FC2ブログ
topimage

2018-03

2018春 春の瀬戸内観光ツアー - 2018.03.21 Wed

3月11~12日にかけて岡山&小豆島に行ってきました。
自転車なしの完全な観光旅行ですが、記録を残しておきますね。


3月11日(日)
IMG_SHODO_0001.jpg

いつものように新大阪から新幹線に乗ります。
確か7時39分のこだまだったと思う。


ひさしぶりのレールスター。
IMG_SHODO_0002.jpg

座席間隔が広いんだよなぁ。


軽く朝食。
IMG_SHODO_0003.jpg


1時間ちょいで岡山に着きました。
まずは吉備津神社に行くので、桃太郎線に乗り換えます。


めっちゃデコっとる。
IMG_SHODO_0004.jpg


車内にもなんか鬼にまつわるのものが張ってありました。
IMG_SHODO_0005.jpg


15分くらいで吉備津駅に到着、そこから15分くらい歩いて吉備津神社に行きます。
トイレ休憩を済ませた後、参拝。


7年前に来たことがある神社ですが、やはり広くていいところです。
IMG_SHODO_0006.jpg


猫様。
IMG_SHODO_0007.jpg

随分お年寄りなのでしょうか。
声をかけても触ってもほとんど動じませんでした^^


回廊を歩いていると横道があったので上ってみる。
IMG_SHODO_0008.jpg


梅が一杯咲いていたよ。
IMG_SHODO_0009.jpg


俺にしては珍しく全体を撮ってみた。
IMG_SHODO_0010.jpg


白は明るさが結構難しい。
IMG_SHODO_0011.jpg


前ボケを入れて。
IMG_SHODO_0012.jpg


紅梅。
IMG_SHODO_0013.jpg


これが一番きれいな気がするけどな。
IMG_SHODO_0014.jpg


緑の入ったスタイル。
IMG_SHODO_0015.jpg


奥をぼかして。
IMG_SHODO_0016.jpg

奥の赤色がアクセント?


梅を撮りながら歩いていると、望遠レンズをもったおっちゃん達が何かを追いかけているので、ちょっと行ってみる。
するとルリビタキがいました。


たまたま明るいところに出てくれたので綺麗に撮れました。
IMG_SHODO_0017.jpg

本当にかわいい鳥だわ。


吉備津神社の代名詞の回廊でございます。
IMG_SHODO_0018.jpg


もうちょい梅を。
IMG_SHODO_0019.jpg


後ろの回廊を入れて。
IMG_SHODO_0020.jpg


スイセンでしたっけ?
IMG_SHODO_0021.jpg


遠目のを。
IMG_SHODO_0022.jpg


ほんのりピンクで。
IMG_SHODO_0023.jpg


思いっきり後ろをぼかして。
IMG_SHODO_0024.jpg


白黒はっきりと。
IMG_SHODO_0025.jpg


暖かみのある色で。
IMG_SHODO_0026.jpg


これが一番好きかな。
IMG_SHODO_0027.jpg

ふんわりした色と優しい青色が好き。


紅白の入ったスタイル。
IMG_SHODO_0028.jpg

これが一番撮りにくい気がする。


回廊に戻ります。
IMG_SHODO_0029.jpg

前に来たときはGWで人も多くてなかなかこのアングルで撮れなかったのですが、念願の?一枚。


回廊の横手から一枚。
IMG_SHODO_0030.jpg


さて、この後も予定があるので、そろそろ岡山に戻ります。
IMG_SHODO_0031.jpg


手水舎の写真久しぶりに撮ったなぁ。
IMG_SHODO_0032.jpg


また歩いて吉備津駅に戻ります。
IMG_SHODO_0033.jpg

ちゃんとした歩道?があって気持ち良いウォーキングタイム。


もう少しすると田おこしの季節でしょうか。
IMG_SHODO_0034.jpg


オオイヌノフグリも生えていました。
IMG_SHODO_0035.jpg


かわいい花やと思う。
IMG_SHODO_0036.jpg

名前もうちょっと他にあるやろといいたい。


これが一の鳥居なんでしょうか。
IMG_SHODO_0037.jpg

奥の踏切は桃太郎線のものです。


吉備津駅で列車を待ちます。
IMG_SHODO_0038.jpg

15分くらい待ったかなぁ。


吉備津駅は畑の中にあり、鳥さんも結構いました。
IMG_SHODO_0039.jpg

これはツグミさん、他にもジョウビタキ、スズメ、カワラヒワ、ヒヨドリがいましたよ。


列車に乗り岡山駅に到着。
満席で暑くて気持ち悪かった…


ちょうどお昼ごろだったので昼食でも…と思いましたが、駅の中のお店はありえんレベルで混雑。
さすがにやっていられないので、次の目的地の後楽園に移動することにしました。

写真はないけど、岡山から路面電車に乗って3駅ほどで到着。


路面電車を降りた後、地下通路を歩いて後楽園に行く途中でトイレ休憩。
IMG_SHODO_0040.jpg

どうも最近腹の具合がおかしい。


なんて言いながら昼飯。
IMG_SHODO_0041.jpg

名物らしい?デミカツ丼をいただきました。

デミグラスソースの中にチーズが入っているかと思うくらいの濃厚なソース。
まぁ普通においしかったですよ。


腹も満たされたので、岡山城方面を目指します。
凄く目立つ枝垂梅があったので撮影タイム。


城をこっそりぼかして入れて。
IMG_SHODO_0042.jpg


アップで。
IMG_SHODO_0043.jpg


空を入れて。
IMG_SHODO_0044.jpg

中々難しいね。


これは北方面でしょうか。
IMG_SHODO_0045.jpg


岡山城が見えてまいりました。
IMG_SHODO_0046.jpg


下からみあげて…
IMG_SHODO_0047.jpg


退散(え?)

いやね、狭いうえに人の多いところに敢えて行かなくても…てな具合で。


後楽園に行きます。

なんか池の鯉が固まってた…キモス。
IMG_SHODO_0048.jpg


兼六園も偕楽園もそうでしたが、やたら広いお庭のようです。
IMG_SHODO_0049.jpg

入場料は400円でした。

偕楽園はタダ、兼六園は祝日はタダ…というわけで初めて三名園でお金を払いました(笑)


ツバキでしょうかね。
IMG_SHODO_0050.jpg

ピンボケしたのを遠目でごまかす。


さて、遠目に見てもものっそい梅の咲いているゾーンがあったので、また行ってみる。
IMG_SHODO_0051.jpg

さすがにもう梅の写真はいいけどな。


なんか鳥が…メジロですね。
IMG_SHODO_0052.jpg

当然撮影タイムと相成りました。


品定め中でしょうか。
IMG_SHODO_0053.jpg


ギャラリーがたくさんいたのですが、そっちを見ていたのでしょうか。
IMG_SHODO_0054.jpg


イタダキマス。
IMG_SHODO_0055.jpg


鶯色とでもいいましょうか。
IMG_SHODO_0056.jpg


春らしいカラーリングで。
IMG_SHODO_0057.jpg

ピンボケしているんだけど、色合いはこれが一番好きです。


サザンカでしょうか?
IMG_SHODO_0058.jpg

ホワイトバランスを変えたら妖しい色になってしまいました。


最後にもう一枚。
IMG_SHODO_0059.jpg

動きが速くてなかなか撮影が難しい鳥だと改めて思いました。

明るい日でしたが、さすがにISO800でSS2000分の1とかはムリでした。
俺はISOが高めでノイズの載った写真が苦手なのでどうしてもSSを抑えてしまうんですよね。

