topimage

2017-08

2016初夏 南四国の自然に触れる旅 - 2017.06.26 Mon

6月4~6日にかけて、高知県の四国カルスト~愛媛県の宇和島市へ旅行をしてきました。
少し前のことなのですが、記憶が薄れる前に書いておこうと思います。

【1日目・6月4日(日)】
IMG_3636_2017062620311430c.jpg


7時53分のみずほで岡山まで移動。
kochi_0001.jpg

わずか1時間弱なので、寝ないように必死です。


岡山で特急南風に乗り換えます。
kochi_0002.jpg

kochi_0003.jpg


無事一番後ろの席をゲット。
後は高知県の須崎までゆったり電車、いや気動車の旅です。
IMG_3639_201706262031162e5.jpg


瀬戸大橋を通過中。
kochi_0004.jpg

何度か通ったことがあるのですが、何度見てもいい光景だ。


コンビナートチックなところもありました。
kochi_0005.jpg

塩田の跡地に作ったのでしょうか。


途中の駅で停車中。
お隣に観光列車が止まっていました。

「四国真ん中・千年物語」というようです。
kochi_0006.jpg

最近はどこもこういうのやりはじめましたね。


阿波池田駅にて。
kochi_0007.jpg

ローカルな車両がとまっております。


この後大歩危・小歩危あたりを通過。
kochi_0008.jpg

こちらは運転停車した、大田口駅。


岡山を出て二時間ほどで高知駅に到着。
kochi_0009.jpg

こちらは車窓からの風景。
南国な雰囲気ですが、土佐鶴と路面電車が地元感を出していますな。


高知駅を出発。
kochi_0010.jpg

列車は中村を目指して走ります。


岡山駅を出てから三時間弱でしょうか。
kochi_0011.jpg

須崎駅に到着しました。

「スザキ」だと思っていたのですが、「スサキ」が正しいようです。
にごったりにごらなかったり、地名は難しいね。


お世話になったアンパンマン列車ともお別れです。
kochi_0012.jpg


こちらが須崎駅です。
kochi_0013.jpg

ここからはバスの旅になるのですが、少し時間があるので昼飯タイムとします。


その前にバス停の位置を確認。
kochi_0014.jpg


駅前にあった、すさき駅前食堂にてお食事です。

なんか妙にレトロなものが沢山飾ってありました。
kochi_0015.jpg

奥のおじさん、いい感じに顔が隠れてくれたね^^


何やら鍋焼きラーメンが有名なところのようですが、しらす丼が食べたかったのでそちらに。

普通においしいです。
kochi_0016.jpg

ポン酢をかけていただいたのですが、大変さっぱりしておいしゅうございました。

こちらが外観。
kochi_0017.jpg

日曜日とあってか、次から次へとお客さんが来ていました。


この後バス停で待っていると、おばさんに声をかけられました。
以下会話の内容。

おばさん
「こんにちは♪」


「あ、こんにちは」

おばさん
「岡山から乗っておられましたよね」
「岡山で駅弁を買おうと思ったら、これ(袋に入った自転車)が邪魔で買えなかったのよ(笑)」


「あーそうなんですか、すみません^^」

おばさん
「いえいえ、さっきそこの食堂の前にこれ(自転車)が置いてあったから、ご飯食べているんだなって思っていたんですよ」


「その通りです。よく見てましたね」

おばさん
「いや、自転車があったから目だったんですよ。何をたべたの?」


「しらす丼を食べてきました」

おばさん
「あら、この辺りの名物ですもんね。」
「今日はどこまで?私は天狗高原まで行くのよ。」


「天狗高原?僕もです。」

おばさん
「私、天狗荘に泊まるのよ。」


「うわ、僕もですよ!」

おばさん
「あら、そうなんだ^^」
「岡山から来たの?」


「いや、僕大阪からです。」

おばさん
「私も大阪からですよ。」
「大阪のどちらから?」


「吹田です。」

おばさん
「あら~私千里山からよ(←千里山は俺の行っていた吹田の大学のそば)」


「えぇ?こんな偶然ありますか!?(笑)」

この後話をしたのですが、おばさんは俺に話をあわせたわけではありません。
グリーンプレイス(最近吹田にできたところ)や、市民病院のこと、俺の大学のこと、昔の吹田のことなど、よく知っておられました。

