。
2017_aki0028.jpg


久しぶりに見た瞬間に心奪われる花でした。
2017_aki0029.jpg

緑とピンク、黄色の対比がいいんだろうな。


滝から歩いて駐車場へ。
ふと下を見るとちょうちょがいました。


それも青く光り輝く姿。
2017_aki0030.jpg

間違いなくカラスアゲハです。

俺はもともと虫が好きだったんだけど、小さいときに図鑑の蝶のページを見たときに一番惹かれたのがカラスアゲハでした。
しかし都市部にはなかなかいない蝶のようで、俺の住んでいるところではまず見られない蝶なんですよね。

図鑑を見てからあこがれること約30年。
ようやく写真に収めることができました。

すこしくらいところでの撮影だったのであんまり上手に撮れていませんが、まぁ今はこれで満足です。


白糸の滝を見下ろす。
2017_aki0031.jpg

やっぱり立派な滝だね。


カラスアゲハを撮っていると、クロアゲハもやってきました。
2017_aki0032.jpg

これは比較的ベタな蝶だけど、アゲハ蝶の類はみんな鮮やかです。


ちょっとピンボケ。
2017_aki0033.jpg


たまたま翅を広げてとまってくれました。
2017_aki0034.jpg

やっぱり鮮やかな光り方やわ~

いつもいつも言うことですが、自然の出す色は本当にすごいですよね。
2017_aki0035.jpg


翅にピントがあっちゃった。
2017_aki0036.jpg

小さなお顔に合わせて撮るのは中々難しい^^


富士山も少しお顔を出しました。
2017_aki0037.jpg

この日は曇っていて殆ど全体を見ることはできなかったなぁ。


またカラスアゲハくん。
2017_aki0038.jpg

写真がコロコロ変わりますが、一応時間順に並べているからです。ご了解ください^^


いい加減父がだるそうにしていたので車に戻ります。
母は自然やカメラが好きなのですが、父はちょっと都会っぽい場所のほうがいいようで。

二人とも九州のド田舎の出身なのですが面白いです。


そんな父が発見したトンボ。
2017_aki0039.jpg

フォト蔵の先輩によるとミヤマアカネらしいのですが、私にはわかりません。

まぁ目が栗饅頭みたいに見えるのは事実です。


1時間くらい白糸の滝にいた後、さらに北へ向かいます。
俺としてはカラスアゲハが撮れたのでこのまま家に帰ってもいいくらいの気分でしたが(笑)


トイレ休憩で「道の駅 朝霧高原」へ。
2017_aki0040.jpg

本当は昼食を撮ろうかと思いましたが、食堂らしきところはすんごい人。パスパス。


ここから本栖湖、精進湖と通って甲府に抜ける予定だったのですが、俺が変なナビをしたために本栖みちを通って西へ向かうことに(笑)
車やしええやろ。


途中「道の駅 しもべ」で休憩&昼食。
2017_aki0041.jpg

ここいらでは貴重なお店だったようで、観光客だけでなくてなんか地元の方が多くこられている様子でした。


そばのそばや「木喰庵」で昼食。
2017_aki0042.jpg

なんて読むのかはしらんぜ。


晩飯が多いことはわかっていたので、俺にしては超小食の昼飯。
2017_aki0043.jpg

しかしなかなかのコシの上に出汁が非常に濃い口。
大変おなか一杯になりました。


ちゃんと蕎麦湯ものんだぜ。
2017_aki0044.jpg


御馳走様でした。
2017_aki0045.jpg


この後国道20号をベースに北上し、安曇野に到着。

道中母が酔ってしまったのでまっすぐ宿に行きました。
ちゃんと酔い止めを飲んでおくように。


というわけで本日のお宿に到着。
2017_aki0046.jpg

昨年の10月にもとまったお宿なのですが、雰囲気があって素敵なところです。
お部屋の中にこういうアンティークなお部屋がついていたり、調度品がいろいろと凝っていたりと普段と違った雰囲気を味わえます。