思い切ってISO上げて撮ってみてもいいかなぁなんて思う今日この頃です。


…写真をとらない人を置き去りにする時間でしたね。すみません。


緑の梅を竹林をバックに。
IMG_SHODO_0060.jpg

やはりRAWから現像するとなると、ISOを上げてJ5で撮った写真は厳しい気がする。
せいぜいISO400くらいが限界かなぁ。


たまにはヒヨドリも一枚。
IMG_SHODO_0061.jpg

きれいな毛並みしているなぁって思う。


まさに梅満開の季節でした。
IMG_SHODO_0062.jpg


さて…また歩いているとそばにメジロの団体さんが来たんだ。

また撮影タイムなんだ…すまん。


ノーコメントで7枚連続。
IMG_SHODO_0063.jpg

IMG_SHODO_0064.jpg

IMG_SHODO_0065.jpg

IMG_SHODO_0066.jpg

IMG_SHODO_0067.jpg

IMG_SHODO_0068.jpg

IMG_SHODO_0069.jpg

さすがにおなか一杯です^^


梅をアップで。
IMG_SHODO_0070.jpg

これもJ5で撮った写真なんだけど、ISO160でした。
このくらいのISOだと十分綺麗ですね。


これはiPhone6Sで。
IMG_SHODO_0071.jpg

全体にピントを合わせるっていう意味ではケータイは素晴らしいよな。

食べ物や狙わない風景とか記録用の写真は被写界深度が深い写真のほうが好きなので、最近はiPhoneで撮ることが多くなりました。


さてさて。
まずまず楽しんだので、そろそろ岡山駅に戻ります。


なんか苔の上に落ちたツバキが綺麗だったので一枚。

BEFORE
IMG_SHODO_0072.jpg


AFTER
IMG_SHODO_0073.jpg

「セレクトカラー」なるお遊びです。


ヤマガラちゃんを発見。
IMG_SHODO_0074.jpg


一生懸命芽を食べていました。
IMG_SHODO_0075.jpg


さっきもそうだったけど、こういう苔むす地面が好きな俺なのです。
IMG_SHODO_0076.jpg

木のシルエットとか、光の当たっているところとの差が好き。


サザンカ(と思われる)ものを撮ってから岡山駅に戻ります。
IMG_SHODO_0077.jpg


帰りはバスに乗りましたが、思ったよりもぐるぐると色々なところ回ったようで、それなりに時間がかかりました。
IMG_SHODO_0078.jpg

「天満屋」なんてローカルな場所も通ったな。


さてさて。
今日のお宿は小豆島にあるので、船で移動することにします。


岡山駅から新岡山港までのバス代と小豆島までのフェリー代を合わせて買える「かもめきっぷ」です。
IMG_SHODO_0079.jpg


岡山から30分ほどで新岡山港に到着。
IMG_SHODO_0080.jpg

岡山駅の周りは大変な都会でしたが、バスで30分移動するだけでこの落ち着き様です。


船の時間まで40分ほどあったので、ゆっくりと潮の音を聞いておりました。
トビやカモメがとんだり、遠くに船が通ったりとなかなか良い眺めでしたね。

本当に都会は苦手なんだなぁって感じる瞬間です。


満員電車とか、ゴミゴミした繁華街とか、本当につらい。
繁華街は楽しいところなのでしょうが、俺にしてみれば怖い場所というかなんというか。

保守的で冒険を避ける性格の俺にとっては、危険の少ない(?)のんびりした場所のほうがいいのでしょうね。


でもそれも健康であるからこそのことで、病院通いを余儀なくされたら都会のほうがいいんだよなぁ。
そんなことを最近結構な頻度で考えるようになってきました。

俺もオッサンになったってことだな。


さて、そんな地味な話はいいとして、船がやってまいりました。
IMG_SHODO_0081.jpg

大型の船ではないですが、かなり立派でかっちょいいです。


瀬戸内なので凪であろうと予測し、窓側に座ります。
IMG_SHODO_0082.jpg

船酔いが怖いのでど真ん中に座るのがデフォなのですが、まぁ今日は大丈夫であろう。

対馬から帰ってくるときのジェットフォイルとか、壱岐から唐津に渡る小型のフェリーとかは揺れることが分かっていたのでど真ん中を陣取ってすぐに眠っていましたね。

対馬&壱岐に行ってからもうすぐ1年か。
早いもんだな。


新岡山港から小豆島の土庄港までは約1時間10分。
予想通りの凪で、船に乗っていることを忘れるくらいに全く揺れませんでした。

大型のフェリーで揺れないのならともかく、このサイズの船でもグラリとすらしないのはさすが瀬戸内の穏やかさといったところでしょうか。


退屈なので客室から出て撮影タイム。
IMG_SHODO_0083.jpg

船の後方に太陽…すなわち西です。


この橋は岡山県道45号ではないかと思います。
IMG_SHODO_0084.jpg


かなりアンダー気味で。
IMG_SHODO_0085.jpg

ホワイトバランスとアンダー補正をするだけでものすごく赤みが増してきます。

本当はもっとうっすらとした夕日だったんだけど、逆光で見にくかったしなぁ。


緩やかな風になびく旗。
IMG_SHODO_0086.jpg

ちょっとドクロに見えて面白い^^


これは北側かな?
IMG_SHODO_0087.jpg

「テイカ」という会社の工場のようですね。


しばし船内に戻り軽く休憩。
IMG_SHODO_0088.jpg

日が沈んできてからまた客室の外に出ます。


そして土庄港へ着岸の直前に山の端にかかる夕日が見えました。
IMG_SHODO_0089.jpg

この写真ではイマイチわからないかもしれないけど、本当に透き通ったそれはきれいな夕日でしたよ。


土庄港に到着。
ちなみに「とのしょうこう」と読みます。

お宿の方に迎えに来てもらって、港から5分ほどの本日のお宿「シーサイド松風」さんに到着。
IMG_SHODO_0090.jpg


オーシャンビューの綺麗なお部屋でした。
IMG_SHODO_0091.jpg

到着が遅めだったので、すぐに夕食とします。


個室での夕食。
IMG_SHODO_0092.jpg

先付けとスズキの南蛮、さわらのたたき。

さわらのタタキってのは初めて食べたなぁ。
足が早いから新鮮じゃないとダメなんでしょうね。


スモモ酒で乾杯をした後、スパークリングを頼んだのですがちょっとガブガブと行ってしまい久しぶりにフラっとしました(笑)


こちらは小鍋。
IMG_SHODO_0093.jpg

フグとハモが入っていたと思う。


サザエのつぼ焼き。
IMG_SHODO_0094.jpg


小豆島といえばオリーブ!ということでオリーブの塩漬けともろみ。
IMG_SHODO_0095.jpg

塩漬けは思ったよりもやわらかくて優しい味でした。


先ほどのスパークリング。
IMG_SHODO_0096.jpg

うまいんだわ。


おつくり。
IMG_SHODO_0097.jpg

鯛とサザエとヒラメとアワビだったような気がする。
あんまり覚えてないけど(笑)


茶わん蒸し。
IMG_SHODO_0098.jpg

無難においしいよなぁ。


たこ飯。
IMG_SHODO_0099.jpg

明石もそうだし、広島の三原の辺りもタコがたくさん捕れるって聞いた気がします。
しっかりした味でおいしかったです。


メバルの煮つけ。
IMG_SHODO_0100.jpg

オサレな盛りつけだよな。


オリーブ牛のステーキ。
IMG_SHODO_0101.jpg

いやもう普通にうまいっす。マジうまい。


はまぐりのお吸い物。
IMG_SHODO_0102.jpg

昔は貝のお澄ましなんて飲めなかったんだけど、俺も年を取ったってことかな(2回目)


しょうゆアイス。
IMG_SHODO_0103.jpg

普通のアイスよりも甘いかもしれない。

本当においしゅうございました。


以上、腹一杯になって部屋まで這うように戻りました(笑)
お給仕をしてくれたお姉さんも気が利く明るい子でよかったな。


この後風呂に入ってから翌日の予定を軽く検索して就寝。
泥のように眠ってしまいましたとさzzz


3月12日(月)