なんか世の中狭いなぁって改めて思いましたね。


この後おばさんとは宿までずっと一緒のバスでした。
孤独なたびになるはずでしたが、思わぬ出会いです。


さて、バスの旅のスタートです。
kochi_0018.jpg

須崎駅前から、新田というところまで、1時間半くらいバスに乗ります。


須崎の中心部で部活帰りのJKが乗ってきたのですが、この子たちは俺たちが降りたバス停までずっと一緒でした。
kochi_0019.jpg

毎日1時間半もかけてバスで学校に行くのかって思いました。


バスは新荘川という川沿いを走っていきます。
kochi_0020.jpg

バスから見える風景はこれまたいいんだわ。


ちょこっとだけアタマが見えているのがJKです。
kochi_0021.jpg

かわいい子でした。


釣りをしている人でしょうか。
kochi_0022.jpg

そろそろ川釣りが解禁されるでしょうかね。


バスは1時間半くらいかけて、新田に到着。
kochi_0023.jpg

ここで津野町のコミュニティバスに乗り換えるのですが、時間があるので少し写真を撮ります。


すぐそばに立派な川がありました。
kochi_0024.jpg


川の近くまで降りてみます。
kochi_0025.jpg

水の中にはものっそい数の魚が。
これは一部だけど、一杯いて若干気持ち悪かった^^


川原に咲いていたお花。
kochi_0026.jpg

名は知らん。


橋を下から見上げる。
kochi_0027.jpg

この紐は何に使うのでしょうか。


下流方面。
kochi_0028.jpg

水はまずまずきれいです。


仏様。
kochi_0029.jpg

優しいよな。


橋とお花と。
kochi_0030.jpg


花やちょうなんて余り気にしなかったのが、写真を撮るようになってから色々なものに目がいくようになりました。
カメラを持っていないときでも、構図を考えてものを見たり。

