topimage

2016-06

SUNNY CYCLING in 越前海岸 - 2016.06.29 Wed

ずっと行こうと思っては頓挫しつづけた福井旅行の記録です。
暇つぶし程度に読んでやってください。

書いている本人はこれでも割と真剣に書いています(笑)

6月26日(日)
朝6時半にちゃんと起床。
大阪へ行き敦賀行きの新快速に乗ります。

大阪の時点ですでに満席。
高槻や京都からは信じられないくらいの老人軍団が乗ってきたので滋賀の近江高島あたりまでずっと立っていました。
まぁ仕方ない。


9時50分に敦賀に到着。
fukui0001.jpg

さっさとチャリを組みたてて走り出します。


まずは敦賀港へ。
fukui0002.jpg

2010年にもここに来たな。


海上保安庁の巡視艇かな。
fukui0003.jpg

いつもお勤めご苦労様です。


今回もこういうチャリを中心にした写真が多く出てまいりますがご了承ください。
fukui0004.jpg


近くの金崎宮(かねがさきぐう)へ。
ここに来るまでの道がわかりにくく近辺をさまよいました。


入り口にチャリを置いて参道を行きます。
fukui0006.jpg


fukui0005.jpg


fukui0007.jpg



きれいなオレンジ色だ。
fukui0008.jpg



二の鳥居と神楽殿。
fukui0009.jpg


神楽殿の端がすっと上に沿っているのがいいよな。
fukui0011.jpg


こちらは拝殿。
fukui0010.jpg


神社の脇から展望台にいけるので少し歩いてみる。
fukui0012.jpg


結構な階段です^^
fukui0015.jpg


10分ほど歩いて到着。

敦賀湾を見下ろす。
fukui0014.jpg


こちらの施設はコンクリートの製造所だとか。
fukui0013.jpg



ちょっとしたジャングル状態。
fukui0016.jpg


こちらはナナフシさん。
fukui0017.jpg

まだ成体ではないと思いますが、久しぶりに見ました。
鹿児島で何度か見たことがあります。


敦賀の港町。
fukui0018.jpg

実はここら一体には2010年にも来たのですが、そのときと比べてすごく華やかな印象を受けました。
あのときは天気も確かに良くなかったですが、俺の精神もそんなに良好じゃなかったから暗い印象を持ったのかもしれませんね。


御朱印をいただき、参道を下ります。
fukui0019.jpg


次の目的地は今回の旅のメイン目的地の剣神社です。
剣神社は越前二の宮で俺の好きな織田信長にも崇敬された神社なのでぜひ行きたかったんですよ。

剣神社のある越前市越前町まで走ります。
距離にして約45kmくらい。


追い風にのって国道8号を走っていきます。
fukui0020.jpg


この交差点で左折。
fukui0021.jpg

国道8号とお別れです。

ちなみに2010年は直進しました。
恐ろしいほどのトンネル群との戦いがまっておりましたとさ。


ここからは県道204号線「しおかぜライン」を行きます。
fukui0022.jpg


これは自転車のハンドルに取り付けたカメラが自動的に撮った写真です。
fukui0023.jpg

広角すぎて端っこが曲がってたり、ハンドルが写ったりしていますが許してください。


風は基本的には追い風だけど、前方に黒くて低い雲が見えるのが気がかり。
fukui0024.jpg


ポツポツしてきて地面も色が付いてくる。
fukui0025.jpg


本格的に降ってきた。
fukui0026.jpg

雨雲レーダーを確認、さっきの黒い雲が近づいてくる模様。
急いで屋根のあるところへ向かって走ります。


このシェッドで雨宿り。
fukui0027.jpg


約10分くらいいたかな。
fukui0029.jpg


バイクのお兄ちゃんとかも雨宿りをしていました。
fukui0031.jpg


レーダーで雲の状態を再確認。
fukui0030.jpg

どうやら通り雨の模様。

しかしさっきまで晴れていたのに急に雨が降る辺りさすが北陸。
兼六くんの顔が目に浮んだのは言うまでもありません。


雨も上がり、少し地面も乾いてきたので再出発。
fukui0032.jpg

ドロを跳ね上げるのでカバンだけレインカバーを被せました。


こんな海沿いの道、悪天候だったら走れないよね。
fukui0033.jpg


fukui0034.jpg


河野の辺り。
fukui0035.jpg

雨はすっかり止んで徐々に青空が見えてきました。


ここでドリンクタイム。
fukui0037.jpg

微妙な味なんだけど、糖分が補充できるのでつい買ってしまう。


ここは北前船がどうのこうのの場所みたいです。
fukui0040.jpg


fukui0041.jpg

歴史は得意じゃないんだ。すまん。


軽く休憩してからリスタート。
fukui0036.jpg


ずっとこんな海岸線を行きます。
fukui0038.jpg


キャンピングカーの旅もいいよな。
fukui0039.jpg

お金が有り余るくらい溜まったらやってみたい。


fukui0042.jpg

この辺りは逆風で少し走るのが辛かったな。


バイクの集団とすれ違う。
fukui0043.jpg

仲間とブイブイツーリングするの、楽しいんだろうな。

常にシングルの俺からすると少しだけうらやましいな。


この後軽い山越えルートに入る。
fukui0044.jpg

そんなにきつい坂ではないけどゆっくりゆっくり上っていきます。


坂の途中で越前市入り。
fukui0045.jpg


もうちょい上り、この辺りが坂の頂上だったと思う。
fukui0046.jpg


麦茶を購入。
fukui0047.jpg

夏の麦茶は本当においしすぎて困る。


ここからはしばらく平坦ルート。
あまりに心地よくて歌を歌いながら走っていました(笑)


田んぼと空が鮮やかだったのでストップ。


写真撮影タイムです。
fukui0048.jpg


fukui0049.jpg


本当に田んぼの緑がきれいだ…
fukui0050.jpg


少しだけ狙ってぼかしたり、ぼかさなかったりが出来るようになってきた気がする。
fukui0051.jpg

まだ 極端にぼかす or 全くぼかさない の選択しか出来ないので、ボケ具合とかを上手にコントロールできるようになりたいものです。

「このくらいの望遠状態で、このくらいのF値ならこのくらいボケる」とかの感覚がまだまだないんだよな。
この辺は練習でしょうね。


モンシロチョウさん。
fukui0052.jpg


もう一枚。
fukui0053.jpg

このモンシロチョウさん、俺がそばにいるのに逃げようとしないサービス精神旺盛な方でした。


里山の風景に癒されたので剣神社に行きます。
fukui0054.jpg



越前二の宮、剣神社に到着。
fukui0061.jpg

観光地とあってか参拝客もいくらかいました。


しかし本当にいい天気だ。
fukui0055.jpg



正面から拝殿。
fukui0057.jpg


苔むす灯篭を入れて。
fukui0058.jpg


本殿。
fukui0059.jpg


境内社の織田神社。
fukui0060.jpg

ちょっとボケてるな…


手水舎。
fukui0056.jpg


御朱印をいただき満足したので去ります。
fukui0062.jpg

しかし立派な神社でした。


きれいなうろこ雲です。
fukui0063.jpg


これで本日の目的はコンプ。
後は宿のある海沿いの厨温泉(くりやおんせん)へ向かいます。

といってもここから10km程度。
のんびりゆっくりこぎます。


なんかぜんぜん違う方向へ行ってしまい引き返したりしましたが、本来のルートに入りました。
fukui0064.jpg


正面から太陽さんが当たって中々に暑い。
fukui0065.jpg

ゆるやかだけど上っていたのでちょっとだけしんどかったな。


このトンネルで上りは終了。
fukui0066.jpg


後はひたすら下ります。
fukui0067.jpg

ちゃんとブレーキに俺の手がかかってるでしょ?


この後20分ほど走り厨温泉へ到着。
明らかに早い(まだ4時くらい)ので、コンビニで体重を減らした後アイスを買い海岸へ出てみる。


ゼロでも十分美味い。
fukui0068.jpg


今年初のアイスの実。
fukui0069.jpg

最近近所のセブンで売ってくれなくなったので困っております。


海を見ながら一人アイスを食べる中年男性。
fukui0070.jpg


ヒマなんで色々と写真を撮ってみる。
fukui0071.jpg

太陽さんがめっちゃギラギラしてる。
目一杯絞ったらきれいな光芒が出ました。


油断していると足元まで波が来てビビりました。
fukui0072.jpg

たまに大きいの来るよね。


背景の海を玉ぼけにしてみた。
fukui0073.jpg


30分ほど時間つぶしをした後、本日のお宿「いまい旅館」に到着。
5月に泊まろうと思ったんだけど直前で満室になってしまったので、念願の来訪です。

びっくりするくらい元気な女将さんが部屋に案内してくれました。


一人で過ごすには必要十分なお部屋。
fukui0074.jpg


一応オーシャンビューです。
fukui0075.jpg


近くに温泉があるらしいので、その入浴券を購入して入りに行く。
fukui0076.jpg


この道の駅「越前」の中にある「漁火」という温泉に入ります。
fukui0077.jpg

もちろん温泉の写真はありませんが、西向きに作られた温泉なので太陽さんの直射日光をまともに浴びてちょいと眩しかったです。
夕日が沈む時間帯に行けばさぞきれいなんだろうなと思いました。

今日は後1時間遅く来るべきだったかな^^


風呂上りの一杯。
fukui0078.jpg

我ながら本当に良く飲むよな。


サイクルラックがありました。
fukui0079.jpg

自転車乗りのお客さんも多く来るのでしょう。
宿の女将さんも「自転車のお客さん本当に増えましたね~」って言ってましたね。


宿へ戻る途中で撮影。
fukui0080.jpg

思いっきり暗くしてシルエットにしてみた。


もうすぐ沈むところだけどまだまだ眩しい。
fukui0081.jpg


厨温泉街。
fukui0082.jpg

今日は日曜の夜とあってか静かでしたが、海水浴シーズンになるとゴチャゴチャするんでしょうね。


もう少し写真を撮ります。
さっきコーラの写真を撮ったところに下りてみます。


本当にきれいだな。
fukui0083.jpg


砂浜に反射する光。
fukui0084.jpg


こんもりした波を撮るのって意外と難しかった。
fukui0085.jpg


時間は夕方の6時50分ごろ。
7時から夕食をお願いしていたので一旦宿に戻る。

fukui0087.jpg

しかし余りに夕日が美しいので女将さんにもう一度写真を撮りに行く了解を得る。
ごめんね、女将さん。


出る前に一杯だけひっかける(笑)
fukui0088.jpg


いよいよ夕暮れモード。
fukui0086.jpg


段々と沈んでいきます。
fukui0089.jpg


着水寸前。
fukui0090.jpg


沈んでいく夕日。
fukui0091.jpg

地球が自転しているのを感じます。


あっという間に残りこれだけ。
fukui0092.jpg


fukui0093.jpg


fukui0094.jpg


fukui0095.jpg


fukui0096.jpg

一気に沈んでいきました。


夕日が沈んだ後から1時間くらいは幻想的な色の「マジックアワー」と呼ばれる時間帯です。
fukui0097.jpg

もう少し撮ってみます。


こうやって簡易三脚を防波堤の上において撮っていました。
fukui0098.jpg

遠くの夕日を望遠で撮るので、三脚&レリーズは便利でした。


これから漁に出るのでしょうか。
fukui0099.jpg


別に十字架ではありません(笑)
fukui0100.jpg


さて、そろそろ宿に戻ります。
fukui0101.jpg

しかしこんな夕日が見られて運が良かったわ。


恒例の食レポのお時間です。

越前かれいの塩焼き。
fukui0102.jpg

塩加減が絶妙です。


いかそうめん。
fukui0103.jpg

ネバネバしてないです。新鮮なんでしょう。


もずく酢。
fukui0104.jpg

すっぱいのが得意ではありません(笑)