おはようございます。
IMG_SHODO_0104.jpg

食事処から見る、朝の瀬戸内海です。


朝食でございます。
IMG_SHODO_0105.jpg

ウチの晩飯よりも豪華やが。


味噌汁。
IMG_SHODO_0106.jpg


朝からアワビとかいいんですかね…?
IMG_SHODO_0107.jpg


ハムエッグ。
IMG_SHODO_0108.jpg

ハムエッグを陶板でやるのは初めてでしたが、ちゃんと火が通って焦げることもなかったな。


食後のコーシー。
IMG_SHODO_0109.jpg


この後片づけてチェックアウト。

「シーサイド松風」さん、非常に良いお宿でございましたよ。

1泊2食で14000円くらいだったかな?
この値段でこれなら十分すぎるのではないでしょうか。

皆様も小豆島に行かれる際はぜひぜひ。


さて、宿からタクシーで土庄港まで送ってもらい、ここからバスで移動します。
IMG_SHODO_0110.jpg


バスの時間まで少しあったので港の風景を撮影。
IMG_SHODO_0111.jpg


今日もいい天気になりそうだ。
IMG_SHODO_0112.jpg


ちょっと枯れかけているけど、オリーブです。
IMG_SHODO_0113.jpg

もうそこら中にオリーブの木が植えられています。さすが小豆島。


こちらがバス停。
IMG_SHODO_0114.jpg


乗ったときはガラガラだったんだけど、一つ目のバス停でものっそい人が乗ってきました。
IMG_SHODO_0115.jpg

半分くらいが中国人で、残りは日本人。
中国の人もまぁusuallyにうるさいのですが、日本人の大学生くらいの女の子4人が非常にうるさかった。

楽しいのはわかるけど、ア〇丸出しの馬鹿笑いを4人でしているのを見ると…
もう少し落ち着いたお姉さんになってほしいものです(笑)


さて、バスに20分ほどの乗り、オリーブ公園なる場所で下車。
IMG_SHODO_0116.jpg

お土産を買うために寄っただけなんですけどね。

オリーブの塩漬け&もろみを買って退散。
帰りの船の時間があるのであまりゆっくりできないのですよ。


ポストもオリーブカラーでした。
IMG_SHODO_0117.jpg


女子が好みそうな地中海っぽいデザインですね。
IMG_SHODO_0118.jpg

おっさんにはちょっと場違いで緊張したよ(笑)


続いてまたバスに乗り移動、草壁港で下車し、タクシーで寒霞渓に行きます。
3月16日からは寒霞渓行きのバスが開通するんだけど、まだ今日は3月12日、ということでタクシーでの移動です。

まぁバスだとめっちゃ混むやろうしいいや。


寒霞渓(かんかけい)は小豆島を代表する景勝地で、全国三大渓谷だか何だかになっているらしいです。
詳しくはわからんので、興味のある方は調べてみてください。


ロープウェイで頂上っぽいところへ行くのですが、これまた運の悪いことに大学生のサークル合宿と重なってしまい、ものすごいぎゅう詰めのロープウェイに乗りました。

まぁみんなおとなしい、どちらかというとオタクっぽい大学生で、圧倒的に男の子が多かったから理系の大学なのかな。
その中で一人一生懸命先導しているちっちゃな女の子(サークルの役員か何かなんでしょうか)が健気でかわいかったです。


ともあれ上ってきました。
帰りもロープウェイに乗るのもアレなので、帰りは散策路を歩いて降りるとします。
IMG_SHODO_0119.jpg


この案内板で言うと青色の線の道。「表神懸12景の道」とかいうルートみたいですね。
IMG_SHODO_0120.jpg


頂上からは絶景…と行きたいところなんですが、霞んでいてあまり見えませんね。
IMG_SHODO_0121.jpg

これはちょっと補正をかけていますが、実際にはもっと霞んでいたなぁ。


草壁港方面を。
IMG_SHODO_0122.jpg


山肌を見てみるとこの通りの面白い雰囲気。
IMG_SHODO_0123.jpg

奇岩やら何やらいっぱいあるらしいです。


しかし空気が澄んでいたら綺麗なんだろうな。
IMG_SHODO_0124.jpg

ポスターには秋の紅葉の季節のものが載っているので、秋に来るのがいいのかも。

次は車で来よう^^


尖った岩やら傾いた岩やらいろいろあるな。
IMG_SHODO_0125.jpg


これは大丈夫なのかな?
IMG_SHODO_0126.jpg

ポキっと行ったらもう麓壊滅じゃないか。


さっきの岩を入れて遠目から。
IMG_SHODO_0127.jpg

13000年前の火山活動で出来たって聞いたけど、さすがに不思議さを感じざるを得ない。


こんな道を通って下山していきます。
IMG_SHODO_0128.jpg

「このルートならこどもやお年寄りでも大丈夫★」みたいなことを書いていたけど、結構急ですがね…?


天気が良いからいいけど、曇ってくると若干恐怖を感じる場所だな。
IMG_SHODO_0129.jpg


でっかい木がひっくり返っていたり。
IMG_SHODO_0130.jpg


でっかい岩が転がっていたり。
IMG_SHODO_0131.jpg


南国っぽい木が茂っていたり。
IMG_SHODO_0132.jpg


これはよく見る渓流の光景だね。
IMG_SHODO_0133.jpg


時折頭上に奇岩が現れます。
IMG_SHODO_0134.jpg

巨大なおろし金のような形やな。


歩いているとしょっちゅう足元に3センチくらいの蝶が来ていたんですよ。
IMG_SHODO_0135.jpg

「タテハチョウの類やろ?」って思っていたのですが、よくよく見るとテングチョウでした。

またチョウの写真をとり始めると春が来たって思いますな。
春~夏にかけて綺麗なチョウを追いかけるのが楽しみです。


今年は夏鳥も撮りたいな。

まぁ夏になると俺の嫌いなアレも一杯網を張るんだけどな…
10月くらいが一番デカくなって怖いんだ。


水面に映る岩を撮ったけど何かわからんな。
IMG_SHODO_0136.jpg


これまた大きな岩だ。
IMG_SHODO_0137.jpg

「ガチョーン」って思うのは俺よりも年上の世代の方でしょう。


この辺りに来ると随分道も平坦になり歩きやすかったかな。
IMG_SHODO_0138.jpg


前方にまた変な形の岩を見ながら歩きます。
IMG_SHODO_0139.jpg

この案内板によると、「玉筍峰(ギョクジュンポウ)」っていうみたいですね。


確かにタケノコっぽい気もする。
IMG_SHODO_0141.jpg


そういえば、これだけの林の中なのになかなか鳥さんには会いませんでした。


唯一出会ったのがこのコゲラとエナガとメジロ。
IMG_SHODO_0143.jpg

まぁどこにでもいるような鳥さんでしたね。

本当はほかの種類の鳥もいるのでしょうが、人が多く通るところなので人懐っこいコイツラくらいしか出てこなかったのかもしれませんね。


謎のデカイ岩をバックに下山します。
IMG_SHODO_0144.jpg


突然「ガサガサガサ!」って音がしたので見るとサルがいました。

サルと目を合わせたらダメだっていうけど、せっかくなので撮影。
IMG_SHODO_0145.jpg

子ザルを抱いておりましたな。


この後もサル同士のケンカを見たりとなかなかワイルドな経験をしながら下山。


これが最後に見た奇岩です。
IMG_SHODO_0147.jpg

カックンカックンやが。


ロープウェイ乗り場に戻ってきました。
IMG_SHODO_0148.jpg

またタクシーを呼びますが、結構混んでいたようで20分弱待ちました。


再び草壁港に移動し、「三太郎」さんなるうどん屋で昼食。
IMG_SHODO_0149.jpg

前日から行こうと思っていたうどん屋さんです。


芸能人のサインなども結構あったりして、それなりに有名な店のようです。
IMG_SHODO_0150.jpg

もう2時前ですが、入れ替わりお客さんが来ていました。


カレーうどんの大を注文。
IMG_SHODO_0151.jpg

本当はおにぎりが食べたかったんだけど、売り切れでした^^

塩味の強いカレーうどんでしたが、甘いのが嫌いな俺にはちょうどよかったです。
先日某丸〇製麺でカレーうどんを食べたのですが、ククレカレーを薄めずにうどんにかけたようなもので、恥ずかしながら残してしまったんですよね。

まぁこどもでも食べられるようにと万人向けの味付けなんでしょうが…


なんて話はいいとして、こちらが外観。
IMG_SHODO_0152.jpg


草壁港からはまたバスに乗るのですが40分くらい時間があるので港で少々買い物。
IMG_SHODO_0153.jpg


昼間の気持ちい港です。
IMG_SHODO_0154.jpg


バス停で待っているとトイレに行きたくなったので、この「アートトイレ」というトイレを借りる。
IMG_SHODO_0155.jpg

超最新鋭のトイレで快適でした。


ここは草壁港のフェリー乗り場。
IMG_SHODO_0156.jpg

高松への高速艇が出ているとか。


バス停に戻りました。
IMG_SHODO_0157.jpg


しっかりしたバス停なんだけど、やたらゴミが落ちていたな。
IMG_SHODO_0158.jpg


利用する側の問題なんでしょうが…うーん。
IMG_SHODO_0159.jpg

ここからバスに乗って、右上にある福田港に移動します。
福田港からは姫路までフェリーが出ているんですよね。


うとうとしていたらあっという間に福田港に着きました。
出航まで15分しかないのでさっとチケットを買い、船に乗りました。
IMG_SHODO_0160.jpg

福田港から姫路港までは約1時間40分。
これまたうとうとしていたらすぐにつきました。


そして姫路港から姫路駅までバスで移動し、姫路からは帰宅ラッシュを避けるために新幹線で帰宅。
あんな近距離で新幹線を使うとか…俺も贅沢になったもんだ(ん?)