本当に凝り性でこまる。


バス停に戻ります。
kochi_0031.jpg


この辺りは少しだけ都会な感じ。
kochi_0032.jpg

コミュニティバスが来ました。
地元のおじさんが運転している感じです。


このナナメ前のJKは、さっき言った須崎から一緒の子です。
kochi_0033.jpg

ここまででも須崎からはかなり離れているのに、まだここから15分くらいバスに乗っていました。

運転手さんとも知り合いみたいでしたね。
みんなで若い子を見守って育てている、そんな感じなのでしょうか。

なんにしろ、あれだけ遠くから毎日通うってすごいよ。
えらい。


こちらは前述のおばさん。
kochi_0034.jpg

アクティブな感じの方でした。


この後ものすごい山道を上り、本日のお宿に到着。
お部屋に荷物を置いてから、少しその辺を走ることにします。


この通り、別世界に来た感じです。
kochi_0035.jpg


見下ろす四国山地の山々。
kochi_0036.jpg

標高1400m弱。


すごいところですよね。
kochi_0037.jpg

普段ビルに囲まれている俺からすると、同じ日本なのかって思うよ。


振り返れば本日のお宿「天狗荘」
kochi_0038.jpg

こんな高いところにあるのに、立派なお宿です。


少しだけ西へいってみます。


天狗高原の碑の前で一枚。
kochi_0039.jpg

いつもいうことだけど、こいつには本当に感謝やな。


1kmほど走ったところで自転車を置いて、カルストの風景を写真に収めることにします。

おぉ…といった感じ。
kochi_0040.jpg

自分が普段いる風景とは一線も二線も画す、そんな場所です。


空に飛行機雲があるのがいいアクセントかな。
kochi_0041.jpg


空が広いです。
kochi_0042.jpg


ホオアカさんというそうです。
kochi_0043.jpg


何か哲学しているように見えますな。
kochi_0044.jpg


かわいらしい黄色い花です。
kochi_0045.jpg

エンコウソウという名前の花が一番近いように感じましたが、あっているかどうかは知りません。


ナミテントウさん。
kochi_0046.jpg

写真を始める前は、こんな小さな生き物には目もくれなかったのにね。


空には月が。
kochi_0047.jpg

今夜は晴れそうですが、月が出ると星の写真は厳しいですね。


自転車のところに戻ります。
kochi_0048.jpg

このようにカルストをぶち抜く広くて壮観な道が整備されていました。


ウシさん&岩をバックに。
kochi_0049.jpg

何度もいうけど、こいつとの想い出は数限りなく。


夕食の前に風呂に入りたかったので、宿へ戻ります。
kochi_0050.jpg


これはちょっと明るくしすぎだね^^
kochi_0051.jpg


本日のお宿はこんなところにあるのです。
kochi_0052.jpg

本当に山の上でしょ?


宿の前に戻ってきました。kochi_0053.jpg

記念に一枚。


謎の花。
kochi_0054.jpg

妖怪みたいで面白いな。
宿の前に咲いていました。


ツルニチニチソウというようです。
kochi_0055.jpg

こちらも宿の前の花壇にて。


宿の中に県境があるところなんて、あんまりないと思うな。
kochi_0056.jpg

面白いもんです。

ちなみに俺の部屋は愛媛県で、食堂は高知県でした(笑)


部屋からの眺め。
kochi_0057.jpg


風呂に入った後、夕食です。
夕食つき10000円弱なので、そんなに大層な夕食は期待していませんでしたが。


前菜。
kochi_0058.jpg


高知といえば鰹。
kochi_0059.jpg

こんな山の上で食べるのも面白いな。


煮しめ。
kochi_0060.jpg


あまごだったような気がする。
kochi_0061.jpg

骨まで全部いけるって言われたので、全部食いました。


土佐牛のステーキ。
kochi_0062.jpg


棚田で作った米らしい。
kochi_0063.jpg


おすまし。
kochi_0064.jpg

なんか魚のすり身のようなものが入っていました。


なんとなくしし鍋が食いたかったので注文。
kochi_0065.jpg

思っていたよりお肉が控えめでしたが、味噌ベースの味でおいしかった。


てんぷら。
kochi_0066.jpg

お腹が膨れたころに出てきたので、あんまり味覚えていない。


デザート。
kochi_0067.jpg

メロンとスイカ以外の果物はおいしくいただけます。


夕食を食べていると、ピアノを演奏する音が聞こえてきたのですが、弾いているのは昼間に一緒だったおばちゃんでした。
俺がピアノの前を通りかかるとニコニコしながら弾いていましたね。