たこの煮付け。
fukui0105.jpg

普通にうまい。ご飯が進む味。


造り(たい・あじ・しめさば・まいか・あまえび)
fukui0106.jpg

念願のあじの造り。
千葉の勝浦で食べたときにその美味さに衝撃を受けたのですが、今回もやはり美味かった。


いくら。
fukui0107.jpg

最後にご飯にのせてたべました。


みずだこの造り。
fukui0108.jpg

コリコリしておる。


茶碗蒸し。
fukui0109.jpg

味が濃い目でうまい。
なんか色々と具が入っていました。


謎の巻貝(かなり美味かった)
fukui0110.jpg

なんでしょうか。これ。


てんぷら(えび・きす・いか・ししとう)
fukui0111.jpg

無難な味。
一番最後まで取っておいて、ご飯と一緒に食べました。


お澄まし(骨付きの鯛が入っていました)
fukui0112.jpg

骨は無いほうがよかったかな(笑)


焼きガニ&ピーマン。
fukui0113.jpg

うまいです。ピーマソも美味いと思う今日この頃。


デザートのアイス。
fukui0115.jpg

本当はスイカが出てきたんだけど、俺スイカ食えないからって言ったらアイスに代えてくれました。
ありがとう。


おいしいよな、本当に。
普段は物凄い早食いなんだけど、こういうところに来ると恐ろしいくらいゆっくりと食べるんだよな。

ひとつひとつ味わってじっくりいただきました。
小生は幸せでございます。


食事中はずっとケーブルテレビを見ていました。
fukui0114.jpg

こういうローカルチャンネルは必ずチェックします。


この後お風呂に入り部屋に戻るときに空を見上げたら星がいくらか見えたので、星の写真を撮ってみることに。
防波堤にカメラを置いて撮ります。


見えるかな…小さい写真だとあんまりわからないかも。
fukui0116.jpg


ホワイトバランスを変えてとってみた。
fukui0117.jpg

こっちのほうがまだわかりやすい?
まぁ肉眼で見える星もさほど多くはなかったので、このくらいが限界でしょうか。

本気の(?)星の写真はまた今度撮りに行くとしましょう。


この光は漁をする漁船の光です。
fukui0118.jpg

なんかすごい仰々しく見えるよね。


お部屋に戻る前にドリンクを一本…?
fukui0119.jpg

あのね、200円入れて140円のいろはすサイダーを買ったら、なぜか綾鷹のランプだけが光っているわけよ。
んで綾鷹のボタンを押してみたら、10円回収されて綾鷹が普通に落ちてきました。

で、お釣りが50円出てきたと。

うーん。一体どういうことなんでしょうか。
先日の当たりに続き、自販機でムダに運を使っているような気がします^^


この後自分のブログをみながら就寝。
あっという間に眠ってしまったな。


↓一日目の走行記録
IMG_2762_20160629035304b08.jpg


IMG_2761.jpg



6月27日(月)
おはようございます。
前日は早々に落ちたせいか6時半の起床。

7時半から朝食です。
fukui0120.jpg

この豪華さ、すごくない?
朝ごはんって大概ショボいところが多いんだけど、本気だよこれ。


スルメイカのバター焼き。
fukui0121.jpg


まいかの刺身。
fukui0122.jpg

朝から刺身とか食っていいんでしょうか。


サバの塩焼き。
fukui0123.jpg

めっちゃ脂のってた。


ご飯をおいしくする方たち。
fukui0124.jpg


サラダも多くて嬉しい。
fukui0125.jpg

小皿も凝ってるよね。


お味噌汁。
fukui0126.jpg

余りにうまかったので朝からお櫃のご飯が殆どなくなりました。
うまいんだもん、仕方ない。


福井新聞。
fukui0127.jpg

論調にさほどの偏りはありませんでした(笑)


こちらがお世話になった「いまい旅館」
fukui0128.jpg

コストパフォーマンス高すぎると思います。
じゃらんのポイントが溜まっていたので5000円くらい引いてもらったから、実際には10000円弱しか払っていません。

間違いなくこれまでに泊まった宿ベスト10の中に入りました。


あ、この右下の赤い自販機が綾鷹を10円で売ってくれたやつです。


お宿の女将さんたちに挨拶をして、出発します。


今日もいい天気だ。

海岸線を北上し、東尋坊を目指します。


道中はこういった港町。
fukui0129.jpg

天草や鹿児島の笠沙を思い出します。


気持ちいいくらいの青空だ。
fukui0130.jpg

多少の坂道でも脚が回りまくる。


「呼鳥門(こちょうもん)」と言うんだって。
fukui0131.jpg

自然のトンネルらしい。


ここでカメラのコントラストやら何やらを色々といじくってみる。
空の青色が中々きれいに出なかったんですよね。

白とびしたり、薄かったりで。
PLフィルターをつけて見るもイマイチで結構な時間いじくっていました。


再出発。
fukui0132.jpg

この辺りが越前岬と呼ばれる場所のようです。


トンネルを抜けて次の町へ。
fukui0133.jpg


あまりの海のきれいさに何度も足が止まる。
fukui0134.jpg


波がぶつかって潮が上がるってことなんでしょうかね。
fukui0135.jpg


福井市入り。
fukui0136.jpg


海に向かう愛車。
fukui0137.jpg


「タチアオイさんが咲くと夏がやってくる」by父。
fukui0138.jpg


相変わらずの海岸線を行きます。
fukui0139.jpg


こういう入り組んだところを走る割にはアップダウンは少なくてめっちゃ走りやすい。
fukui0140.jpg

長島も見習ってほしい。


旧越廼村(こしのむら)の辺り。
fukui0141.jpg

今はこの村は無くなり、福井市に編入されたそうです。


急に目立つ島が登場。
fukui0142.jpg


「鉾島」って言うんだって。
fukui0144.jpg

見事な柱状節理です。


中々きれいなところですな。
fukui0143.jpg


fukui0145.jpg


東尋坊まであと20km弱。
fukui0146.jpg

相変わらずの追い風でどんどん進みます。


いつも言うことだけど、こういう道路の看板って旅してる気がして本当に好きなんだ。
fukui0147.jpg

夕日に照らされる看板とかたまらなく好き(笑)


この後小高い坂を越えて、テクノポート福井にやってきた。
fukui0148.jpg

なんかこの辺は無機質な感じ。

整備された直線の道路を行く。
走りやすい道なんだけど、面白みもなくてちょっと辛かった。


そうこうしているうちに坂井市入り。
fukui0149.jpg

2010年に坂井市に来たときは急な突風に襲われてものすごく恐怖を感じた記憶があります。
あのときはその突風が怖くて東尋坊にも行かなかったんだよな。


テクノポートの終了地点。
fukui0150.jpg

角の丸い看板って珍しい。


気温は27度。
fukui0151.jpg

ぜんぜん普通に走れる暑さです。


三国海水浴場。
fukui0152.jpg

人はまだまだ少なかったです。


この後10分くらいで東尋坊に到着。
fukui0160.jpg

東尋坊ってお坊さんの名前だったそうですが、知っていました?


さすがは東尋坊。
平日でもフツーに人がいます。

むしろここは沢山いてほしかった。
色々な意味で一人は怖い。


見事な柱状節理。
fukui0153.jpg


観光船って意外とちっちゃいんだよな。
fukui0154.jpg


こちらが例の雄島でございます。
fukui0155.jpg

普通にきれいな島だよな。


とんびさんが巡回中。
fukui0156.jpg

「食べ物を狙われるから気をつけろ」って看板が出ていました。
こうやって見ているとかっこいい鳥だけどな。


観光船が洞窟みたいなところに入っていました。
fukui0157.jpg


下を撮ってみる。
fukui0158.jpg


怖くて岸壁ギリギリまでは近づけませんでした。
fukui0159.jpg

しかしさすがは有名な観光地。
人の多いところが苦手な俺でもそこそこ楽しめました。


With雄島。
fukui0161.jpg


With東尋坊。
fukui0162.jpg

自分で言うのもなんだけど、うまい事撮れてるんじゃね?
そんなことないか(笑)


せっかくここまで来たし、雄島にも行ってみます。
fukui0163.jpg


こちらは大湊神社。
fukui0164.jpg


雄島に本社がある式内社です。
fukui0172.jpg

こちらは社務所と拝殿があるだけです。

無事御朱印をゲット。
あ、今回も御朱印はフォト蔵に上げてあるので、気になる方はそっちを見てやってください。


雄島に着いたので、再びいろはすサイダー。
fukui0165.jpg

これ味が薄めでおいしいんだよ。


赤い橋がきれいです。
fukui0166.jpg

潮の流れも速いから水もきれいだ。


自転車の赤と橋の赤。
fukui0167.jpg

殆ど同じ色のような気がする。


この奥にあるのが、さっき行った大湊神社の本社です。
fukui0168.jpg

今回は諸事情によりこの橋は渡らなかったけどね。

決して怖かったんじゃないんだからね。


波も普通にきれい。
fukui0169.jpg


周辺はやはり田舎の港町です。
fukui0170.jpg

小洒落たレストランがありましたが、結構繁盛していたみたいですよ。


さて、これでこの旅の北上は終了。
fukui0171.jpg

後は福井方面に戻りながら、道中の神社に寄ります。


船の再利用でしょうか。
fukui0173.jpg


10kmほど南下し、三国市内の三国神社に到着。
fukui0174.jpg

いきなりの立派な鳥居と社碑に圧倒される…


一宮と名乗ってもおかしくないほどの権威を感じさせる神社です。
fukui0175.jpg


立派な楼門だ。
fukui0176.jpg


境内も非常に広く、境内社や摂社もありました。
fukui0177.jpg


こちらが拝殿。
fukui0179.jpg


中々うまく撮影できなかった。


鷲と思われる。
fukui0178.jpg

御朱印ガールが一人いたので、その後で俺も御朱印をいただく。

30歳くらいのお姉さんでしたが、水玉模様の御朱印帳をお持ちでしたよ。
あんなのあるんだね。


福井市方面へ向かいます。

水田を颯爽と行く。
fukui0180.jpg

本当に追い風で進む進む。


九頭竜川沿い。
fukui0181.jpg

信号も無いので非常に快適。


見上げれば見事なうろこ雲でした。
fukui0182.jpg

太陽さんが隠れておる。


福井市入り。
fukui0183.jpg

ここから市街地まではあと9kmくらい。
「市街地までが遠い」地方都市らしいパターンです。


以下福井市内の神社を三社めぐります。

佐佳枝廼社(さかえのやしろ)
fukui0184.jpg

別名「福井東照宮」です。

後ろにこんな建物がドーンってある神社も珍しい。


続いて足羽(あすわ)神社に向かう。

佐佳枝廼社から直線距離にして2kmくらいだったからすぐに着くと思っていましたが、足羽山とかいう小高い山の上にありました。


おかげでプチクライミングタイム。
fukui0185.jpg

疲れた足にこの予想外の攻撃は効く(笑)