俺は酒が飲めないけど、飲める人からするとヨダレもんのラインナップなのでしょうか。
2017_aki0048.jpg


ワインも並んでいたり。
2017_aki0049.jpg

俺はこっちがヨダレもんやわ~


殿様水というのはお酒ではないようですね。
2017_aki0050.jpg


水道です。なんか不思議でしょ?
2017_aki0051.jpg


もういっちょ水道です。
2017_aki0052.jpg

一部屋に水道が二つあるってのも面白いと今思った。


部屋の外には露天風呂がついていました。
2017_aki0053.jpg

入りはしなかったのですが、部屋の外から中を撮ってみた。
なんか面白い色になったな。


夕食です。
2017_aki0054.jpg

酔っていた母も随分回復してよかった。


ピンボケしたトマト。
2017_aki0055.jpg


味のこい、さやいんげん。
2017_aki0056.jpg


すっぱい酢の物。
2017_aki0057.jpg


とってもうまい信州牛のステーキ、わさびでいただく。
2017_aki0058.jpg


優しい味の茶わん蒸し。
2017_aki0059.jpg


信州ワイン(昨年に引き続き登場)
2017_aki0060.jpg


お食事はちゃんと個室を用意してくださりました。
2017_aki0061.jpg

結構な値段がするんだけど、それに見合った宿だと思う。


季節の野菜のてんぷら。
2017_aki0062.jpg


豚肉のローストと甘いものが下にいる。
2017_aki0063.jpg


あまごの塩焼き。焼きたて。
2017_aki0064.jpg


竹筒に入った野沢菜ご飯とお澄ましとお漬物。
2017_aki0065.jpg


お澄ましは大変お優しいお味。
2017_aki0066.jpg


すべて母に食われたデザート。
2017_aki0067.jpg


「余は満足じゃ…」

父は結構あからさまに食事の感想が顔に出る人なのですが、大変満足そうにしていました。
まぁこれで満足せんのやったらもう一生水でも飲んで生きてもらわんとな。

とにかく、量も味も、そしてお給仕のおばちゃんもとってもよかった。
ここに乗せるのをためらうくらいいい宿なんです。


食事会場にもこんな本が並べてあったりと色々と風流なところです。
2017_aki0068.jpg


灯り一つしても面白い。
2017_aki0069.jpg


一階には喫茶ルーム的なところが。
2017_aki0070.jpg

本がいっぱいです。


二階への廊下。
2017_aki0071.jpg

優しい灯りです。


金魚がいるわけではないけど金魚鉢。
2017_aki0072.jpg


この後温泉にゆっくりゆっくりゆっくりと入り、部屋に戻って休みました。

これは部屋からみた景色。
2017_aki0073.jpg

すでに帰りたくない感が満載でした。



翌日(9月11日(月))