以上、春の小豆島旅行でした。
公共交通機関を使うとどうしても時間に追われてしまうのですが、まぁ仕方ないですかね。

おいしいもの食えたしよかったとするか。


次回こそはチャリを使って旅行に…といっても次回の連休は4月の2週目までないんだ。
それまでは一生懸命働きますかね。

ではまた。

2018春 ひとり祝勝会 in 茨城 - 2018.03.05 Mon

仕事がひと段落したので、前から行きたいと思っていた茨城県に行ってきました。
今回もかなり写真の多いレポートですが、まぁじっくり見てやってください。


2月18日(日)
朝一の新幹線で品川へ移動。
IMG_IBARAGI_0009.jpg

新大阪駅6時3分発の電車に乗るために5時過ぎに起きたのですが、どういうわけか時間ギリギリになりました。


米原地区が大雪につき、速度を落として運転する旨のアナウンスが。

車窓からの風景はこんな感じでした。
IMG_IBARAGI_0010.jpg

確かに一面の銀世界だよな。
朝の暗さも相まってものすごい冷たそうに見えました。


名古屋に近づくころには朝日が見えました。
IMG_IBARAGI_0011.jpg

ピントがガラスにあっちゃった。


殆どねていないため酔う恐れがあったため、軽く食べてから酔い止めを飲む。
IMG_IBARAGI_0012.jpg

※これが軽いかどうかは個人差があります。


この後ちゃんと睡魔襲来。
あがなうことなく眠っていると、目が覚めたら熱海の辺りでした。


新幹線が最も富士山に近づく新富士の辺りは眠っていたのですが、御覧のように今日は本当に富士山がよく見える天気だったようで。
IMG_IBARAGI_0013.jpg

ちょっと残念^^


品川駅で下車。
特急ひたちに乗り換えます。


乗り換えの時間が25分くらいあったので、ゆっくりとトイレ休憩&撮影タイム。
IMG_IBARAGI_0014.jpg


これが特急ひたちです。
IMG_IBARAGI_0015.jpg


何やら女の子アニメの宣伝広告が。
IMG_IBARAGI_0016.jpg


車内は新幹線に負けず劣らずのハイテクな感じ。
IMG_IBARAGI_0017.jpg


ボードのデザインも新幹線を思わせるなぁ。
IMG_IBARAGI_0018.jpg


座席の真上のこんなランプがついていて、色で空席か、予約済みかわかるようです。
IMG_IBARAGI_0019.jpg

ちなみに緑色は俺が座っている席が予約済みであることを示しています。


てなわけで品川駅を出発。
IMG_IBARAGI_0020.jpg


偕楽園駅までは約2時間の旅です。
車窓から東京の風景を見ているといつの間にかまた睡魔に襲われ、気が付けば茨城県に入っていたようです。


予定通り偕楽園駅で降りて、まずは常盤神社に行きます。
IMG_IBARAGI_0021.jpg


いよいよ梅の季節とあって中々の観光客です。
御朱印をもらうのに番号札がありました。


「観梅まいり」とスタンプのついた御朱印。
IMG_IBARAGI_0008.jpg

いいタイミングで来たのかも。


さて、偕楽園をゆっくりと散歩します。

水戸の偕楽園といえば梅の名所です。
IMG_IBARAGI_0022.jpg


しかしまだまだ満開には遠かったようですね^^
IMG_IBARAGI_0023.jpg


咲いているもの、状態の良いものを選んで撮影します。
IMG_IBARAGI_0024.jpg


この木は比較的たくさん咲いていたんだけど、遠くから見るとなかなかわからないですね。
IMG_IBARAGI_0025.jpg


縮小するとなおさらだね。
IMG_IBARAGI_0026.jpg


この竹林は嵐山を思い出させてくれました。
IMG_IBARAGI_0027.jpg


公園の北側になるのかな?
IMG_IBARAGI_0028.jpg

やはりここもまだまだ。


ヤマガラとシジュウカラがえらい近くにいたので撮ろうと思いD750を出しましたが、その瞬間にちょいと遠くへ行ってしまいました。
まぁせっかく一眼を出したので、ここからはD750で撮影します。


この辺りは日差しがよく当たる斜面らしく、今まで見てきたところに比べると随分花が開いていました。
IMG_IBARAGI_0029.jpg


かわいらしい花ですね。
IMG_IBARAGI_0030.jpg


薄紅色のもありました。
IMG_IBARAGI_0031.jpg


奥には品川方面へ向かうひたち号。
IMG_IBARAGI_0032.jpg


これはローカル線でしょうか。
IMG_IBARAGI_0033.jpg


お空をバックに。
IMG_IBARAGI_0034.jpg

これはJ5で撮っていますが、ちょっと大味な色合いかも。


ももと間違ってしまいそうな色の梅さん。
IMG_IBARAGI_0035.jpg

多分梅だと思うんだけどな…違ったらイヤだな。


一通り見てイベント広場に戻ってくると、何やらゆるキャラがいました。
IMG_IBARAGI_0036.jpg

右側の「みとちゃん」のお誕生会と称していろいろなゆるキャラが地元の宣伝をする会だったようです。

明らかにさのまるのほうが人気があったけどな…(笑)


これは千姫さまというらしい。
IMG_IBARAGI_0037.jpg

セリフを読むお姉さんがおっとりしていてかわいかった。


休日とあって家族連れも多く、ちびっ子たちにはたまらないイヴェントだったのではないでしょうか。
IMG_IBARAGI_0038.jpg

後は和服を着たお姉さんが6人くらいいて、それに群がるカメラマンも結構な数が…

自分は遠慮しておきましたが(笑)


もう少し梅を撮ってから偕楽園を後にすることにします。
IMG_IBARAGI_0039.jpg


これがきれいな色合いで撮れたかなって思っていますが果たして。
IMG_IBARAGI_0040.jpg


全体的にはこんな咲き具合。
IMG_IBARAGI_0041.jpg

全体の14%くらいしか咲いていないって書いてあった気がするなぁ。


たまにはアップで。
IMG_IBARAGI_0042.jpg

高山植物のウメバチソウに似ている…というかウメバチソウが梅に似ているんでしょうね。


派手目なデザイン。
IMG_IBARAGI_0043.jpg


双子ちゃんっぽい咲き方で。
IMG_IBARAGI_0044.jpg


トイレに行こうと思い歩いていると、モズを発見。
写真やネットでは見たことがありましたが、実物を見るのは初めてです。


リュックから600mmを取り出して撮影開始。
IMG_IBARAGI_0045.jpg

超望遠なんていらないかなって思っていたのですが、もってきてよかったぜ。


これはロウバイ?
IMG_IBARAGI_0046.jpg


青空をバックに。
IMG_IBARAGI_0047.jpg

時間が経つにつれて空は快晴になっていきました。


エナガちゃん。
IMG_IBARAGI_0048.jpg

かわいい鳥ですね。


〆でしょうか。
IMG_IBARAGI_0049.jpg


シロハラちゃん。
IMG_IBARAGI_0050.jpg

えらい近くにいて鮮明に撮れました。


コゲラさん。
IMG_IBARAGI_0051.jpg

えらい眠そうですが…


どこにでもいるジョウビタキくん。
IMG_IBARAGI_0052.jpg

おしゃれなかっこいい鳥だと思います。


といつの間にか探鳥会に変わっていましたが、梅だけでなく鳥も撮れてホクホクの俺。
気分よく偕楽園を後にすることにします。


水戸までは3kmほどあるようですが、電車に乗らずに歩いていくことにします。
地図を見ると立派な遊歩道があるようでした。


一眼のモニタをケータイで撮ろうとする俺。
IMG_IBARAGI_0053.jpg

Twitterに上げるためにモニタを撮ろうと思ったのですが、なかなか難しかった。


ツイートした後、水戸へ向けて歩き出します。
公園らしきところに咲いていた梅を一枚。
IMG_IBARAGI_0054.jpg


アップで。
IMG_IBARAGI_0055.jpg

きれいだとは思うんだけど、やっぱりマクロレンズで撮ってみたいなぁと思う。

チョウや花のシーズンが来る前に買いたいけど…お金が(笑)


ここも満開になればさぞかし綺麗なんだろうな。
IMG_IBARAGI_0056.jpg


電車でも見ながらゆっくり歩きます。
IMG_IBARAGI_0057.jpg


よくわからんけど、とりあえず前方へ進めば水戸につきそう。
IMG_IBARAGI_0058.jpg


こんな感じの道を歩いていきます。
IMG_IBARAGI_0059.jpg

右側には湖がありました。


水鳥もいくらかいました。
IMG_IBARAGI_0060.jpg

これはマガモさんかな?