こちがが足羽神社。
fukui0186.jpg

なんか傾いているけど許してくれ、しんどかったんだ。


この枝垂桜もシーズンになるとめっちゃきれいなそうな。
fukui0187.jpg


最後に毛谷黒龍神社。
fukui0188.jpg

名前がかっこいい。

無事御朱印ゲット。
非常に気持ちいい対応でした。


これにてミッションコンプ。

後は風呂に入って家に帰ります。
最寄のスーパー銭湯が福井駅から2.5kmくらい離れたところだったのですが仕方ない。


福井駅前。
変な恐竜の模型がギャーギャー言ってました(笑)
fukui0189.jpg


少々道に迷ったあげく、約20分でお風呂に到着。
「極楽湯」というどこにでもあるチェーン店だったので写真はなし。


湯から出た後水分補給。
fukui0190.jpg

「強強炭酸」と名乗るだけあり、喉が痛くなるほどの炭酸でした。
今度は買わないようにしよう。


福井駅に到着。
なんか番組の生放送のロケをやってましたが気にせずチャリを袋につめ駅内へ。


兼六くんオススメのお土産を購入し、電車の時刻まで時間があるのでてんぷらうどんを食す。
fukui0191.jpg

普通においしいわ。


ホームに上がってしばし時間つぶし。
fukui0192.jpg

人が少ないよ、今7時すぎだよ?ラッシュだよ?


芦原温泉行きの普通列車。
fukui0193.jpg

ガラガラです…

まぁ皆さん車通勤なんでしょう。


この後19時28分発のサンダーバード44号に乗って大阪まで行き、大阪から普通に乗って帰りました。
fukui0194.jpg

サンダーバード、結構ゆれるんだね。


↓二日目の走行記録
IMG_2760_20160629035306609.jpg


IMG_2759.jpg


今回は予定していた目的地には全ていけましたし、天気も想像以上によく非常に満足いく旅行になりました。
いつもこうなるようしっかり計画を立てていきたいものです。

次は星を撮りに行こうかな。
7月3日あたりが新月になるので、何とか今週末の空が快晴になることを祈るばかりです。

40% - 2016.06.28 Tue


また膝が痛いな。
追い風で調子乗ってクルクル回した次の日に膝が痛くなる傾向にあるようです。
まぁ前に比べたら大したことない。
酷くなったらダイジョーブ博士のところにでも行こう。

「オーガッデム!マタシッパイネ!」

あれ成功率40%やって知ってた?
体感10%くらいやけどな。


…さて。
昨日はサンダーバードに揺られて帰宅したのが21時半くらいでした。
あんな揺れたっけ?

服やらの片付け、機材の後始末(充電など)、写真を外付けHDDにコピー、写真の選定をしている途中で落ちました。

今週中には記事を書けるように頑張ります。

しかし、家に帰ってから見てみると意図した通りに撮れているものと、そうでないものがあからさまにわかるね。
細工して撮ったのがかえって不細工な写真になったいたり(笑)
中々難しいものであります。

あと、本当に天気がよかったなぁって写真を見ながら思っていました。
一時的に雨には降られたけどそれ以外は一切降られることもなく、むしろ太陽が出ている時間の方が多かったですね。

さっきの話じゃないけど、一週間前は曇り40%やったからね。
劇的改善だっと思います。

ストロング梅雨の合間に2日続けて晴れさせてくれた神様に感謝。


今週末は新月になるので出来たら星を撮りに行きたいものです。
今のところ日曜は曇り時々晴れなのですが、日曜の夜から月曜の朝の間のみ晴れてくれればいいわけですからチャンスはあるかと。
夜着けばいいわけだからゆっくり寝られるしね。

奈良か兵庫か。
今からじっくり調べます。

本当に自転車に出会えてよかったって思う今日この頃。
まぁそのきっかけもネットの動画だったんだから、人生どこに出会いがあるかわからないものだよね^^


>>兼六くん
こ、怖くないからー(・_・;
ほ、ホントだよー。

真面目な話、俺が橋の写真を撮っているときに観光バスがきて、大量のジ○バ○がべちゃくちゃ喋りながら島に向かって行ったから行くのやめたんよ。
あの人たち雄島がどんなとこか知ってるのかな。
知らないのだろうな…(笑)

福井駅は…
あんな帰宅ラッシュ初めて見たわ。
二両編成やのに普通に座れる恐ろしさ。
車社会なんやね。

お陰様で色々と楽しめたわ。
情報サンクス。

帰宅します - 2016.06.27 Mon


今ようやく福井駅です。
帰宅のラッシュのはずやのに全然人がいないんだが…?
みんな遅くまで働く真面目な社員さんが多いのだろうか。

>>兼六くん
雄島は橋のところまで行って引き返したから回ってないねん。
普通にめっちゃ綺麗なところやったけどなぁ。

時間的にかなりキュウキュウやったから回れなくて残念。
決して怖いから行かなかったんじゃないよ、ホントだよ?(笑)

そうそう。
羽二重餅買いましたよ。
羽二重焼も買いました。

到着。 - 2016.06.27 Mon


ヘンなものが写ってませんように。

東尋坊なう。 - 2016.06.27 Mon



東尋坊にきたぜ。
赤い橋のかかった島は雄島でございます…
ヘンなもん写ってても責任はとりません。

おはようございます。 - 2016.06.27 Mon


厨温泉街の朝です。
今のところは天気いいです。
暑くなりそうや~
熱中症ならんようにせなあかんな。

>>兼六くん
俺は塩辛いのが好きなんやけど、お土産的には全然問題ないよ。
日持ちするかなー。
あと嵩張ると持って帰れないからそれだけかな。
他にもオススメあったら教えてね。

1日目の夜長に。 - 2016.06.26 Sun


丹南ケーブルテレビを見ながら布団に入って更新中です。

ローカルチャンネルいいよなぁ。
旅行行ったらいっつもこんなんばっか見てるわ。
ちなみにこの番組は単に丹南の街の風景が流れるだけです(笑)

本日の行程は予定通りに無事終えられました。
たらふく刺身も食って腹一杯です。

昼間は一瞬雨降ったけど、そのあとは晴れまくりでめっちゃ焼けました^^
1日雨とかじゃなくてホンマによかったわー。

明日は東尋坊に行って、余計なことはせずにすぐ引き返します。
写真撮るのなんか嫌やな…

とりあえず越前海岸をゆっくり見ながら走ります。
暇があればリアルタイム更新するんでまた見てやって下さいな。

>>兼六くん
いやぁもう。
雨降った瞬間に兼六くんのドヤ顔が目に浮かんだわ。
越前市に入った辺りで明らかに雲行きが怪しくなったからレーダーで調べて雨宿り出来たけど、文明の利器が無かったらびしょ濡れやったよ。
北陸恐るべし。

そのお菓子って甘いやつかな?
甘いのやったら会社用に買って帰ってもええかなぁって思ってます。

雨のちはれ - 2016.06.26 Sun


越前海岸なう。
めっちゃ晴れた~☆

曇り時々晴れ… - 2016.06.26 Sun



さすが北陸…
雨宿りなう。

とりあえず - 2016.06.26 Sun


起きられました。

敦賀まで2時間10分の旅の途中です。
新快速めっちゃ混むな。
サンダーバード乗ればよかった…

今滋賀県の安曇川駅のあたり。
ようやく座れたよ。
走る前なのに色々と疲れた(笑)

福井は朝まで雨が降っていたみたいですね。
湿度が高いから水分補給をちゃんとしなければ。

雄島(´・_・`) - 2016.06.25 Sat



>>兼六くん
ちゃんと返事くれてありがと。

めっちゃ天気悪いの?
天気予報曇り時々晴れになってるけどなんか不安になってきた。
まぁなんぼ雨降るっていうても俺がお宅に伺った時よりはマシでしょ?(笑)

トンネルは避けるルートを通行する予定です。普通に怖いもんねあっこらへん。
雨降ってトンネルとか○殺行為やが。

○殺行為といえば…
東尋坊は観光地なのか心霊スポットなのかよくわからなくなってきました。
検索しても怖いの一杯出てくるもん。
写真撮って帰ってきたら変なモンが写ってそうで怖いわ~
雄島も調べてみたけど凄いね。

赤い橋を渡ると下から手が出てくる?
左回りをすると死んでしまう?
島に入った途端に携帯の電源が切れた?