あれはシロウトの演奏ではないです。
次々と変わる曲を、一瞬の間違いもなく流れるように弾いていました。


時間はちょうど夕暮れです。
kochi_0068.jpg

この日の夕暮れは19時12分だったと思います。


この後部屋でゆったりしていたのですが、一応星を見に外へ出てみました。

やはり月が出ていて微妙なコンディション。
kochi_0069.jpg

更に昼間はあんなに天気がよかったのに、夜になると雲がかかっていました。
どうも俺は星運がないようです。

てなわけでゆっくり眠りましたとさ。


【2日目:6月5日(月)】
前日は夜中まで起きていたせいか、布団から中々出られず。
結局9時半くらいまで部屋にいました。

フロントでチェックアウトの手続きをしていると、前述のおばちゃんが三度登場。
宇和島に行く旨を伝えると、「ぜひ遊子(うす)の棚田」に行ってみてとのこと。

挨拶をして、宿を後にしました。

今思えば、連絡先くらいきいておけばよかったなと思う。
人生一期一会なのにね。


さて、まずは宿の近くのセラピーロードを歩いてみます。
kochi_0070.jpg

ここは道にウッドチップが敷いてあり、俺のような馬体重が大変多い人でもひざを痛めずに歩けます。


ウッドチップが敷いてあるとはいえ、普通に森っぽいところを歩きます。
kochi_0071.jpg

誰ともすれ違わないので、ある意味怖い。


黄色い花。
kochi_0072.jpg

カタバミなのか、エンコウソウなのか。


ヤマキマダラヒカゲさんと思われます。
kochi_0073.jpg

ウッドチップがいい保護色になっていました。


こっちはなんでしょうかね。
kochi_0074.jpg

ヒョウモンエダシャクが一番近いような気がしますが。
なんしか、シャクガの仲間であることは間違いないかな。


鳥の鳴き声もするので、じっとして近くに来るのをまって撮影。

モニタを見ると鮮やかな鳥が写っていました。
kochi_0075.jpg

ソウシチョウというそうです。
外国から観賞用に連れてきたものが、自然に繁殖したらしいです。


こちらはスジグロシロチョウさんでしょうか。
kochi_0076.jpg

ラブラブしているところだったようです^^


足元にあった小さな花(?)
kochi_0077.jpg

コケの花じゃないかと思うのですが、わからんちゃ。

薄暗い森の中でひときわきれいに輝いていました。


この後自転車のところに戻り、出発。

こんな道を行きます。
kochi_0078.jpg


ここから宇和島まではずっと下りなのですが、標高を落とすのがもったいないくらい、いい場所でした。
kochi_0079.jpg


またいつか、そう遠くないうちにもう一回来よう。
kochi_0080.jpg

今度は全行程バスでいいかな。

リュックには大きな三脚を入れて、超望遠レンズを持ってきて、セラピーロードで鳥の写真を撮ろうかな。


記念の一枚。
kochi_0081.jpg

かなり持ち上げているけど、まぁ許してください。


ここからはずっとこんな道を行きます。
kochi_0082.jpg


県道383号。
kochi_0083.jpg


標高が高く寒いので、上着を着用。
kochi_0084.jpg

モンベルの服は丈夫でよろしい。高いけど…


少し見下ろす場所に来たので改めて撮影タイム。
kochi_0085.jpg


左を見るとこんな感じ。
kochi_0086.jpg

いかに尾根っぽいところを走っているかがわかるでしょ?