コクチョウさんもスイスイ。
IMG_IBARAGI_0061.jpg

ピンボケしているので小さいカットでごまかす…


しかしいい天気だね。
IMG_IBARAGI_0062.jpg

気持ち良いお散歩タイムでした。


コサギだかチュウサギだか。
IMG_IBARAGI_0063.jpg

サギって名前を聞くと何もしていないのに悪いことしている鳥のように思えてしまうわ。


またコクチョウさんがいました。
IMG_IBARAGI_0064.jpg


歩いてきた川はさくら川というそうで。
IMG_IBARAGI_0065.jpg


少年たちの通り抜けるこの川沿いも、後1月もすれば桜で彩られるのでしょうな。
IMG_IBARAGI_0066.jpg

さぞかし多くの人が花見に来るのでしょう。


水戸駅にやってきました。
IMG_IBARAGI_0067.jpg

今日はこの後宿のある大洗に移動するのですが、すぐに列車に乗ると大洗にやたら早くについてしまうので、もう少し水戸を散策することにします。

とりあえず腹が減ったので何か食おうかと思ったのですが、日曜とあってか飲食店は行列ができるレベルで混雑していました。


スルーして、水戸東照宮にでもいくことにします。

水戸駅から10分くらいでつきました。
IMG_IBARAGI_0068.jpg

なんか都会の外れにある神社とあってか、あまり荘厳な雰囲気は感じません。


これは祭りの時に使うのでしょうかね?
IMG_IBARAGI_0069.jpg

いや、こんなに重そうなものをわざわざ出さんよな。


うーん、このデザインはいかがなものか…
IMG_IBARAGI_0070.jpg

東照宮は派手なデザインが多いのはわかるのですが、装飾ではなくてペイントで派手にしているのは…

まぁ仕方ないのかなぁ。
IMG_IBARAGI_0071.jpg


御朱印をいただいて去ることにします。
IMG_IBARAGI_0006.jpg

わお、ものっそい達筆!!
中年のかっこいい神職の方が書いてくれましたが、驚きの字ですね。


満足した俺は駅へ戻ることにしました。
IMG_IBARAGI_0072.jpg


途中通りがかった古びた商店街。
IMG_IBARAGI_0073.jpg

なんかさみしいなぁ。

この辺り一帯がさびれて…いや一昔前の雰囲気でした。
水戸駅の近辺のみが近代化して、ちょっと離れたらさびれている…そんな印象だったかな。


水戸駅に戻る前にラーメン屋で昼食。
IMG_IBARAGI_0074.jpg

店員さんたちが若干ケンカしていたような気がしますが、気のせいでしょう。

地元の小さなラーメン屋で、椅子に座るとヌルっとしました(笑)
まぁ昔ながらのスタイルなんでしょうね。


「焼きチャーシューセット」とかいうやつを頼んだ気がする。
IMG_IBARAGI_0075.jpg

俺はチャーシューとご飯が出てくるセットだと思っていたら、ラーメンまでついていて驚き。
夕食まで後4時間しかないのにこんなに食って大丈夫なのかな…なんて思いつつも食欲に負けて完食する俺なのでした。


水戸駅に戻り、鹿島臨海鉄道に乗ります。
IMG_IBARAGI_0076.jpg

ホームで待っている間風が強くて寒かったです。


車内には面白い広告が。
「おかまいナシ」
IMG_IBARAGI_0077.jpg


「乗りっぱナシ」
IMG_IBARAGI_0078.jpg

マナーの悪いナシもいいのですが、困っているナシの表情が非常に面白い。
つくった人のセンスを感じます。


お向かいのホームに来た特急列車。
IMG_IBARAGI_0079.jpg

架線故障だかなんかで、定刻よりも1時間以上も遅れていました。


さて、大洗まで20分ほどの旅です。
IMG_IBARAGI_0080.jpg

気動車で古めかしい車両だったので揺れるのですが、それよりも暖房がきつすぎてつらかった。


茨城の平野の中を走る気持ち良い路線なのですが、それよりも暑くて酔いそうというほうが強かった…
IMG_IBARAGI_0081.jpg


大洗駅に到着。
IMG_IBARAGI_0082.jpg

おばあちゃんからおっさん、女子高生に小学生のお嬢ちゃんたちまで、いろいろな人がおりていました。


駅前にはバスが止まっていたので乗ります。
IMG_IBARAGI_0083.jpg

宿まで2kmくらいだったので歩いてもよかったのですが、なんとなく誘惑に負けました(笑)


大洗の町を巡回するバスだったようで、予想していたのと全然違う道を行きましたが、宿のそばで下車。
IMG_IBARAGI_0084.jpg


宿のそば=大洗磯前神社のそばだったので、宿に行く前に大洗磯前神社に参拝。


これが拝殿。
IMG_IBARAGI_0085.jpg

夕方4時を過ぎていましたが、参拝客は絶えませんでしたね。


さっと御朱印をいただく。
IMG_IBARAGI_0005.jpg

立派な字だ…本当に上手です。


境内には痛絵馬が一杯あるぜ。
IMG_IBARAGI_0086.jpg

大洗は「ガールズアンドパンツァー」というアニメの聖地らしく、いたるところにその名残があります。


ここ大洗磯前神社もその一つらしく。
IMG_IBARAGI_0087.jpg


これ明らかにその場で書いていないよね?
IMG_IBARAGI_0088.jpg


絵馬って願いごとを書くものだったような…
IMG_IBARAGI_0089.jpg

あ、これは願いごとか。

まぁ皆さん絵がうまいですね。
プロの人の絵も混じっているのかも。


極めつけはこれだよ。
IMG_IBARAGI_0090.jpg

公式に大洗磯前神社がガルパンを認めているってことだよね。
まぁすごいわ。


でもね、一昔前だと、アニメとかゲームとかのオタクってちょっと世間的にアレだったじゃないですか。

でも今はアニメやゲームが好きって堂々と言える時代になったと思うんですよね。
俺は何をしても凝るオタクの類なので、そういう時代になったことは喜ばしいと感じています。