あー怖い怖い。
行かない。即決定。

とりあえず朱印のもらえそうな神社をピックアップしたので、そこを周りつつ越前の自然と戯れてきます。

おろし越前そば食べたいな…
10杯くらい食べたいな…


さて、以下本文(?)
明日は予め宿も取ってあるのでもう頑張って起きるしかありません。
眠いからやーめた、は通用しないんだ。

今夜定時で帰れればいいんだけどな…帰るか。


明日は敦賀まで新快速で行って、そこからは適当に走っていく予定です。
金ヶ崎宮、劔神社が明日のメインかな。
越前町の海辺の旅館まで行きます。
そして魚を食います(重要)

明後日は東尋坊まで越前海岸を北上してから雄島は見ずに福井方面に戻って市内の神社を散策してスーパー銭湯に入ってからサンダーバードで帰宅。

こんな予定です。
予算20000円ってとこか?
まぁ予定なんでコロコロ変わると思いますが。

神社もなんだけど、やっぱり越前海岸に行くわけだから海の写真を撮りたいな。
この時期の海は霞むからなぁ…どうやろ。

もうちょい調べます。

のんびり通勤中。 - 2016.06.24 Fri


4日連続電車遅延…
俺が通勤し始めてから最高記録ちゃうか。
困りました。

まぁ雨とか人身事故とかはJRの責任じゃないからね。
怒っても仕方ないのだ。

いつもの快速に乗れなかったから今日は各停で一時間半かけてノンビリ通勤中。

写真はいつもは止まらない武田尾駅からの風景です。
もはや秘境です(笑)


話は変わりまして。
今週末は福井に行くことにしました。
言うてることがコロコロ変わるのがいかにも俺らしい。

昨日の夜まで愛知に行くつもりだったんだけど、とある方の鶴の一声で福井になったのだよ。

「東海は冬でも行けるからね~」
この一言な。

今のところ26、27の天気は曇り時々晴れみたい。
このままであってくれれば越前海岸の夕日とかも見れそうな気がしてるんだけどな。

しかし25と28日は雨なので、雲の動きが1日早まるor遅れれば雨が降ってしまうわけですよ。

あー嫌な予感がするわ。
高木勇が先発するときよりも嫌な予感がする。

来週月曜の記事タイトルが、
「雨の越前海岸ツアーレポート」
にならないようにしてほしいものであります。


福井に行くのって多分2010年に金沢&新潟に行った時以来じゃないかな?

大阪に住んでいると近いようで遠くてなかなか行く機会がない場所だからね。
日帰りは厳しいし、かと言って泊まりで観光するとなると大それた気がするし。
中々行きにくい場所ではあります。

2010年に行った時は何も見ずにほぼスルーしただけだったけど、今回は何かインパクトのあるものが得られればいいな。

あん時の印象は
「めっちゃトンネルあって怖い~」
これだけやからな。

国道8号の敦賀→越前間は本当に怖かったよ。
上り+歩道なしはきつかった。
今回もあのルート通らないといけないかと思うとゾットするわ。
回避ルートを探そう。

ちなみに今回の一応のメイン目的地は越前市の「劔神社」です。
それ以外にも数社回れればいいなぁと。
で、温泉入って美味いもの食えたら幸せですわ。

東尋坊にも行きたいんだけどイマイチどんなところかわからず。
行く価値あるところなん?
おしえて、そこの兼六くん!

夏講の準備がひと段落した今日この頃。
越前の海を見ながらゆっくり出来たらいいなぁと思っております。

ストロング梅雨。 - 2016.06.22 Wed


毎日本当にどんよりした空模様だな。
こんなにちゃんと梅雨って雨降ったっけな…?
気温だけはやたら高いし(笑)
飲み物だけでも真夏の気分になっておきます。
やたら甘かったけどな。

なにやら九州ではものっそい雨が降っているようですね。
一時間に60ミリの雨が降ったというニュースを見たけど、一体どのくらいの雨なんだろうか。
きっと恐怖を感じるくらいの降り方なんだろうな。

去年職場にいる時に10分くらい真っ暗になって轟音と暴風と共に雨が降ったことがあったんだけど、あの時は本当に恐怖を感じたからなぁ。
あんなんが長い間続くと考えると恐ろしい。

自然相手のことなんで我々がどうにかすることは難しいけど、はよう収まってくれることを祈っております。
いつかまた阿蘇にも行きたい。
阿蘇山にも上らないといけないしね。

さて。
今週末は愛知か静岡にいこうかなと思ってます。
今のところ天気があんまりよくなさそうだから自然を見に行くようなところはパスかな。
どんよりした海とか曇った山とか写真とってもねぇ。
第一候補は小豆島だったんだけど、天気が悪いのでパスしました。

となると無機質な都会になるわけで。
岡山も距離的にはぴったりなんだけど何回か行ったから東海方面濃厚です。

愛知って近いけど意外と行ったの少ないんだよね。
別に田舎ってわけじゃないから自然を見に行くことはできないし、吹田から行くとなると新幹線使わないといけないしで意外とハードル高いんです。

愛知は意外と横にも縦にも広いので、どこを目的地にするか決めていかないとダメだよね。
それなりに社格の高い神社も多いし泊まるところも温泉も豊富だから逆に色々と悩んでおります。

知多半島や渥美半島をじっくり見てみたいし、浜松でうなぎも食べたいし。
浜松は静岡だけどね。
知多と渥美を行き来するなら船を使わないといけないし。

今日は比較的暇な日になりそうなんでゆっくり考えます。
以上、中身のない更新でございました(笑)

そいやたけし軍団にストロング金剛っておったよな。

いつもの休日 - 2016.06.20 Mon

>>兼六くん
早速のお返事ありがとぅ。
いや、ほんまドップリハマってしまいました。
俺の性格的にこうなることはわかっていたような気もするけどね。

ボディもレンズも両方交換か…予算オーバーしてしまうな(笑)

レンズは単焦点のレンズを持っていないから、一度買ってみようかなって思っています。
それかちょっといい標準ズームレンズか。
画質重視すると単焦点になるみたいやね。

新機種はEOS 80Dになりそうです。
買うかどうかは決めてないけど、たぶん買うと思います。たぶん、いや間違いなく…

またコメントくださいな。
首長くしてお待ちしております。


さて、以下私の今日の話。
今日はお休みだったので滋賀に行ってきました。

奈良の宇陀にするか滋賀にするか最後の最後まで考えたんだけど、奈良は距離的に遠いので出来れば二日かけて回りたいということで次回に回しました。

今日の目的地は滋賀県竜王町の苗村神社(なむらじんじゃ)です。
今日もかわらず神社です。ええ。

タダやし静かやし人殆どおらんし写真一杯取れるし御朱印もらえるし言うことない。


8時前にアラームをかけておいたんだけど家を出たのは9時過ぎ。
淀川のサイクリングロードを通って京都方面へ向かいます。

月曜日なのにロード乗りが結構いましたね。
ベテランの人もいたけど、俺くらいの年齢の人も結構いたな。
仕事が休みなのか、昼から仕事の人なのか。


さて、今日の目的地一つ目。
京都市伏見区の「城南宮」です。
shiga0038.jpg


そばを何度も通ったことはあったんだけど、行くのは初めてです。


国道1号から一筋入ったところなのでさぞかしうるさいだろうと思ったいたのですが、全くそんなことはなく神社らしい静寂がありました。
shiga0037.jpg


拝殿
shiga0034.jpg


本殿
shiga0035.jpg


神楽殿
shiga0036.jpg

無事朱印をいただき次の目的地へ。
※御朱印はフォト蔵に載せているので、ここでは省略します。あしからず。


京都市内を駆け抜けて国道1号を東へ。
山科、大津と二つの峠をそこそこの疲労を持ってクリアし、逢坂の関に到着。

ここは京都府と滋賀県のちょうど県境になります。


このように色々とここのことが書かれていたのですが、昔は越すだけで結構な難所だったみたいですね。
shiga0025.jpg

清少納言も歌に詠んでいるのだとか。


軽い昼食。
shiga0026.jpg


shiga0027.jpg

あんまり食欲なかったけどサラっと胃の中へ流れていきましたとさ。
チャーハンおにぎりっておいしいよな。


おにぎりにゼロって変な組み合わせだけどおいしいから仕方ない。
shiga0024.jpg


さて、再出発するとします。


現在位置はこの辺らしい。
shiga0028.jpg

画像がちっちゃくてちょっと見にくいかな?


自転車NAVI先生によると、目的地の苗村神社まではあと32kmちょい。
shiga0055.jpg

結構あるな…


大津市内を駆け抜けていきますが、いかんせん暑い。
30度くらいだったので気温的にはさほど高くないのですが、このくらいの気温で走るのが今年初なのでやはりきつかったです。


ローソンのウチカフェでクールダウン。
shiga0029.jpg


これそこそこいい値段するけど(約180円)おいしいんだよな。
shiga0030.jpg

この夏も何度かお世話になるんだろうな(笑)


十分に休息した後走り、草津市の立木神社(たちきじんじゃ)に到着。
shiga0046.jpg


shiga0044.jpg


ここもそばに大きな通りが通っているのですが、時々車の音が聞こえてくる程度でした。
shiga0043.jpg


拝殿
shiga0041.jpg


しかさん
shiga0039.jpg

京都の大原野神社に行ったときも狛犬ならぬ駒鹿がいたのですが、鹿さんもそういうお仕事をなさるんでしょうかね。


太陽をバックにした狛犬さん
shiga0040.jpg

狛犬さんを明るく写そうとすると太陽さんが消えるのでこれで狛犬さんには許してもらいます。


神楽殿
shiga0042.jpg


一通り見て御朱印をいただく。

家族経営(?)されている神社だと思うのですが、皆さん大変感じの良い方たちでした。


鼻歌歌いながらお掃除しているおばあちゃんがかわいかったです。
shiga0047.jpg


今日行った三社の中では俺はここが一番好みでした。
shiga0045.jpg


しかし暑いわ。
shiga0048.jpg

午前中は曇っていましたが、ここにいたときはかなりの快晴でした。



最後の目的地の苗村神社へいきます。
立木神社からは20kmくらい。


追い風にも乗ってスイスイと到着。
shiga0054.jpg


楼門
shiga0053.jpg


拝殿
shiga0050.jpg


お馬さんと楼門
shiga0052.jpg


ただ雲行きが怪しく雨が降りそうだったので、急いで参拝して朱印をもらって写真を撮って去りました。
shiga0051.jpg

もうちょっとじっくり見てまわりたかったけど仕方ない。


これで本日のミッションはコンプ。

温泉に入ってから帰ろうと思ったのですが、JRの駅の近くに温泉がないので今日は温泉を諦めて、近江八幡駅からさっさと帰りました。
温泉入らないと旅した気にならないので悲しかったですが、ないものねだりしてもね。


こんなサラっとした一日でした。
家でひっくり返っているよりはよっぽどいいでしょう。


本日の走行記録
shiga0032.jpg


shiga0033.jpg


明日から仕事ですが、今週は先週ほどは忙しくなさそう。
週末はちゃんと連休だしね。

どこ行くか考えながら一週間すごします^^

 - 2016.06.19 Sun



欲しくなってきた…
微妙に手がとどく金額なところがなんともむず痒い(笑)

ここまで見事にCanonさんの罠に嵌ろうとしてます。
最初からミドルクラス機を買えばいいものを、エントリー機から入ってのめり込み、すぐに買い換えたくなるという絵に描いたような規定路線を通っているわけですよ。

自転車もクロスバイクを買って、ちゃんと(?)ロードにステップアップという上記と同じことをしたにも関わらず学習しないんだよな。
俺らしいなぁ。

本当に近いうちに買いそうな気がする。
それも、夏休みが始まる直前に駆け込みで。
そして嬉しそうにブログにアップする未来が見える…

この二つの機種、今使ってるのより300~400gくらい重いのだけがネックなんだけど、この位の重さならまぁなんとか持ち運べてしまうんだよな。
いい写真を撮ることを重視するなら多少の肩こりケツコリは仕方ないのだ~

ここでシロウトらしい疑問なんだけど、ボディ(本体)を換えるのとレンズを換えるのってどっちが画質向上するのかな?