右を見るとカルスト地形。
kochi_0087.jpg


前方はひたすら広がる道。
kochi_0088.jpg


アルプスって行ったことないけど、こんな感じなのかな。
kochi_0089.jpg


牛が点在しているんだけど、わかるかなぁ。
kochi_0090.jpg


ただの車なんだけど、それだけでも絵になるような風景です。
kochi_0091.jpg


いい加減走り出さないといけないので、再出発。


ハナアブさんでしょうか。
kochi_0093.jpg

ハンドルにしみ込んだ汗を…うへへ。


カルストをアップで。
kochi_0094.jpg

不思議な地形だ。


少し走ると愛媛県に。
kochi_0095.jpg

この後も何度か愛媛と高知を行ったりきたりしていました。


なんか写真を撮っている人がいたので、何を狙っているのかと思ったらアナグマさんでした。
kochi_0096.jpg


かわいいんだけど、結構いたずらをする子のようで、駆除の方法なんかもネットには多く出ていました。
kochi_0098.jpg

農家の人からしたら死活問題だから仕方ないよね。


振り返ると通ってきた道。
kochi_0097.jpg

本当にいい道でしょ。


これはこれからいく方向。
kochi_0099.jpg

ちょっといい天気になってきたかな。


緑の中に一本の木。
kochi_0100.jpg

ドラクエ8のバウムレンに眠りの粉を振り掛ける場所を思い出した。
またゲームか。


牛。
kochi_0101.jpg


さっきの木のアップ。
kochi_0102.jpg

やっぱりバウムレンの木だ。


少し走ったところで休憩。
kochi_0103.jpg


タカなのか、トビなのか。
kochi_0104.jpg

トビにしては顔がまん丸な気がするんだけどな。


姫鶴平という場所みたいです。
kochi_0105.jpg


お向かいには宿泊所兼食堂がありました。
kochi_0106.jpg

まだおなかも空いていないので、先へ進みます。


振り返るとこんな風景。
kochi_0107.jpg

いや、なんというか、本当に別世界だよな。


ここから一気に標高を落とします。
kochi_0108.jpg

道が狭くなり、急カーブが多いのでちょっと怖かったな。


下りきったところで国道440号に合流。
kochi_0109.jpg

地芳峠(じよしとうげ)というようです。


国道といってもこんな道ですけどね^^
kochi_0110.jpg

何やら新しい道がこの下(山の中)にできていて、ずっとトンネルのようです。
ここは旧道ですね。

俺が下っている間、一切後ろから車は来ませんでした。
皆さん快適な新道を行っているのでしょう。


15分ほど走ると、新道に合流。
kochi_0111.jpg

この通り立派な道です。


今日の目的地の宇和島まではここからあと60kmくらい。
kochi_0112.jpg

距離的には何の問題もないのですが、宿を出たのが遅かったのでそれなりに急いでいきます。


車載カメラのバッテリが切れたので交換。
kochi_0113.jpg

ついでに一枚。


この通りのどかなところです。
kochi_0114.jpg


左側にはずっと川が流れていました。
kochi_0115.jpg

いいところや…


大蔵谷トンネルを通過。
kochi_0116.jpg


今度は道の左手に水路が。
kochi_0117.jpg

水のある場所はいいな。


少し走り、梼原町(ゆすはら)に到着。
kochi_0118.jpg

なんか急に整備された街に出て、ちょっと違和感がありました。
神社や寺もピカピカだったし、県から補助金か何かが出て一気に整備して言っているところなのでしょうか。


そんな町を一気に通りぬけ、引き続国道197号を行きます。
看板に宇和島の文字がでてきました。


ここからしばらくは上りでした。
そんなにきつい坂じゃなかったのに、全然足が回らず何度か休憩。