朝一でお風呂へ。


他にお客さんもおられなかったので一枚いただきました。
2017_aki0075r.jpg


朝から露天風呂とか贅沢すぎるぜ…
2017_aki0074r.jpg

毎日こんな生活していたら頭がおかしくなるんだろうなぁ。


風呂場への通路。
2017_aki0076r.jpg

木の香りがよい。


中庭のようなところ。
2017_aki0077r.jpg


小径
2017_aki0078r.jpg


朝ごはんです。
2017_aki0079.jpg

朝から結構なボリュームです。
2017_aki0081.jpg

しかもうちの夕食の二倍は豪華やし。
2017_aki0082.jpg


朝食の会場。
2017_aki0084.jpg

他のお客さんとも一緒の時間にならなくてよかったです。


さて、名残惜しいですが宿を去ることにします。


本当に不思議な魅力のある宿です。
2017_aki0085.jpg

ご興味のある方、名前はあえて伏せておきますが、探してみてくださいませ。


宿を出たところで一枚。
2017_aki0086.jpg

ツユクサ&ヒラタアブさんでしょうか。
朝らしい絵だと思います。


まずは5kmほど離れた安曇野ワイナリーへ。
父がずっと行きたいと言っていた場所です。


俺は外で栽培されている葡萄の写真を撮影。
2017_aki0087.jpg


すぐそばにいたはずの両親がいつのまにかショップの中へ入っていっていました。
2017_aki0088.jpg

ワインにするぶどうはいかに小さく、かつ皮を厚くできるかが大事だそうです。
食べる感覚からすると、大きくて皮がやわらかいのがいいのですが、面白いものですね。


右から二本目の房の一番下だけ尖ったやつがいるな^^
2017_aki0089.jpg


バラも咲いていました。
2017_aki0090.jpg

バラの写真を撮るのはこれが初めて。

色を出すと花弁の切れ目があいまいになってしまい、かつ切れ目をちゃんと出すときつい感じになってしまう。
撮影の難しい花だと思いました。


バラの向こうに葡萄だな。
2017_aki0091.jpg

バラって書かないと「なんだ、このピンク色?」ってなるよね。


赤いバラ。
2017_aki0092.jpg

これは本当に難しい。


俺もショップに入りました。
2017_aki0093.jpg

酒が…酒がいっぱいだぜ…?


比較的リーズナブルなナイアガラワイン。
2017_aki0094.jpg


コンコードの2015。
2017_aki0095.jpg

こちらもがぶ飲みできるレベル。


しかしね、やっぱりお高いものも置いてありましてね。

せっかく来たのだからということでそれなりにお高いのを買って帰りました。

一番高いのはいつもお世話になっているボスに。
俺が飲むのは中くらいのを。
おやじには一番安いのを。

世の理じゃな。


酒の瓶って並んでいるだけでなんでこんなに雰囲気があるんだろうなぁ。
2017_aki0096.jpg


一本だけでもおいしそうに見えるし、いっぱいあるとなおさらおいしそうに見えるな。
2017_aki0097.jpg


それなりのお金を地域経済に落とした我々。
車山高原に向かいます。


途中見つけた栗。
2017_aki0098.jpg


続いてりんご畑を発見。
2017_aki0099.jpg

車を止めて写真をとるぜ。


みごとな赤色です。
2017_aki0100.jpg


ちょっと細工してみた。
2017_aki0101.jpg


きれいだよなぁ。
2017_aki0102.jpg


パープルフリンジが出たけど、まぁあんまり気にしないでおこう(笑)
2017_aki0103.jpg


ここまで立派に育つまでにどれだけの苦労があるのかって思う。
2017_aki0104.jpg

農家にあこがれる気持ちはあるけど、本当に毎日毎日大変なんだろうなぁって思うよ。


謎のデカイかぼちゃ。
2017_aki0105.jpg

食えるんだろうか。


高速に乗って移動。
途中諏訪湖SAで休憩。


諏訪湖は何度か来ていますが、高いところから見るのは初めてじゃないかな。
2017_aki0106.jpg

昨年の夏はここを一周したなぁ。


ミニチュアモードで撮ってみた。
2017_aki0107.jpg

色合いが思いっきり変わるから面白い。

しかし天気が良くないね。
これから上る車山もおそらく天気はよくないんだろうな。


続いて車山高原へ移動。
リフトに乗って頂上へ行きましたが…

「ですよね~(笑)」
2017_aki0108.jpg

何もみえんっちゃ。


車山神社もこんな状況。
2017_aki0109.jpg

さっさと写真を撮りながら下山します(笑)


※昨年の8月に行ったときは↓な感じでした。天気って大きいよなぁ。
2016n0033.jpg


2016n0041.jpg

まぁ二回とも晴れっていうのもアレだし、今回は今回でよかった…と強がっておきます。

嘘だよ、やっぱり晴れのほうがいいや(笑)