そりゃ「どっちも」
なんだろうけど…

教えてそこの兼六くん!

お返事&ビッグニュース(?) - 2016.06.16 Thu


ここ3日間であったホットニュース。
色々あるんだけど、一番のネタをご紹介。

俺はいつも神戸電鉄とかいうローカル路線に乗って通勤しているんだけど、オンボロで揺れまくり空調も窓を開けて下さい的な感じなんです。

利用客も決して多くなくて、いつ経営破綻してもおかしくないレベルみたいです。
車内に「乗らないと残りません!」って広告(?)が掲示されるくらいだからね。
順風満帆な経営とはお世辞にも言えない状態なんでしょう。

それがなんと。
今月から最新車両が投入されてまして。
オールLED液晶&照明にフカフカのシートなんです。
新車特有のあの匂いがたまらないー
新型に当たったらいつものダルい出勤も少しだけ楽しくなる気がします。

しかし一駅230円もする赤字路線の神鉄に新型が投入されるなんてどういうことなのか未だに理解しかねるんだけどね。

最後の大勝負なのか。
どっかのマハラジャが金をばら撒いていったのか。
実は儲かっていたのか(これはないな笑)
未だ謎であります。

写真は最新の6500系です。

以上、今週のビッグニュースでした。


「は?」


って声が聞こえてくるな…
気のせいか。


以下事務連絡です。
先日の御朱印に続いて今までの旅の写真の中から自分の気に入ったものをアップしました。

スライドショー形式でも見られますので是非一度見てやって下さい。
写真にコメントとか下さると嬉しくて唐揚げ食べるのを我慢できます。

アドレスは
http://photozou.jp/photo/album/3188869

です。


自分の写真管理のためにこのサイトを使い始めたのですが、他の方の写真が上手くて上手くて。
自分なんてただその辺の風景を記録しているにすぎないんだと改めて思いました。
少しでもいい「作品」と言える写真が撮れるようになりたいものです。

スタホでもそうでしたが、どうせやるからそれなりのものは得たいですからね。

周りで写真が趣味な人とかおられたら見ていただいて、アドバイスとか批評とかしてもらえると嬉しいです。


>>マー様
コメントのお返事が最後になってすみません。

写真をお褒めいただきありがとうございます。嬉しいです。
ここのところ↑の件で写真の整理をしていたのですが、新潟に行った時からすると少し上達したような気がしますが果たしてどうなんでしょ。
いい写真を撮るために大事なのは「めんどくさがらないこと」これのような気がする今日この頃です。

確かにゴール裏は怖いイメージがありますね。
殺気に満ち溢れているというか何というか(笑)
まったりできる場所を探してゆっくり見てみたいと思います。
今年中に吹田スタジアムにデビューしたいものです。

いつもコメントありがとうございます。
兼六くんもそうですが、見てくださる人がいると俄然書く気が起きます。
また遊びに来てくださいね。

ムヒは虫よけスプレーではない。 - 2016.06.13 Mon

朝起きたらやっぱり雨…ということでがっつり寝てしまいました。
本当に今年の梅雨はちゃんと雨降るなぁ。

そのままじゃまた怠惰な一日を過ごすことになるので、夕方から少しばかりお出かけしてきました。
遠くでもなくいつもの舞洲。

家から往復50kmくらいなんで軽い運動にものすごくいい距離なんですよね。
大阪とは思えないくらい静かやし…っていつも同じこと言ってるな(笑)


夕方になると日も差してきました。
IMG_7233.jpg

雲間から槍の如く光がさしておるな。


いつもの舞洲展望台に到着。
IMG_7244.jpg

たいてい一人なんですが、今日はミラーレスを持ったおにいちゃんとチャリで来たと思われるお姉さんがいました。


雲が邪魔になって中々太陽は見えなかったな。
IMG_7236.jpg


明石海峡大橋もなんか控えめなオレンジ色です。
IMG_7237.jpg


青色とオレンジの混ざる夕方らしい写真かな。
IMG_7241.jpg


この後ミラーレスのお兄ちゃんとちょっとだけ会話したんだけど、
ホワイトバランスの設定を変えると雲が燃えているみたいで面白い写真が撮れると教えてくれました。


言われた通りに設定して撮ってみる。
IMG_7245.jpg

なるほど…たしかに真っ赤だ。
焚き火の灰が上に上がっているように見えなくも無いな。


いいこと教えてもらった☆
IMG_7252.jpg


お月様も顔を出してきました。
IMG_7247r.jpg

手持ちで撮ったのでブレブレやな^^


さて、帰路に就くとします。
舞洲と本土(笑)を結ぶ常吉大橋の上でまた写真タイム。

この奥の建物は大阪市舞洲スラッジセンター。
IMG_7259.jpg

簡単に言うと汚泥処理施設です。
およそそういう建物と思えないデザインだよね。


段々と暗くなってくる。
IMG_7262.jpg

お月様にピントを合わせたら街灯がボケボケ。


この柵の後ろは六甲山方面。
IMG_7264.jpg

明日からまたあの山の向こうに仕事…これもいつも同じこと言っているな。


反対側には此花大橋とUSJの観覧車。
IMG_7266.jpg


また少し走って、これはいつもの阪神高速5号湾岸線。
IMG_7269.jpg


偶然飛行機が写ってた。
IMG_7271.jpg

伊丹空港も割と近くなんです。


このまま帰るのもアレなんで、矢倉緑地に寄り道。
誰もいない海のそばでコソコソと撮影。不審者と思われても仕方ないレベル(笑)


大阪の中心部。
IMG_7283.jpg


もう少し暗めにして撮ってみる。
IMG_7285.jpg

ほぼ真っ暗やん(笑)
三脚がないのでこれ以上シャッタースピードを落とせなかった。


せっかくなので自転車も一緒に。
IMG_7296.jpg

殆どみえへんけど…


USJの観覧車(トリミングして寄ってます)
IMG_7305r.jpg

ブレブレ…

夜景の撮影はやっぱり三脚が要りますね。
ISO感度上げて撮れば撮れないことはないんだけど、俺のカメラではノイズがひどすぎてみる気になりません(笑)
ということはシャッタースピード落としてちゃんと撮らないとダメだよね。

また一つ勉強になりました。


そうそう。
昨日蚊に咬まれまくったから、今日は先に皮膚にムヒを塗る作戦で行ったけど普通に咬まれました。
あくまでムヒは咬まれてから使うもののようです。

「当たり前やろ」

という声が聞こえてくる気がする。


本日のまったり走行記録。
IMG_2727_201606132245270a9.jpg

IMG_2728_20160613224529cf0.jpg


さて明日から仕事だす。
今週はテスト前につき日曜も出勤なのだ…ふぅ。

夏休みのことでも考えながら寝よう^^

THE AJISAI SHOW - 2016.06.13 Mon

休みなのに更新しないとは何事だ!!と怒られそうなので更新します。

今日は天気予報どおりに雨でした。
今年の梅雨はちゃんと(?)雨が降るみたいですね。

去年とかあんまり雨降ってた記憶がないんだけどな。


去年の6月はようけ旅行に行ったような…気のせいか?
龍神温泉よかったなぁ…また行きたいなぁ…来週は仕事だしなぁ…


さてさて。

俺の家の裏には線路が通っているんだけど、ここ2年くらいの間で線路沿いがえらいきれいに舗装されたんですよ。
自転車も通れない歩行者専用の道なんですが、それはそれは立派な舗装路でして。

あじさいが物凄くきれいに咲いているという情報を母から得たので、先週の木曜日にお散歩してきました。
今日も雨の中少しだけ歩いてきたので、その二日分を合わせて記事にしてみますね。


まぁそれはそれは見事なあじさいさんでした。
あじさい園に\を払って行かなくてもいいやって思うような咲きっぷりでしたよ。

カタツムリさんに会えなかったのだけが残念だったかな^^


パシャパシャ撮ってたら120枚くらい撮っていたみたいです。
ホンマ俺って凝り性で困る。

俺にも花を愛でる気持ちくらいはあるということでしょうか…


以下アジサイショーです。
俺のコメントがウザい人は写真だけみてください(笑)


スタンダードな赤色。
AJIS0002.jpg


しぶい青色。淡谷のり子先生的なイメージ。
AJIS0001.jpg


ハルジオンでしょうか。いい脇役になってくれています。
AJIS0003.jpg


薄めの紫、控えめな主張ですな。
AJIS0004.jpg


ガクアジサイって面白い形してるよなぁ。
AJIS0005.jpg

同じアジサイなのかなって思うくらい個性があるな。


この色の組み合わせ、ものすごく頭のよさそうに見えるのは俺だけ?(笑)
AJIS0006.jpg


このトゲトゲさんは、アメリカオニアザミという名前のようです。
AJIS0007.jpg

トゲトゲスゲー。


寄ってみました。
AJIS0008.jpg


気がつけば寄って撮ってしまっていたので、このくらいの距離の写真があまりないんですよね。
AJIS0009.jpg

ワンパターンというかなんというか。


奥に行くに従って色が明るくなっているような気がする。
AJIS0010.jpg



こんな風に密集しています。
AJIS0011.jpg



清楚な白色。DQ5でいうとフローラやな。
AJIS0012.jpg

本当にいろんな色があるなぁと。


かわいらしい色でしょ?
AJIS0013.jpg

おこちゃまっぽいイメージやけどこれはこれでかわいい。


こんな風に整備された道なんですが、あじさいの写真だけ見たらとてもそうは思えないでしょうね。
AJIS0014.jpg


歩いても歩いてもきれいに咲いているので、ついつい引き返すのを忘れて歩いてしまいます^^
AJIS0015.jpg


こんだけいっぱい咲いていたらどう撮っていいものか困ってしまいますよ。
AJIS0016.jpg

AJIS0017.jpg


トイレや水のみ場も随所にあって、本当にいい道になっています。
AJIS0018.jpg

こんだけ木が茂っていたら虫さんとかも沢山すめそうやな。


気がつけばお隣のJR岸辺駅まで来ていました。
AJIS0019.jpg

2.5kmくらいあるはずですがとてもそうは感じなかった。
しかしいつの間にこんな立派な駅になったのかと。


ここらで引き返します。


あじさいの後ろには機関車。
AJIS0020.jpg

このくらい近くを電車が走っています。


俺の家は写真奥のバカでかいビルのふもとです。
AJIS0021.jpg

こうやって見ると結構歩いてきたって思うね。


ヒメアカタテハかな。
AJIS0022.jpg

俺が小さいときはこんなの沢山いたと思うんだけど、久しぶりに見てなんか嬉しかった。


アオアゲハさん。
AJIS0023.jpg

小さいときよく捕まえたものです。
動きが速いから中々捕まえられないんですよね。


家を出たときは曇っていたんだけど、随分日が照ってきました。
AJIS0024.jpg

日を浴びるとアジサイさんもぜんぜん印象が違うね。
アジサイはちょっと暗めのほうが味が出ると思うんだけど、俺だけかな。


パッと花だけ見たらバラやゼラニウムに見えないこともないような。
AJIS0025.jpg

そのくらいの眩しい赤色です。


随分家のほうに戻ってきました。
AJIS0026.jpg


さて、ここからは本日撮った写真。
雨にぬれるアジサイを取ることがテーマだったんですが、果たして。


傘を持ちながらの撮影は中々難しいです。
AJIS0027.jpg


拡大すると水滴がよくわかるんだけど、ブログにのっけているサイズではどうかなぁ。
AJIS0029.jpg

AJIS0030.jpg


この色めっちゃかっこよくないですかね。
AJIS0031.jpg

「オトナのあじさい」みたいな(←は?)