前日もすぐに息が切れたし、恐らく体調はあまりよくなかったのだと思います。


頂上のトンネルを越えて、ここから下りに入ります。
kochi_0120.jpg

キバナコスモスさんが鮮やかだ。


お腹がすいたので、道の駅「鬼北町 日吉夢産地」で休憩。
kochi_0122.jpg


手作りのトーストを二枚。
kochi_0121.jpg

kochi_0123.jpg

結構マーガリンが効いていました。


これは地元産のアイスクリーム。
kochi_0125.jpg


思っていたより味が薄かった…
kochi_0124.jpg


鬼の親子なのでしょうか。
kochi_0126.jpg

ちょっと違和感が…エロいというか…


お腹も満たされたので再出発。
kochi_0127.jpg

宇和島へ向けて走ります。


道中は川の隣を走ります。
kochi_0128.jpg


癒される風景です。
kochi_0129.jpg


後22km
kochi_0130.jpg


いろはす炭酸を補給。
kochi_0131.jpg

これ最近良く飲んでいます。


この後ゆるやかな坂道を上ったのですが、ありえないほど足が回らない。
すぐにだるくなるし、息が切れるし、筋トレをした後のような足のだるさがありました。

あんなショボい坂なのに何度も休むなんて。


何はともあれ、宇和島市に入りました。
kochi_0132.jpg

この坂を下りると宇和島の市街地に入ります。


宿に着いたのがまだ5時半くらいだったので、すぐに周辺を散歩しようかと思ったのですが、
風呂にも入っていないのに床につっぷして寝てしまいました。

よほど疲れていたのでしょうかね。


その後目を覚まし、風呂に入った後近くの食堂で夕食。


ここで失態を犯す俺。

あのね、コンデジを持っていくのが面倒だったんですよね。
まぁ、ケータイで撮ればいいやって思っていたのよ。

ケータイのバッテリは残り15%くらいだったけど、まぁまだ大丈夫やろって思っていたら、
夕食の鯛めしが運ばれてきた瞬間にバッテリが切れました。

さらに、店の中にはNHKの「日本縦断こころ旅」でこの店を訪れた、火野正平さんのサインが飾ってあったんですよね。
それも、2017年のたび。


自称ブロガーの俺としてはこの上ない失態をおかした訳ですよ。はい。

鯛飯1300円
えそのてんぷら700円

2000円も出したのに、写真が撮れないなんて。

あーあ。


てなわけで少し凹みましたが、まぁおいしい晩御飯でした。


この後宿に帰ると早々に眠ってしまいました。
やはりあまり調子が良くなかったようです。


【3日目:6月6日(火)】

おはようございます。
前日買っておいたサンドイッチを食べて出発です。

とはいっても宿を出たのはチェックアウトギリギリの10時前。
kochi_0133.jpg

前日の調子を考えるとゆっくり寝たほうがいいかなって思ってゆっくりしてました。


エレベーターを降りたところにて。
kochi_0134.jpg

色々な人のサインがありましたが、照英と岩村さんくらいしか知らなかったな。

こちらが泊まっていた宇和島オリエンタルホテル。
kochi_0135.jpg

こうやってみると高そうなホテルにみえるね^^


さてと。
本日は宇和島市内の寺社や宇和島城をゆったり回って宇和島駅から帰ります。

まずは宇和島市内にある、和霊神社へ。
宇和島では一番大きな神社だとか何とか。


境内の休憩所にリュックを置いてから、朝の境内を一人散歩します。
kochi_0136.jpg

贅沢な時間だと思う。


こちらが拝殿。
kochi_0137.jpg

広い境内です。


社務所にて御朱印…いや御朱印帳があったので購入。
kochi_0138.jpg

俺は自分用に土産とか買わないから、御朱印帳がそこの思い出になればいいかなって思って結構買います。

いずれ使うことになるし、たとえば静岡で買った御朱印帳を熊本で使ったら、神社の人の「おぉ」っていう反応が好きなんですよ。
そこから少し話をしたりすることもあるしね。