さて、一度境内を去るとします。
IMG_IBARAGI_0091.jpg


境内から見下ろすと向こうは海です。
IMG_IBARAGI_0092.jpg

中年カップルにモデルになっていただきました^^


そして階段を下ったところにあるのが本日のお宿の「いそや」さん。
IMG_IBARAGI_0093.jpg


マジで鳥居のすぐ隣にあります。
IMG_IBARAGI_0094.jpg


入り口になんか立ってる…
IMG_IBARAGI_0095.jpg


チェックインしてお部屋に向かいますが…

途中の壁にもなんか張ってる…
IMG_IBARAGI_0096.jpg


カーテンも…
IMG_IBARAGI_0097.jpg


壁のいたるところに…
IMG_IBARAGI_0098.jpg


何やらお宿のご主人も相当なガルパンファンらしいですよ。
ここまでくると潔いというかなんというか。

実は大洗の駅にもガルパンのパネルが置いてあったのですが、私はそれを堂々と撮影する勇気がなく…
本当にチキンでしたが、ここだと室内なので堂々と(笑)撮れました。



お部屋に荷物を置いた後、これまたすぐそばの大洗磯前神社の神磯の鳥居に行きます。
IMG_IBARAGI_0099.jpg

実は今回の旅の目的の一つは、この鳥居を入れた星空を撮ることだったんです。


だからここから歩いてすぐの宿を予約したんですよ。
夜中に歩いていける距離じゃないと星空は撮れませんからね。


こちらはひたちなか市方面になるのかな。
IMG_IBARAGI_0100.jpg


鳥居をどう入れたらいいのかと試行錯誤。
IMG_IBARAGI_0101.jpg

夜来る前にある程度の構図を決めておきたかったので、何枚か撮りました。


ハクセキレイくん。
IMG_IBARAGI_0102.jpg

どこにでもいる鳥さんだけど、なかなかすばしっこくて撮りにくいです^^


すこしアップで鳥居を。
IMG_IBARAGI_0103.jpg


これはRAWからの現像。
IMG_IBARAGI_0104.jpg

夕方の色を強調してみた。


6時から夕食だったので、それまでにお風呂に入ろうと宿に戻る。

お部屋のカギもガルパンだぜ。
IMG_IBARAGI_0105.jpg

この子は「みほちゃん」というらしい。かわいいじゃないか(え?)


そして夕食。
IMG_IBARAGI_0106.jpg

今回の旅のメインの一つ、あんこう鍋です。


が…取り巻きが異様に多いぞ…
IMG_IBARAGI_0107.jpg

煮物に、白子に、焼き魚に、シャケのハラミ?
ものっそいコッテリとしたメンツ(笑)


刺身もあるの?
IMG_IBARAGI_0108.jpg

その刺身もこれ一人前ですか??


そしてメインのあんこう鍋…これ何人前?
IMG_IBARAGI_0109.jpg

俺の家は大食い一家だけど、3人でこのくらいで十分だよ?


蒸し物。
IMG_IBARAGI_0110.jpg

味の濃いものが多かったので、ポン酢で食べる蒸し物は癒しでした^^


豚肉のバター炒め。
IMG_IBARAGI_0111.jpg

これはそのまま食べてって言われたんだけど、ポン酢につけてバターを落としたぜ(笑)


いやね、本当に全部おいしいんだ。

おいしいんだよ。

でもね、

いくらなんでも多すぎるんだ…


俺は異様なくらい食べるんだけど、これはムリだったよ。
昼飯を3時前に食べたのもあるのかもしれないけど、全盛時の俺でもこれはいけるかどうか…


だって、おかずが多すぎて、おひつのご飯に手がつかなかったもん(笑)

そしてご飯に手をつけていないのに、おかずを残すという体たらく。悔しいし情けないしつらいし泣きたい。


出されたものを残すとか、人間の屑なんだぜ。
宿の方、本当にごめんなさい。


でもね、やっぱり多すぎると思うよ(笑)


ちなみにこれで9900円です。
腹いっぱい食べたい方にはお勧めのお宿です。ぜひ一度どうぞ。


さて、話は変わりますが、実は今回の旅は一人祝勝会だったんですよ。

私の勤めている学習塾は、生徒一人一人に学校の先生のように担任が付くんです。
クラス単位で担任を持つんだけど、今年は自分の持っているクラスの子のうち二人が某難関国立高校に受かってくれたんですよ。

偏差値で言うと75近いような学校です。
俺が中学生の時には絶対通らなかったレベルの学校だ(笑)


一人は天才型の男の子で、もう一人はコツコツやるタイプの女の子。

すごく能力の高い子たちなので、俺から受験を勧めてみたら受けることになったんですよね。
勿論入試の直前に決めるわけじゃなくて、春の段階で受けることを決めていました。

それから毎日毎日。
結構無茶な課題も与えたんだけど、文句ひとつ言わずに頑張ってくれました。

俺は英語の担当なんだけど、教えたことをすべて吸収するくらいの姿勢で授業に臨んでくれました。
授業の内容は高校内容に踏み込むようなものだったんだけど、何を教えても頑張って覚えてくれたもんなぁ。


だから何が何でも通ってほしかったんです。

特に女の子は小学4年生から教えていた手前、思い入れのある子でね。
男の子のほうはお兄ちゃんも教えていたんだけど、弟もまた好青年で。

勿論受かってほしくない入試なんてないんですが、この子たちは普通にやれば通るだけの学力があり、
さらにめっちゃ頑張る子たちだったから、「落ちたらどうしよう」というプレッシャーがありました。

「この子たちが失敗したら俺は仕事辞めないといけないなぁ」って思うくらいでした。


合格発表の前の日、恥ずかしながら怖くて眠れなかったもん。
自分の高校入試の時も大学入試の時もそんなことはなかったのに、他人の入試でそんな気持ちになるなんて。

だから二人が合格した時は本当に力が抜けて、気を失いそうでしたよ(笑)
お母さんたちにも「先生が一番うれしそう」って言われてしまった。マジうれしかったけどな。


というわけでこの子たちが受かってくれて、私的にはひと段落だったんです。
その祝勝会だったわけで。

二人のおかげでおいしいお酒と多すぎるあんこう鍋を食べられました。

名前は書けないけど、本当におめでとう。
高校に行っても二人仲良く頑張ってね。

そしてありがとう。

と見ていないけどメッセージを送っておきます^^


ちなみにクラスのほかの子たちも、地元の公立トップ校にみんな余裕で合格するはずです。
はずじゃなくて、絶対通るわ。

こんな強いクラスを持たせてもらったことを幸せに思う今日この頃です。


話を戻しましょう。

食事を終えた後、食堂でしばし撮影。
IMG_IBARAGI_0112.jpg


この子もかわいいな。
IMG_IBARAGI_0113.jpg

っていうか、いそやさんのポスターにガルパンが載っているってことは、もう町をガルパンで盛り上げていこうってことなんでしょうね。


地酒でしょうか。
IMG_IBARAGI_0114.jpg


そしてガルパン銘柄のお酒もあるわな。
IMG_IBARAGI_0115.jpg


部屋に戻り少々休息。

ヒラマサオリンピックのスピードスケート500mの決勝があり、小平さんが金メダルを撮っていましたね。
無敵だって言われていたけど、本番で勝ち切る辺り、精神力が本当に強いんでしょう。


少々感動した後、星空の撮影に行きます。


真っ暗な中でシャッターを切っただけでは何も映らないので、適切な設定をしての撮影になります。
まぁ適切な設定がイマイチわからないので、何枚か試し撮りしてみます。


奥の明るいところは鹿島臨海工業地域でしょうかね。
IMG_IBARAGI_0116.jpg

Y字型の掘り込み港があって…って仕事の気分になるからやめよう(笑)


何枚か撮ったのですが、雲がかかっていてイマイチ。
ケータイで予報を見ると、後2時間くらいしたら(午前0時くらい)晴れるみたいなので、いったん引き上げることにする。


宿に戻る途中でなんとなく鳥居を撮ってみた。
IMG_IBARAGI_0117.jpg

これ、なかなか面白いじゃないか。
勿論RAWからの現像で加工しているけど、印象のある一枚になったような気がする。


もういっちょ。
IMG_IBARAGI_0118.jpg

鳥居の中にオリオンがあるのがわかるでしょうか。


大洗の町並み。
IMG_IBARAGI_0119.jpg

交通量もまばらで静かです。


いったん宿に戻ってゆっくりするつもりでしたが、楽しくなってきたので撮影を続けます。
宿に戻ってトイレに行った後、もう一度撮影開始。


さっきよりも海面に近いところにおいて撮影してみる。
IMG_IBARAGI_0120.jpg


東側の空。
IMG_IBARAGI_0121.jpg

北斗七星が写っているのがわかるかなぁ。


何枚か撮った後、なんとなく歩いてみたくなったので近くのコンビニまでお散歩してみる。
IMG_IBARAGI_0122.jpg

ケータイでフラッシュを炊いて撮ったのでひどい写真だけど許して。


いやね、昔は宿に着いたらずーっとテレビやらを見てのんびりしていた俺なんですが、最近は宿についてからも近辺を散歩するようになったんですよね。

今の仕事を始めてから急にそういうふうになったなぁ。
ちょっとだけマメになったのかな?