この写真が今日撮った中では一番好きかな。
AJIS0032.jpg

雨が降っていたことをちゃんと伝えられる一枚になった気がする。


明るさの補正をかけて取ってみた。
AJIS0028.jpg

花は白くなるけど、葉っぱの緑が鮮やかでこれはこれでいいかも。


今日は意気込んで写真を沢山撮るつもりだったんですが、蚊の格好の餌食になってしまい早々に退散しました。
何度もいうけど本当に虫除け買わないとな。


いかがでしたでしょうか。

最初はすごく新鮮だったんですが、同じものを撮り続けるとすぐに構図や設定の引き出しがなくなってしまい同じような写真ばかりになってしまいました。
この辺は勉強しかないでしょうね。

もうちょっとこうやって撮ったらいいよ、とかアドバイスあったら教えてくださいね。


さて。

せっかく写真を撮っているので写真投稿サイトに登録してみました。
これまでの旅行写真とかからピックアップして載せてみようと思います。

御朱印画像も見やすい形でまとめてみたので、ぜひ一度チェックしてみてください。


アドレスは…
http://photozou.jp/photo/album/3188869

です。

今後ともごひいきに☆

吹田市民ですが。 - 2016.06.11 Sat


今週は3回も休んだせいか中々リズムがつかめません(笑)
疲れているのかいないのかあんまり眠れないしな。

今日出勤したらまた明日明後日はお休み。
しかし雨なのでどこも行けなさそう。
屋内でいい撮影スポットとかあればいいんだけどね。
今一つ思いついたけど行くかどうかは微妙です。

そういえばこの前のキリンカップは吹田スタジアムでやっていたんですね。
吉野からの帰りの電車で青色のユニフォームを着ている子をたくさん見たんですが、彼らはあれから応援に行くところだったと家に帰ってテレビを点けてからわかりましたわ。

なにやらクラブワールドカップ?も吹田スタジアムで開催されるとか。
俺とて吹田市民の端くれ。
一度くらい行かないとダメだね。

家から7kmちょいしかない場所に世界のトップ選手が来るってなんか不思議な感じがするな。
ぜひ見に行きたいわ。

でも何かサッカー観戦ってハードル高いんだよな。
みんなで大声張り上げて跳んでるイメージがあって…

ひたすら写真ばっかり撮ってたら睨まれそうな気がする。
俺の思い込みかな(笑)
詳しい方、教えて下さい。

梅雨の吉野路体験ツアー - 2016.06.09 Thu

「せっかくの平日の連休だからどこか行かないともったいない!!」
そう思いたって行った小旅行の記録です。


本当は朝5時台に起きようと思っていたんだけど、起きたら6時半くらい。
吹田から大阪間はものすごく電車が混むので、この時間に自転車持って乗ったらたいそう迷惑であることは明白。

仕方ないので9時過ぎに出発することにして二度寝zzz…
まぁ睡眠明らかに足りてなかったしちょうどよかったかな。


9時過ぎに吹田発。
大阪駅で環状線に乗り換えて天王寺へ。
天王寺から徒歩で近鉄阿部野橋駅へ移動し、吉野行きの近鉄特急に乗る。

阿部野橋と天王寺があんなに近いって知らなかった。


こちらが近鉄特急さん。
yoshino0001.jpg


吉野まで片道970円+特急料金510円。
yoshino0003.jpg

本当に安くて驚く。


この通り内装も非常にきれい。
yoshino0002.jpg


のんびりと車窓を見ているとあっという間に吉野に到着。
yoshino0004.jpg

この吉野駅の造りも明らかに吉野神宮を意識したデザインだよね。


ケーブルカーに乗り換えて吉野山頂へ行く…
yoshino0005.jpg

つもりだったけど止めました。


折角ここまで来たのだから、自分の足で上ろうという判断です。
さっさとチャリを組み立てます。

そばにいたお兄さんが非常に興味深そうに俺がチャリを組むのを見ていました。


準備完了。
yoshino0006.jpg

さぁ頑張ってこぐよ。


なんて思ったのですが、最初の目的地の吉野神宮は進行方向と逆にあることに気づく。


一駅分逆走して吉野神宮に到着。
yoshino0017.jpg


ご祭神は後醍醐天皇。
yoshino0008.jpg


鎌倉幕府を倒し天皇中心の政治をしようとしたものの、足利尊氏の裏切りにあい京都を追われ、
逃げ込んだのがこの吉野であるのは非常に有名な話です。
yoshino0012.jpg


私以外に参拝客もおらず、広い広い境内を独り占め。
yoshino0009.jpg


なんかシックなデザインだよね。
yoshino0010.jpg


天気もまずまず良い感じ。
yoshino0011.jpg


明日は雨みたいなのがちょっと心配だけど今日はなんとかなりそうだ。
yoshino0013.jpg

無愛想な神職の方に御朱印をいただき去ります。


しかし広くて開放的なところでした。
yoshino0007.jpg


狛犬さんは何を考えているのでしょうか。
yoshino0014.jpg


一度お茶でも飲みながら話し相手になってあげたい。
yoshino0015.jpg


新緑からは少し過ぎていますが、緑が本当にきれいでした。
yoshino0016.jpg

濃い緑色も中々いいものですね。
こんな立派な神社を作ってもらえたら後醍醐天皇さんもさぞ嬉しいことでしょう。


ここからしばらくきつい坂を上り、いよいよ吉野山の上のほうに来た模様。
yoshino0019.jpg

吉野山は標高こそさほど高くないものに、道は強烈に傾斜がきついです。


あっという間にこのような風景に。
yoshino0018.jpg


あじさいを見ながら県道15号を行きます。
yoshino0020.jpg

このあじさいは緑色なのかな。
yoshino0021.jpg


二つ目の目的地、吉水神社に到着。
yoshino0027.jpg

世界遺産に登録されている神社です。
ここの朱印の字は立派なのでぜひ参拝したかったんですよ。


神社に行くとよくこのドラゴンの手水舎があるけど、竜にする意味ってあるのかな。
yoshino0022.jpg


カラーの後ろのオレンジ色は鯉さんです。
yoshino0023.jpg

ちょっとぼかしすぎたね(笑)


こちらが拝殿。
yoshino0024.jpg

となりの建物が工事中で大変残念でした。

この前の伊曽野神社といい、去年の玉前神社といい工事によく遭遇するな。
まぁこれも風景としましょうか。


「咲」とかいう麻雀の漫画の舞台?らしく、その痛絵馬がえらいようけありました。
yoshino0025.jpg

フタバにいたヤキトリ君がこの漫画めっちゃ好きやったな。
元気にしてるんだろうか…


無事御朱印をいただき、去ります。


この景色は桜の季節には驚くほどの桃色に変わるらしい。
yoshino0026.jpg

人が多くて大変だとは思うけど、一度その時期にも来てみたいね。


さて、次の目的地はこれまた世界遺産の吉野水分神社。
ただ事前調査によるとものすごい坂の上にあるようだったので、自転車を停めて2キロほど歩きます。


喉が渇いたのでジンジャーでも。
yoshino0028.jpg

ゴクゴクと飲んでいると足首の辺りを虻に刺されてしまう。
明らかに「チクッ」としたのでとっさにジンジャーのペットボトルで足首をしばいたら地面に虻が落ちて悶えていました。


道路の左右にはお店や寺院が沢山あります。
yoshino0029.jpg


宗教を中心に栄えてきて、観光地になったのがよくわかります。
yoshino0030.jpg


この後20分ほどとんでもない坂道を歩かされました。
本当に恐ろしいほどの斜度の道が延々と続き足への負担もかなりのものに。

ようやく後300mのところまで来ました。
yoshino0031.jpg


この写真で見るとさほどでもないけど、本当に恐ろしいくらいきついんだから。
yoshino0032.jpg

疑っている人、一度上ってみなさい。


やっとの思いで吉野水分神社に到着。

参拝前にそばにあった自販機で水を購入。
yoshino0033.jpg


朱塗りがはげかかっているのが味があるな。
yoshino0038.jpg

コッテコテにペンキで塗ってあるのよりこっちのほうがいいや。


ちなみに水分と書いて、「みくまり」と読みます。
yoshino0036.jpg


こちらがたぶん本殿。
yoshino0035.jpg

なんかつながっていてどこに拝めばいいのかちょっとわかりにくいね。


ツツジを目当てにちょうちょが来ていました。
yoshino0034.jpg

クロアゲハかな。

奥のほうがボケてるし、うまいこと撮れているのではないか。
と自己満足してみます。


手水舎。
yoshino0037.jpg

ここはドラゴンじゃないな。
タルみたいな入れ物がいいね。


存分に写真を撮って後は朱印をいただくのみなのですが、困ったことに神職の人が誰もおらず。
しかしウロウロしているとなんかそれっぽい人がいたので声をかけたらやっぱり神職の人でした。