御朱印をいただきカバンを置いていたベンチのところへ戻ると…
ちょうちょがいました。

地味なカラーの子だな。
kochi_0139.jpg

これはとっさにとったのでブレブレ。

悔しいので、もう少し追いかけてみる。


やっぱりジミだな。
kochi_0140.jpg


と思っていると、羽を広げるとこのようなオシャレな子でした^^
kochi_0141.jpg

ウラギンシジミさんというそうです。


用事も済んだので去ります。
kochi_0142.jpg


ツツジさん。
kochi_0143.jpg

花ってどう撮ってもきれいなんだけど、その分作品にするのは難しいなぁって思う。
どうインパクトを与えるかが大事なんでしょうね。


楼門にあったお面。
kochi_0144.jpg

うちの生徒でこれに似…


奥にある高校ではチャイムがなっていました。
kochi_0145.jpg


サギさんでしょうか。
kochi_0146.jpg

大きな鳥はあまり好きじゃないんだ。


こちらが和霊神社の参道。
kochi_0147.jpg


自転車はこんなところに停めていました。
kochi_0148.jpg

立派な鳥居だね。


続いて宇和津彦神社へ。
宇和島の中心部を抜けて10分くらい走ると到着。

随分静かな場所でした。


思いっきり日の丸構図だな。
kochi_0149.jpg


ドクダミさん。
kochi_0150.jpg


静かな境内。
kochi_0151.jpg

すごく癒しの時間なんだけど、青虫さんがぶらさがっていたりしてちょっと気を遣いました。


手水。
kochi_0152.jpg

この手の写真も結構多く撮ったな。


ムラサキカタバミさん。
kochi_0153.jpg

ふんわりとした雰囲気で。


こちらが拝殿。
kochi_0154.jpg


続いて宇和島城へ。
城の入り口がわからず周りをグルグルしていましたが、なんとか発見。

それなりに上りです…
kochi_0155.jpg


上ったところに自販機があったので、当然のごとく購入。
kochi_0156.jpg


水はおいしい。
kochi_0157.jpg


資料館的な場所があったようですが、ここはスルーで。
kochi_0158.jpg


ホタルブクロが咲いていたので一枚。
kochi_0159.jpg


何とか城にたどりつきました。
kochi_0161.jpg


宇和島市を見下ろして一枚。
kochi_0160.jpg

こちらは東側かな。


派手めの屏風。
kochi_0162.jpg


これは西側かな。
kochi_0163.jpg


海もすぐ近くです。
kochi_0164.jpg


満足したので戻ります。
kochi_0165.jpg

この通り強烈な階段です。


なんかかっこいいイラスト。
kochi_0167.jpg

女子が飛びつきそう…


場内は木のにおいがしていい感じでした。
kochi_0168.jpg


こちらは第8代の城主様のようです。
kochi_0169.jpg


お城の外にて。
kochi_0170.jpg

ピーヒョロロってすぐ近くで聞こえると思ったら、間近の木の上に止まっていました。
鳴き声がなかったら、タカかワシかトビか俺にはわからんぞなもし。


石垣に生す緑。
kochi_0171.jpg


少しずつ晴れてきました。
kochi_0172.jpg


少し遠くから。
kochi_0173.jpg

緑が入ったほうがいい感じかな。


石垣。
kochi_0174.jpg


行きはぬるい坂道を通ってきましたが、帰りはきつい坂を下りていきます。
kochi_0175.jpg


この階段にさしかかった辺りで鳥の鳴き声がしたので静かにして様子を探る。

メジロさんがいました。
kochi_0176.jpg

かわいい鳥やな。


これは井戸の入り口。
kochi_0177.jpg

底を撮ろうと思ったけど、柵の前からは撮れなかったな。


結構きつい階段です。
kochi_0178.jpg


また鳥さんが。
kochi_0179.jpg

イソヒヨドリではないかと思われますが、自信ない。


またカタバミさん。
kochi_0180.jpg

石垣の間から立派に生えていました。


これが宇和島城の入り口。
kochi_0181.jpg

ちょっと奥まったところにあるんだよな。


何やら詳しい説明が書いてあります。
kochi_0182.jpg


さて、まだ帰るには寂しいので、近くの九島というところを一周してみることにします。

この橋を渡った左側が九島です。
kochi_0183.jpg

宇和島市街からは5kmくらい離れていたかな。


立派な橋を渡っていきます。
kochi_0184.jpg


最近随分整備されたようで、駐車場もピカピカでした。
kochi_0185.jpg


九島は「花と歴史と笑顔が香るいやしの楽園」だそうです。
kochi_0187.jpg


さっそく一周してみます。
kochi_0188.jpg


「鯨大師」なるお寺があったので寄り道。
kochi_0189.jpg

優しい仏様です。


「海すずめ」という映画が撮影された場所らしいです。
kochi_0190.jpg

映画は見ないので知らなかったけど、吉行和子は俺でも知っているもんな。
それなりにちゃんとした映画なんでしょう。


「撮影ポイント」らしいので、それと同じ構図で。
kochi_0191.jpg


ここにもウラギンシジミさんが。
kochi_0192.jpg

えらいノンビリとたたずんでいました。


お寺さんは少し高いところにありました。
kochi_0193.jpg

なんかね、すごいのどかでね。
どういう言葉で表せばいいのかわからないけど、本当に自分にはぴったりの場所でした。


最近、本気で田舎に引っ越そうかなって思っています。

たまに行くから田舎がいいって思うのかなって思っていたんだけど、
これだけ色々な里山に行ってもまだ好きだし、都会のゴミゴミした感じとか、大阪のノリが俺には合わないんだ。

病院がなかったり、買い物が大変だったりするのはわかるんだけど、それでも都会よりはいいかなって思う。


…すみません横道にそれました。
「引っ越しました!!」って記事がアップされる日もそう遠くはない…かな?(笑)


愛媛といえばみかん。
kochi_0194.jpg

これはみかん?れもん?