1kmほど歩いてコンビニ(奥の光っているところ)に到着。
IMG_IBARAGI_0123.jpg

急に腹が痛くなったので用を足してからポテチを購入して宿に戻ります。


レジのお兄ちゃんが値段を言わなかったので、わざと向こうが値段を言うまでじーっとしていたら焦って値段を言ってきました。
値段を言うことくらい、ちゃんとしないとダメだよ^^


大洗磯前神社の一の鳥居でしょうか。
IMG_IBARAGI_0124.jpg

めっちゃデカイです。


宿に帰る前に神磯の鳥居をもうちょっとだけ撮影します。

この時間になると俺以外にも3組、夜景を撮影する人たちがいました。
IMG_IBARAGI_0125.jpg

鳥居の左下に赤く光っているのはそのうちの一人が置いたカメラの光です。
ここは岩から転落する事故が起きているので、岩に渡るのを禁止しているはずなんだけどなぁ。

うーん…


この写真を最後にして、お宿に戻ります。
IMG_IBARAGI_0126.jpg


宿にガルパンの本が置いてあったので拝借して勉強(?)
IMG_IBARAGI_0127.jpg

何やらかわいい女の子たちが戦車で戦うアニメのようです。
なぜ女の子しか出てこないのだろうか…女子校なのだろうか。


しかしここまでの聖地なら、先にアニメを見て勉強してから行けばよかった。
IMG_IBARAGI_0128.jpg

そうすれば、更に楽しめただろうな。

また行ってもいいかな^^


これにて一日目は終了。

本当は翌日の予定を決めてから寝ようと思っていたのですが、疲れていたのか一瞬で寝てしまいました。
まぁ朝早かったもんね。


2月19日(月)
おはようございます。朝食です。
IMG_IBARAGI_0129.jpg

アラームをセットしておいたにも関わらず爆睡していて、朝食ができましたという連絡で目が覚めました。
お部屋にご主人が呼びに来てくれたとき、寝坊したと思い悲鳴のような返事をしてしまった(笑)


しかし朝から多いよ…
昨日の夕食も多かった上に起きたてで中々食欲が…


早起きして散歩してきた後とかだったらおいしく食べられたのかなぁ。

俺は夜遅くまで起きているのは平気なんだけど、早起きするのは本当にニガテなんですよね。
目が覚めても弱い意志が「まだ寝ててもいいよ」って誘惑して、簡単にそれに乗ってしまうわけで^^

長い間の課題なんだけど、恐らく死ぬまで治らんでしょうな。


ちなみに朝から刺身がありました。
IMG_IBARAGI_0130.jpg

刺身と焼き魚はちゃんと食べたけど、煮物と納豆とヨーグルトは残してしまった。

ごめんね、御主人。


チェックアウトして最初の一枚。
IMG_IBARAGI_0131.jpg

いそやさんと大洗磯前神社はこの通り、本当に隣でした。


さてさて、本日はまずはひたちなか市にある、酒列磯前神社を目指すことにします。
方角的にはここからは北側です。


歩き出す前に朝の神磯を一枚。
IMG_IBARAGI_0132.jpg

J5で撮ったんだけど、フレアだか何だか変な線が入ってしまった。


昨日の夜星空を撮っていた辺り。
IMG_IBARAGI_0133.jpg

奥の建物はすべて旅館です。


こちらはひたちなか市方面。
IMG_IBARAGI_0134.jpg

今日もいい天気だ。


こちらは反対側、すなわち鹿島方面。
IMG_IBARAGI_0135.jpg


海を見ながら、少しずつ北へ向かいます。
IMG_IBARAGI_0136.jpg


IMG_IBARAGI_0137.jpg


バスに乗って移動してもよかったんだけど、次のバスまで1時間あるし、歩いて那珂湊駅まで行き、そこから列車で移動することにします。


大体の位置関係はこんな感じ↓
IMG_IBARAGI_0003.jpg

那珂湊駅までは大体4kmくらい。
少々距離がありますが、まぁ歩くのはそんなに嫌いではないので問題ないです。


鳥居の上の鳥さんにお別れをして歩き出します。
IMG_IBARAGI_0138.jpg


眩しいくらいの太陽だ。
IMG_IBARAGI_0139.jpg


少し歩くと海岸線の向こうにひたちなか市の町並みが見えてきました。
IMG_IBARAGI_0140.jpg

なんか愛知の日間賀島とか、湘南の海を思い出した。
どこも海岸線はこんな感じなのかな。


この看板を右に曲がり、ひたちなか方面へ。
IMG_IBARAGI_0141.jpg


立派な橋がかかっていました。
IMG_IBARAGI_0142.jpg


橋の上から撮った写真。
IMG_IBARAGI_0143.jpg

位置関係的に、水戸の西側に広がる山岳地帯でしょうか。


のんびり橋を渡っていると、何人かに追い抜かされました。
IMG_IBARAGI_0144.jpg

狭いところに太いやつがトロトロ歩いて申し訳ない…(笑)


橋を渡り終えるとひたちなか市入り。
IMG_IBARAGI_0145.jpg

那珂湊駅まではもう少しです。


この後ほどなく那珂湊駅に到着。


しかし駅に近づくと踏切が鳴る音が。
嫌な予感がしたので大急ぎで駅に向かうと、乗る方向の列車が来たところでした。


トロトロしてたら後1時間待たないといけないところだったよ。
IMG_IBARAGI_0146.jpg

しかも間違って反対方向へ向かう列車に乗ろうとしてしまったのですが、駅員さんが気を利かせて声をかけてくれました。

危なかったよ。
駅員さん、サンクス!


てなわけでひたちなか海浜鉄道で移動します。
IMG_IBARAGI_0147.jpg

那珂湊駅から酒列磯前神社の最寄り駅の磯崎駅までは大体15分くらい。


運賃は230円なり。
IMG_IBARAGI_0148.jpg

ちなみに前述の駅員さんは、この230円の切符を見て俺の行先が磯崎駅であることを判断して反対方向に乗ったことに気づいてくれたんですよ。


磯崎駅に着きました。
IMG_IBARAGI_0149.jpg

ここから酒列磯前神社までは1.5kmくらい。
ちょろい距離です。


かわいらしい駅を出てさっさと歩く…
IMG_IBARAGI_0150.jpg


前に時刻表を確認して写メを撮っておきます。
IMG_IBARAGI_0151.jpg


ちょいと歩いて酒列磯前神社に到着。
IMG_IBARAGI_0152.jpg

ちなみに「さかつらいそざきじんじゃ」と読みます。


御朱印をいただく…もなんと書置きでした。
IMG_IBARAGI_0007.jpg

大きな神社なので書いてもらえると思っていたのでちょっと残念。

まぁ巫女さんが非常に愛想のよいかわいいらしい子だったのでいいか(え?)


境内からは波の音が聞こえてきます。
IMG_IBARAGI_0153.jpg

この通りすぐそばは海です。


さて、用事もすんだのでさっさと移動します。
IMG_IBARAGI_0154.jpg

この後どこへ行くかはまだ決めていなかったんだけど、とりあえず水戸駅に戻りながら考えることにします。


記念に境内の入り口で一枚。
IMG_IBARAGI_0155.jpg


なんとかロスなく水戸方面の列車に乗れたので、今後の予定を考える。
IMG_IBARAGI_0156.jpg


1.もう一度偕楽園に行き、ゆっくりと梅を楽しむ。
2.水戸から磐越西線に乗って栃木の小山まで車窓からの風景を楽しみつつ移動、小山から新幹線で帰宅。
3.せっかく茨城に来たから、一宮の鹿島神宮に参拝して帰る。

本当は3が目的の一つだったんですが、鹿島へ行くとそこから東京まで戻るのにものすごく時間がかかるんです。


↓土地勘のないところでこんだけ乗り換えとかありえんし、何より帰宅ラッシュの時間帯に重なるのが嫌だったんだ。
IMG_IBARAGI_0002.jpg

てっきりJRだかの特急でサラっと東京まで帰れると思っていたらそのような路線はないようで、成田空港まで行って成田エクスプレスなるものに乗らないと特急らしいものはないようです。


あ、全く適当なこと言っているかもしれませんが、間違っていても許してください。
関東の路線状況なんて全くしらないもので。


「あーどうしたものかなぁ」なんて思っていると、ふと次のような検索結果が。

「!!」
IMG_IBARAGI_0001.jpg

高速バス…だと?