無事御朱印ゲット。

御朱印をもらうのを諦めて帰って行った人が何人かいました。
ダメ元で聞いてみてよかったわ。


来た道を歩いて自転車のところへ戻ります。
下りなので息が切れたりはしないけど、一歩一歩足の裏が痛いくらいの下り坂です。


展望台らしきところがあったのでよってみる。
yoshino0040.jpg

こんな高いところまで来ていたみたいです。
ちなみにこの辺りの標高は600mくらいです。


山の尾根のようなところに道があって、そこに沿うように家が並んでいて、その道をたどっていくと寺院があります。
yoshino0039.jpg

まさに「宗教都市」という感じでしょうか。


きれいな紫陽花さんを見つけたのでつい足が止まる。

下から見上げる感じで撮ってみる。
yoshino0042.jpg


逆に上から寄って一枚。
yoshino0041.jpg

そういえばこの写真を撮っているときにもブンブン虻が飛び回っていたな。
本当に虫よけの強烈なやつを買わないとまたやられそうだ。

俺は肌が弱いので一度噛まれると長いこと痕が残るしな。


カラーとなんか紫色の花。
yoshino0043.jpg

緑に明るさがあったらしく、カラーが白く飛ぶ寸前だね。


自転車のところに戻ってきました。
yoshino0044.jpg

行きは約30分の上り坂、帰りは10分くらいで降りてきたような気がします。


後は本日の宿のある天川村へ向かうだけ。
残りの距離は約35kmくらいだったはず。


ちゃんと水分を補給。
yoshino0045.jpg

ちょっと甘いんだよねこれ。


黒滝村に入りました。
yoshino0046.jpg

この辺りはしばらくきつめの上りでした。
すぐに水分が尽きます。


黒滝村の中心部辺りみたい。
yoshino0047.jpg

この看板をまっすぐに進めば最短(15kmくらい)で目的地の天川村の洞川温泉にいけるんだけど、ものっそい坂道があるみたいなので迂回します。

この看板で言うと右側のほうへ進みます。
迂回ルートだと25kmくらいあるけど、激坂ルートよりはいいや。


黒滝・森物語村という施設らしい。
yoshino0048.jpg

最近リニューアルしたところなんだって。

今調べてみたんだけど、キャンプとかバーベキューとか出来る施設みたいですね。


迂回平坦ルートもここらで終了。
yoshino0049.jpg

天川方面へ向かいます。

ここから宿までの15kmくらいは基本的に上りです。
チェックインの時間までまだまだ余裕もあるし、ゆっくりまったり上っていきます。


これは新笠木トンネル。
yoshino0050.jpg

トンネル内は基本的に平坦なことが多いんだけど、ここは少し上っていたかな。
上り+1693mだったので結構気をつかいます。


ようやく抜けてホッとしたのもつかの間。

続いて新河合トンネル。
yoshino0051.jpg

なんと2751メートルもありました…
こっちは平坦なので何ら問題なく通行できましたがトンネルはやはり怖い。

車を運転している人にも迷惑かかってしまうからね。
今回は比較的交通量が少なかったので良かったですが。


今までで一番怖かったトンネルは、国道148号の小谷→糸魚川間にあった、大所トンネルです。

交通量がハンパないこと+道に凍結防止用の溝が入っていてスリップしないように必死でした。
タイヤの細いロードバイクには、あの溝は本当に恐怖なんです。


その次は新笹子トンネルかな。
単純に距離が長い(2953m)上に、甲府から東京へ抜ける主要国道の20号だから物凄い交通量も多い。

こういったトンネルを走っているときは緊張の極地にあります。
一瞬の気の緩みが死亡事故に繋がるって本当に思いますよ。

とはいえ日本の国土の4分の3は山だから、基本的にどこ走っても山にあたります。
これからも安全第一で行きたいものです。


さて。
関係ない話をしているうちに天川村に着いていたみたいです。
yoshino0052.jpg

いい名前の村でしょ?


気温21度。
yoshino0053.jpg

非常に涼しい、というか寒いくらいでした。


本当にコイツには色々なところに連れて行ってもらっているな。
yoshino0054.jpg

事故もないし、本当に良く走ってくれるよ。


この辺りが天川村の中心部らしいです。
yoshino0055.jpg

宿はもう少し先の洞川温泉にあるので、後6kmくらい走ります。

ここからしばらくは激坂ゾーン。


ウネウネと九十九折りの道を上がり、洞川温泉に到着。
yoshino0056.jpg

洞川と書いて、「どろかわ」と読みます。
普通に読めない。

今日のお宿には温泉が無いので、先に温泉によっていきます。


村営だか県営だかしらないけど、日帰りの洞川温泉です。
yoshino0057.jpg


あまりトロトロしていなくてさっぱりした温泉でした。
熱くなかったので一時間くらい入っていたな。

良いお湯でございました。


一日走って温泉に入ったときの心地よさときたらそれはもう。
温泉に入ることでまったりモードに切り替えられるのもいいな。


風呂上りに三ツ矢サイダー。
yoshino0058.jpg

今日も沢山飲み物をかいました。


宿まで残り1kmちょい。
トロトロと走っていきます。


こちらは洞川温泉街。
yoshino0059.jpg

温泉街らしい雰囲気。
ゆっくりと歩いて回ったら面白いだろうな。


本日のお宿「彰武(しょうぶ)」に到着。
yoshino0060.jpg

ここ、一階が中華料理屋で、二階がお宿になっているという面白構成。

自転車は倉庫に入れてもらいました。


こちらが二階のお部屋。
yoshino0061.jpg

普通に広い。いいお部屋です。


空腹の極みなので晩御飯をいただきます。


ここはメニューにあるものを何でも好きなように注文できるシステム。
yoshino0062.jpg

いわゆる「食べ放題」です。
一品一品の量は少しずつにしてくれるらしいので、とりあえず沢山頼んでみる。


まずは

餃子
鳥のから揚げ
マーボー豆腐
酢豚

を注文。


最初に餃子が到着。
yoshino0063.jpg

普通においしい。


マスター「色々と盛り合わせてみました^^」
yoshino0064.jpg

どれも揚げたての作りたてなので非常においしい。
野菜が多いのもうれしいよね。


マーボー豆腐。
yoshino0065.jpg

これ、明らかにハーフサイズじゃないよね?
ものっそいおいしいんだけど、ものっそい熱かった(笑)

いよいよ腹一杯になってきた。
さすがの俺もマーボーフルサイズは中々腹に来る。


最後にチャーハンを頼みます。
yoshino0066.jpg

マスター「ラーメンとか、麺類はいいですか?」
もうムリです(笑)

チャーハンは優しい味でおいしかったな。
こんだけ食ったけど、それでもスルッと胃の中に入っていきましたとさ。


一日目の走行記録
IMG_2724_201606091723509a3.jpg


IMG_2723.jpg



翌日。
朝飯は予約していなかったので、早朝に出発。


近くにあった商店。
yoshino0067.jpg

ローソンに訴えられたら普通に負けるやろこれ。


天河大弁財天社に到着。
yoshino0071.jpg


「天川村」という名前の由来となった神社だそうです。
yoshino0072.jpg

わざわざ天川村に来たのはここに来たかったからです。


まだ朝の7時過ぎだったのに、結構人がいて驚き。
yoshino0070.jpg


神職の方たちは一生懸命働いていました。
yoshino0069.jpg


なんかブレているな。
yoshino0073.jpg


yoshino0074.jpg

やはり暗いところで撮るときは手持ちじゃなくて三脚使うか、地面に置いてとるべきだね。


こっちは明るすぎるような…
yoshino0068.jpg

写真って難しいな。


この後御朱印をもらったのですが、俺が社務所に並んでいると、

全国一宮御朱印帳にここの朱印を書いてもらったり、(この神社は一宮ではない)
寺と神社を同じ朱印帳に書いてもらっていたりしている人がいました。


両方とも明らかにニワカであろうおばちゃん二人。
俺も詳しい人からすればニワカであるとは思うんだけど、ニワカだろうと何だろうと最低限のマナーってあると思うんだよな。

一宮御朱印帳に書いてもらうのはともかくとして、寺と神社が同じってのはなかろう。

しかもその人、冊子の右から寺、逆から神社の朱印を書いてもらっていました。
本当にスタンプラリーとしてしか考えていないんだろうな。


寺は先祖の魂を祭り、供養するところ。
神社は神様が住まうところ。

宗教的にも仏教と神道とは違うものです。

朱印は仰々しい言い方をすれば、神様や仏様に会いに行った証です。
神札やお守りと同じ扱いをするのが本当なのに、逆向きにするってどういうこと?

お前は神棚を床に置くのかっていいたい。


岡山の足高神社に行ったときに神社のおばちゃんが御朱印をもらうときのマナーやルールについておっしゃっていましたが、そういう言葉が出てくるということはマナーを知らない人がいくらかいるってことなんでしょうね。


「御朱印ブーム」とか「御朱印女子」という言葉を聞くといい気はしない今日この頃です。
閉鎖的といわれるかもしれませんが、俺は昔から続けている人に失礼のないようにしてほしいと思うし、俺もそうしたいと思います。

いやいややっているわけではなくて、自ら進んで趣味でやっているわけですからね。


すみません、ちょっと熱くなりました(笑)


つばめさんでも見て癒されましょう。
yoshino0075.jpg

いっぱいいてかわいかった。

野球のほうのツバメさんは結構苦労しているみたいですね。
ピッチャーきついもんなぁ…


さてこの後どこへ行こうかと考える。

天気がよければ高野山に行こうと思っていたのですが、どう考えても昼からは雨が降りそう。
じっくり観光も出来なさそうなので、近くのみたらい渓谷を見てから家路につくことに。