みかんの写真を撮っていると、チャリにお客様が。
kochi_0195.jpg

これもウラギンシジミさん。

俺が写真を撮っていても中々どかないんだ。
お疲れだったのかな?


キウイさん。
kochi_0196.jpg

俺は口がかぶれるのであまり食べられないんだ。


宇和島と日振島を結ぶ船のようです。
kochi_0197.jpg


再び九島の海沿いをいきます。
kochi_0198.jpg


ここで車は通行止め。
kochi_0199.jpg

道が狭くなるようです。


時間は1時30分。
kochi_0200.jpg

夕方の列車では帰りたいので、そんなに余裕はないかな。


島にある小さな神社。
kochi_0201.jpg

壱岐にもこんなところがあったな。


シートの上に鳥居が!!
kochi_0203.jpg


一周してきました。
kochi_0204.jpg

ほぼ平坦な道でスイスイ。
気持ちいいサイクリングでしたね。


もう一度橋を渡って帰ります。
kochi_0205.jpg

九島大橋というシンプルな名前ですが、できたのは平成28年4月、まだできて一年ちょいじゃないか。


宇和島市内に戻り、つるの湯さんで汗を流す。
kochi_0206_00002.jpg

まだ2時過ぎでしたが、地元のベテランの方がとても沢山いらしてました。


宇和島駅に到着。
kochi_0207.jpg


自転車を袋につめて、お土産を買いにいき、帰宅の準備完了。
kochi_0208.jpg


切符も買いました。
kochi_0209.jpg


特急「宇和海」で松山まで。
そこから「しおかぜ・いしづち」で岡山へ。
岡山から新幹線で新大阪へ。

こんなルートで帰ります。

kochi_0208_00001.jpg

乗り物が好きな俺には、電車移動の時間も楽しい時間です。


これが特急「宇和海」
kochi_0210.jpg

このタイプの車両は初めて乗ったんじゃないかな?

立派なシートです。
kochi_0211.jpg


おやつと軽食をつまみながら、車窓からの風景を楽しみます。
kochi_0212.jpg


八幡浜駅にて。
kochi_0213.jpg


松山駅に到着。
kochi_0214.jpg

ここからはしおかぜに乗り換えます。


しかしなんと。
しおかぜは予想に反して満席。

今治までの間はずっと座っていました。
今治からは人が減っていき、伊予西条以降は随分寂しい車両になりました。


関西だと、大阪から神戸に行くには新快速や快速があるのですが、
この辺りは特急か普通しかないので、通学や通勤にも特急を使うという状況なのかもしれませんね。

道中はよい眺めでした。
kochi_0215.jpg


今治からは着席できたので、後は寝るだけ。
kochi_0216.jpg

気が付けば岡山に着いていました。


以下写真はありません。
新大阪からは自転車を組み立てて乗って帰りました。


いかがでしたでしょうか。

珍しくもらえた三連休。
決して「自転車のたび」といえる旅ではなかったのですが、普段とは少し違うものが感じられてよかったです。

四国カルストの眺めは別世界でした。

悔しいのはまた星が見られなかったこと。
まぁ次への宿題が残ったと考えればいいかな。

何しか印象に残る旅行となりました。

● COMMENT ●

No title

高原すごいな、日本ちゃうみたいやわ。四国とか久しく行ってないからうらやましい。写真がきれいやからほんま自然が素敵やな。岩村さんは宇和島の人やったな、全盛期は恐ろしすぎたわ。


管理者にだけ表示を許可する

梅雨&連絡 «  | BLOG TOP |  » 岩清水八幡宮にきた

プロフィール

青

Author:青
大阪府在住、アラフォーのおっさんです。

自転車とカメラが好きです。
最近はかなりカメラに傾倒^^

カメラ:nikonD750
自転車:5800系105のロードバイク

Twitter

フォト蔵

最新コメント

過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ にほんブログ村 自転車ブログへ