一本で東京まで帰れる上に安いし、鹿島神宮から乗れるという好条件。
これを知った俺は問答無用で鹿島へ向かうことを決めたのでした。

IMG_IBARAGI_0157.jpg


勝田駅でひたちなか海浜鉄道からJRに乗り換えます。
IMG_IBARAGI_0158.jpg

接続の水戸行列車が来ていたことを知らずに乗り過ごしたので、トイレタイム&休憩。

ちょうどお昼前とあって、サラリーマンがたくさんいました。
平日だもんね。


JRに乗って水戸へ行きます。
IMG_IBARAGI_0159.jpg

と言っても乗っていたのは5分くらいでしたが。


水戸駅でお土産を買って郵送し、おやつを買ってから鹿島臨海鉄道に乗ります。
IMG_IBARAGI_0160.jpg

今日の車両は昨日よりも随分新しい雰囲気。


水戸から鹿島神宮までは1時間ちょい、お値段は1570円。
IMG_IBARAGI_0161.jpg

まぁまぁするな…


路線図なんて見ながら時間をつぶします。
IMG_IBARAGI_0162.jpg


ナシはろくでなし扱いでしたが、スモモはいいやつのようだ。
IMG_IBARAGI_0163.jpg


いつの間にか睡魔に負けて気を失う。
IMG_IBARAGI_0164.jpg

水戸駅を出発した時にはロングシートには結構な人が座っていたんだけど、目が覚めるたびにお客さんは減っていき…


鹿島神宮のそばではこんな状態になっていました。
IMG_IBARAGI_0165.jpg


車窓から見えた鹿島スタジアム。
IMG_IBARAGI_0166.jpg

結構郊外にあったけど、みんな車で来るのかなぁ。


鹿島神宮駅に到着。
IMG_IBARAGI_0167.jpg



乗ることを予定している高速バスの時間まで1時間半くらいしかありません。
さっさと鹿島神宮に行って参拝するとします。


結構な坂を歩いてなんとか到着。
IMG_IBARAGI_0168.jpg

ケータイで調べたルートは最短距離を通るものだったようで、誰もいない急な裏道を上る素敵なものでした(笑)


境内はものっそい広いです。
IMG_IBARAGI_0169.jpg


仮殿という建物らしいです。
IMG_IBARAGI_0170.jpg


こちらが拝殿。
IMG_IBARAGI_0171.jpg

誰もいないタイミングを見計らって一枚。

平日でしたが、結構人がいてタイミングを待ちました。


さっきの仮殿を正面右から。
IMG_IBARAGI_0172.jpg


奥のほうに御手洗池なるものがあるそうなので行ってみます。

その前に社務所により御朱印…いや御朱印帳を購入。
書いてもらうのに時間がかかるみたいなので、後で寄ることにして他を見学してみます。

IMG_IBARAGI_0173.jpg


奥宮だそうです。
IMG_IBARAGI_0174.jpg

ちょっとブレブレで申し訳ない。


木漏れ日が石碑に当たって美しい光景でした。
IMG_IBARAGI_0175.jpg


急な階段を下って御手洗池に到着。
IMG_IBARAGI_0176.jpg


湧水が流れ込んでいるのでしょうか。
IMG_IBARAGI_0177.jpg

非常に水がきれいです。


鯉さんもスイスイと気持ちよさそう。
IMG_IBARAGI_0178.jpg


綺麗な池なのでなんとかいいショットを狙うもイマイチ(笑)
IMG_IBARAGI_0179.jpg


季語は何なのでしょうかね…俳句の心がわかる男ではないのが悲しいところです。
IMG_IBARAGI_0180.jpg


この水が池に流れ込んでいました。
IMG_IBARAGI_0181.jpg

急いでいたのでスローシャッターで撮っていないのが残念。


最後に遠くから一枚。
IMG_IBARAGI_0182.jpg

これが一番マシなショットかも。


何やら鹿島神宮は国定公園の中にあるみたいですね。

確かに立派な森だもんなぁ。
IMG_IBARAGI_0183.jpg

「環境庁」という文字が歴史を感じさせるな。


池もあって、鳥さんもいくらかいたのですがさすがに撮っている時間もなく。
IMG_IBARAGI_0184.jpg

アトリとメジロがいたことは確認しましたが、他にもいろいろと鳴き声が聞こえました。


さて、チンタラしていたら時間がなくなってきたのでさっさと社務所によって御朱印帳を受け取りバス乗り場へ行きます。
IMG_IBARAGI_0185.jpg


この通り本当に広い。
IMG_IBARAGI_0186.jpg

遭難しそうな勢い。


御朱印帳をいただく。
IMG_IBARAGI_0197.jpg

うーん…個性的な字というかなんというか。


奥宮の御朱印もいただけるとのことだったので両方いただきました。
IMG_IBARAGI_0198.jpg


御朱印帳はこんな感じ。
IMG_IBARAGI_0199.jpg


裏側のデザインがなかなかいいよな。
IMG_IBARAGI_0200.jpg


神門をくぐり、鹿島神宮を去ります。
IMG_IBARAGI_0187.jpg


さすがは勅祭社、常陸国一宮とあって立派な神社でした。
IMG_IBARAGI_0188.jpg


とにかく広いわ。
IMG_IBARAGI_0191.jpg

またゆっくりと来てもいいな。
今度は境内をゆっくりと歩いて、野鳥を撮るのも楽しいかも。


境内の入り口に高速バス乗り場の看板がありました。
IMG_IBARAGI_0190.jpg

このそばにロータリーがあったので、トイレに行ってからバスをのんびりと待つ。


…ていると、↑バス乗り場(ここから約400m)と書いた看板を発見。
ロータリーにバスが来るのではなく、バス乗り場はすこし離れたところにある国道沿いにあったわけで。



さっきの看板を拡大してみると…
IMG_IBARAGI_0189.jpg

確かにそう書いてあった!
俺が「高速バス乗り場」という文字だけ見て勝手にロータリーにとまると思い込んでしまったわけです。


相当焦ってバス停へ向かいましたよ。
乗れなかったら家に帰れないなんて思いながら超がつくくらいの早歩きでバス停を探し、なんとか到着。


幸いバスの発車には間に合い事なきを得ました。
IMG_IBARAGI_0192.jpg


ちなみに乗れなかったとしても東京駅行きのバスは4時台だけでも4本あった模様。
IMG_IBARAGI_0193.jpg

でもそんなの、知らないもんね。
いやもう焦ったわ。


誰もいないバスに乗り、あとは眠りにつきます。
IMG_IBARAGI_0194.jpg


霞ヶ浦に沈む夕日。
IMG_IBARAGI_0195.jpg

今回霞ヶ浦はノータッチでしたが、野鳥も多くいる上にサイクリングロードもあるみたいなので、次回茨城に来たらぜひ散策してみたいものです。


後は東京駅で新幹線に乗り換えて帰宅。
IMG_IBARAGI_0196.jpg


という一人祝勝会でした。

実は茨城には足を踏み入れることすら初めてだったのですが、電車で広範囲を移動できたこともありかなり茨城の魅力を感じられた気がします。

後は霞ヶ浦と鹿島臨海工業地域くらいかな。

次回来ることがあれば、その辺りを攻めてみたいと思います。


さてこの日記、俺にしては珍しく数日にわけて書きました。
大体一日で書ききってしまうんだけど、最近は仕事の後夜更かしして書く気にならないんだよなぁ。

だから5日にわけて書いたので、前後のつながりがおかしかったりするかもしれませんがご容赦ください。


次回の旅は…交通費をあまり使わないところだな。
今度はサイクリングと温泉メインの旅をしてみようかと思います。

GWに向けて走れるカラダにしておかないといけないしね。


どこへ行くかゆっくり考えながら毎日を過ごすとします^^


ではでは、ごきげんよう。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

青

Author:青
大阪府在住、アラフォーのおっさんです。

自転車とカメラが好きです。
最近はかなりカメラに傾倒^^

カメラ:nikonD750
自転車:5800系105のロードバイク

Twitter

フォト蔵

最新コメント

過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ にほんブログ村 自転車ブログへ