村道を3kmほど走ってみたらい渓谷に到着。
自転車を入り口において散策開始。


お水の大変きれいなところのようです。
yoshino0076.jpg


この写真一見すると川原の石みたいですが、普通に水の中です。
yoshino0078.jpg

透き通ってて本当にきれいでした。


みたらい渓谷はちゃんと歩道が整備されているので、少しだけ歩いてみます。
yoshino0092.jpg


水のきれいさで言えば青森の奥入瀬渓流よりもきれいだったな。
yoshino0080.jpg


yoshino0081.jpg


あまごさんでしょうか。
yoshino0082.jpg

もうちょっと寄って撮りたいけど、怖がってすぐに逃げてしまうんですよね。


上流独特のごつごつした大きな岩です。
yoshino0077.jpg


葉っぱの緑と岩の白の対象が中々。
yoshino0084.jpg


yoshino0083.jpg


一番上の滝の辺りに来ました。
yoshino0085.jpg

遊歩道はもうちょっと続いていたみたいだけど、どこまでもいけそうなのでやめました。


しかしきれいなところだ。
yoshino0086.jpg


こんな階段を上っていきます。
yoshino0087.jpg


階段になっているけど、結構傾斜は急かも。
yoshino0088.jpg


頭は打ちませんでしたが背中を折って屈んだら背負っていたリュックが岩に直撃しました(笑)
yoshino0089.jpg


自転車は遠くでお留守番。
yoshino0090.jpg


このくらいしっかりした歩道だと怖くないんだけどね。
yoshino0091.jpg


この写真、ファインダーを覗かずにカメラだけ出して撮っています。
yoshino0093.jpg

だって怖いんだもん。


この橋つり橋なのかわかりませんが、コンクリなのに普通にゆれます。
yoshino0094.jpg

俺一人歩いただけでゆれるから、混雑時はどうなるのかと思う。


水面によってみる。
yoshino0096.jpg


yoshino0097.jpg

この2枚は地面スレスレにカメラを寄せて撮りました。
別にファインダーを覗かなくてもシャッターは切れるもんね。


スローシャッターで撮ってみました。
yoshino0098.jpg


「シャッター速度優先モード」というのの使い方が少しだけわかった気がする。
yoshino0099.jpg

同じ流れる水でも、さっきの滝の写真とはぜんぜん違うでしょ?
個人的にはこっちのほうが好きかな。

まぁ一つの滝でも色々な撮り方をしておいて、後でよいものを採用すればいいのでしょうね。
ますます写真を撮るのに時間を使いそうです。


本当に水がきれいだ。
yoshino0100.jpg

足を入れたら冷たいんだろうな~


スタート地点に戻ってきました。
yoshino0101.jpg


天川村の村営放送でバックにこの渓谷が映っていたのですが、なるほど誇るだけのことはあります。
yoshino0095.jpg

一応それと同じであろう構図で撮ってみました。
秋の紅葉シーズンとかびっくりするくらいきれいなんだろうな。


天候もあってあまり天川村を観光することができなかったけどまたすぐに来られる場所だからね。
次もあの中華料理屋にお世話になろう^^


中華料理屋といえば、前日の中華料理がそろそろ脱出しそうだったので渓谷のそばにあったトイレを使用。
yoshino0102.jpg

ものすごくきれいで最新鋭のトイレだったんだけど、俺の苦手な大きいクモさんがいて恐怖。
和歌山の奇絶峡のそばのトイレに入ったときも同じ種類のクモさんがいました。

やつらは本当に何もしないんだけど、俺が一方的に怖がっているんだよな。


さて、後はノンビリ家に帰ろうと思っていたのですが、ポツポツと雨が降り出す。
いつもなら雨雲レーダーで雨の状況を調べるのですが、電波が非常に悪い。


とうとう圏外になってしまう。
IMG_2718.jpg

自分のいる場所だけはGPSで把握できるけど、ここから先の道の状況(傾斜)が読めないのでペース配分が出来ず非常に走りにくい。


止まっていても仕方ないので、とりあえず国道309号を東へ進みます。
なんしか駅かバス停にいかないことには家に帰れない(笑)

309号は国道といえるのかどうか妖しいレベルの舗装と道の細さでしたが…


そのお詫び(?)でしょうか、風景は非常に良かったです。
yoshino0103.jpg

川迫川という小さい川の横を通るのですが、上から見える水が本当にきれい。


熱帯魚の水槽かと思わせるほどの透き通った青い水でした。
yoshino0104.jpg


この後徐々に雨が強くなり焦る。
足元をよく見ずにこいでいると、ドーンと路面のクラック(ヒビ)に後輪を落とす。


「やべぇ…」と思っていると、やっぱり後輪がパンクしてました。
yoshino0105.jpg

雨に追いかけられることから焦って修理しましたが、驚くほど早く修理できました。
火事場の馬鹿力ってやつ?(笑)


再出発するものの、雨は止む気配もない。
小粒の雨だけど、ずっと降るので段々と服にしみてきて気持ち悪い。


雨の中坂道をひたすら漕いでは休み、ようやく峠に到着。
yoshino0106.jpg

このトンネルの写真を撮っているとここにある駐車場のおじさんが出てきたので、ここから先は下りかとたずねるとそうだとのこと。

これでとりあえず一安心。
後は事故の無いように慎重に下るだけです。


そういえばこのトンネル、1151mもあるくせに一切照明がありません。
今検索したら心霊スポットだとか何とか。


ここからしばらく写真はありません。(一枚でもいいから撮っておけばよかった…)

「ナメゴ谷」とかいううねった道をひたすらゆっくり下ります。

雨でホイールがぬれていてブレーキが利きにくくなっているので尚更スピードは抑え目に。
ずっとブレーキをかけながら下る感じでした。


家に帰ってから調べてみるとさっきのトンネル地点の標高は1200m弱あったようです。
いつの間にかそんなところまで上っていたとは…

そのときはただ早く電波の通じる安全なところへ降りたいという気持ちだけだったので標高のことなど思いもしませんでしたね。


随分と下って久しぶりの青看板登場。
yoshino0107.jpg

ようやくこの酷道309号ともお別れのようです。
コンデジが曇ってて写真がボケてるけど許してください(笑)


ようやく国道169号に合流。
yoshino0108.jpg

R169は走ったことのある道なので、なんか物凄い安心した記憶があります。


ここから4km弱きつめの上り。
緊張から解放されたせいかお気楽に上れました。


このトンネルから先はずっと下り。
yoshino0109.jpg

ループ橋とかもあってちょっと緊張。


トンネルを二つほど抜けたところで休憩。
yoshino0110.jpg

久しぶりの自販機でようやく本日初の水分補給(すでに12時過ぎ)
名前の通り一気に飲んでしまいました^^


しかしこれが山道だったら俺水分不足で死んでるよな。
先のことを考えて一本余計に買って背中に背負うくらいの気持ちで行かないといつか脱水症状になりそうな気がする。

虫除けスプレーと軽量魔法瓶を夏までに購入しなければ。


大台ケ原も近いんですよね。
yoshino0111.jpg

いつか行ってみたいけど、今の俺の脚じゃムリかな。
斜度10%を超えるような坂もあるとかなんとか。

その上大台ケ原は日本で一番雨が多い場所だから天候の面でも非常に怖いです。
まぁ一度は行こう。


ようやく電波が入ったので、近鉄大和上市駅までのルートを検索してみる。
IMG_2719_20160609172339fdb.jpg


後は殆ど下りの模様^^
IMG_2720.jpg

しかしこのアプリ本当に優秀なんだよな。
これが無かったら俺走れないと言っても過言ではないくらい頼ってます。

「後どのくらい走れば下りになる」とか、
「このルートよりこっちのほうが上りが少なくて済む」とか
出先で即座に情報が得られるのがありがたい。


yoshino0112.jpg

ここでようやくレインウェアのズボンを履きます。
今までは履いていなかったんだけど、帰りの電車にびしょぬれのズボンじゃ乗れないので下だけでも保護。


15kmほど走り、道の駅杉の湯川上に到着。
yoshino0113.jpg

3年前の6月に丹生川上神社に来たことがあるので、ここから先は完全に道まで覚えていました。

丹生川上神社に行ったときはデジカメを持っていくのを忘れたのでもう一度行きたいと思っているのですが中々いけてません(笑)
丹生川上神社、本当にいいところなんだよなぁ。


惰性でダラダラと走り、14時過ぎに大和上市駅に到着。
さっさと自転車を袋に詰めて、14時38分の特急で阿部野橋まで行き、JRに乗り換えて帰宅しました。


二日目の走行記録
IMG_2721.jpg


IMG_2722.jpg


二日目は久しぶりの試練の日だったような気がしますね。

雨の日に走るのは2014年の5月に東北に行ったとき以来でしょうか。

ブレーキが利きにくくなる分怖いですね。
なるべくなら避けるようにします。

高野山はいつでもいけるとして、天川村をじっくり見れなかったのが残念です。
まぁ往復4000円でお釣りがくるからまたすぐに行こう。

星もめっちゃきれいに見えるらしいし。


6月の19日は出勤で、7月の4週目からは夏講だからそれまでに一度行きたいな。
またその日を楽しみにしながらボチボチ働きます。

ケツコリ。 - 2016.06.08 Wed


しまった。
イヤホンを忘れた…
行き帰りの電車内が辛い。
旅行をすると必ずと言っていいほど次の日に会社へ忘れ物をしていく俺。
本当に成長しないなぁって思います。

昨日&一昨日はこの前の記事に書いた通り奈良の吉野山に行ってきたわけですが、想像以上の激坂に雨にパンクと、中々貴重な経験をしてきました(笑)

今回は坂道を上るのにダンシング(いわゆる立ち漕ぎ)を多くしたのと、自転車を放置して歩く時間が多かったせいかいつもと違う場所の筋肉が張って?凝って?おります。
具体的には、ケツ。
カタコリでもなくニシコリでもなくケツコリや。

詳しくはまた今度記事にしますので見てやって下さい。


>>マー様
コメントありがとうございます。
フットワークは軽くないですよ~(笑)
好きなことのためにはひたすら一直線なだけだと思います^^
マー様もお酒に夢中なのはいいですが、飲み過ぎには気をつけてくださいね。

しかしロゴタイプから行って外すとは…悲しすぎますね。
2、3着逆やったらめっちゃ儲かってたパターンだったのでしょうか。
¥の雨、早く降らせてくださいね。小笠原気団が来る前にぜひ(笑)


今伊丹駅なんだけど、急病人が出たから止まるとアナウンスがあったから窓から外見てたんだけど、普通におっさんが担架に乗せられてた。
パッと見ただけだけど、意識なかったような。

こんな昼間から泥酔ってのはないだろうし、熱中症なのかな。
気をつけないとね。

ここんところ - 2016.06.06 Mon



模擬試験やら保護者懇談やらでバタバタしておりました。
やはり普段と違うタイムスケジュールはしんどい(笑)

今日から2日連休です。
天気微妙だけど奈良の吉野山に行ってきます。
ずっと行きたいなぁって思っていたけど中々行けなかった場所です。

日帰りにはきついし、かといって一泊すると高いし。
大阪に住む俺には中途半端な場所なんです。

まぁそう言っていたら永遠に行けないので行ってきます。
明日は雨だけど高野山にも行けるといいな。

まぁ…めっちゃ坂やねんけどな。
まぁ最悪押し歩けばいいや。

イイテンキダナー - 2016.06.02 Thu



気温も低めでサイクリングには最適の天気ですわ。
風も強いから星もよく見えそう。

…まぁ当然仕事ですがね。

来週の月火は相変わらずの曇りみたい。
昨日から変化した点があるとすれば、高知が晴れになったことくらいかな?

やはり正直にわからんのやろな。
まぁそんな先までピンポイントで当てられたら何かと問題も出てくるやろしな。
三ヶ月先までピンポイントで当てられるようになったら宿の予約とか晴れの日に殺到するやろ。

あ、先日のカバンの件は未だ決着付かずです。
探せば探すほど似たようなものが出てきて困る。
中々決まらずもどかしいな。

13残塁よりましか。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

青

Author:青
大阪府在住、アラフォーのおっさんです。

自転車とカメラが好きです。
最近はかなりカメラに傾倒^^

カメラ:nikonD750
自転車:5800系105のロードバイク

Twitter

フォト蔵

最新コメント

過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ にほんブログ村 自転車ブログへ