ハナイカリかな?
2017_aki0110.jpg


ヤマハハコというそうです。
2017_aki0111.jpg


ヤマラッキョウ。
2017_aki0112.jpg


ミヤマトリカブト?トリカブト?
2017_aki0113.jpg


ウメバチソウ。
2017_aki0114.jpg

なんか乗ってる。


もういっちょ。
2017_aki0115.jpg

蕊のライトグリーンがきれい。


ハクサンフウロ。
2017_aki0116.jpg

この写真はオキニなんです。


ヒョウモンさん on the マツムシソウ。
2017_aki0117.jpg

ヒョウモンの仲間は似ているのが多くて、どれだかはわかりません。


アップでマツムシソウを。
2017_aki0118.jpg

車山を代表する花だと思います。


ちょっと枯れかけているけど、雨のしずくをまとってなかなか。
2017_aki0119.jpg


見下ろす景色はこんな感じ。
2017_aki0120.jpg

とってもアレです(笑)


ススキのカーテン。
2017_aki0121.jpg


黒い雨雲が迫ってきました。
2017_aki0122.jpg

マジで焦ったけど、あんまりふらなくてよかった。

ちなみに中央部に見える明るいところが茅野市の辺りです。


アザミの上で共同生活をしていました。
2017_aki0123.jpg

こんだけ至近距離におるのに追い出そうとしないってことはよほどおいしくて夢中なのでしょうか。


ナイスヒップ。
2017_aki0125.jpg

この後下山して、さっさと車に乗って松本駅を目指します。
レンタカーの返却時刻が迫っていたのでそれなりに急いでの移動でした。父上、ご苦労様。


下ると雲が切れて少し晴れっぽい感じに。
2017_aki0126_20171015164956932.jpg


この後の写真はありません。
帰る悲しさからファインダーをのぞく気力がなくなっていたのでしょうか(笑)

再び高速に乗り、松本でレンタカーを返し、電車で帰宅しました。


一泊二日の信州旅行は中々ハードなのですが、それでもやっぱり行きたいと思わせてくれる信州の山々と自然があります。
来年はすこし時期をずらして、また家族で行けるといいなと思います。

両親よ。
まだ弱るには早いぞ、頑張ってボケずに生きてくれ^^

来年もまたいこうぜよ。

● COMMENT ●

No title

なかなか更新がなくお待ちしてました。花と虫めっちゃ詳しいなぁ、俺なんにも知らんわ。撮り方によって滝が色々変わるのも面白い、そんな技術を身につけたいな。信州好きやなぁ、来月社員旅行で信州行くけどなにしよって感じ。善光寺、松本城、戸隠とか行くらしい。

>>兼六くん
コメントありがとう。

虫は昔から好きやったから、ある程度は知っていたんやけど花は全く知らんねん。ほとんどフォト蔵の人に教えてもらったり、ウェブで調べたものばっかりやで。
滝はいろいろなバリエーションが撮れるから楽しいね。スローシャッターに凝っている時期もあったんだけど、最近はどちらかというと寄って止める写真のほうがすきかなぁ。また飽きると思うけど。

信州?まぁ大阪とは比べ物にならんくらい自然があるし、飯うまいし、広いし言うことないなぁ。
ちょっと遠いから出かけたって気分にもなれるし。

善光寺、戸隠、松本城か。割とベタというか王道というか。
俺は戸隠が一番好きかなぁ。おいしいそばを食べてきてください。
そしてたまには写真を見せてくれ^^


管理者にだけ表示を許可する

初秋の高野山観光ツアー «  | BLOG TOP |  » 2017夏旅行【6日目・最終日】岩岳ゆり園を散策し帰路へ

プロフィール

青

Author:青
大阪府在住、アラフォーのおっさんです。

自転車とカメラが好きです。
最近はかなりカメラに傾倒^^

カメラ:nikonD750
自転車:5800系105のロードバイク

Twitter

フォト蔵

最新コメント

過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ にほんブログ村 自転車ブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。