topimage

2014-11

2014秋 紀伊半島グルメレポート - 2014.11.18 Tue

2012→1147.40km 17.80km/h
2013→1728.42km 19.14km/h
2014→2824.68km 21.74km/h

ここ3年間の、年ごとの走行距離と、年間の平均速度。
別に計算したわけじゃなくて、iphoneのアプリが記録してました。

こうやって見ると、自転車に割く時間が増えているということは、
たいした病気もせず、日々増え続ける仕事を適当にやり過ごせているってことなのかな?

それならそれで、立派かな^^


毎年秋の遠足更新。

…の前に

>マー様
3ヶ月以上お待たせしました。すみません。
相変わらずお元気ですか?

札幌ドーム行かれたんですね。
自分は中に入ったことがないので、実際に野球をごらんになったのがうらやましいです。

Kスタまだ行ったことないので、次の東北旅行のときにはぜひ行きたいと思います。
チケットとれるかな?

今日米野球見ながら書いてるんですが、今日は札幌ドームで試合しているんですね。
きれいな人工芝の球場やなぁって思います。

札幌行かれたってことは、ご飯も美味しいもの食べて、ススキノに繰り出したのでしょうか^^
札幌を両親と歩いたことがあるのですが、当時高校生の自分には風俗店やらが多すぎて
刺激が強すぎた記憶があります(笑)

ばぁさんへのやさしいお言葉、ありがとうございます。
もう天寿を全うしたという言葉以外ないですね。立派やったと思います。

日本はいいところ多いと思いますよ。
自転車旅行をする中で、もっと素敵な場所に出会えるといいなぁと思いながら、
いつも走っています。

マー様も楽しいところ、たくさん見つけてくださいね。
いつもコメントありがとうございます。


さて、改めて秋の遠足の話。

一昨々年は、静岡。
一昨年は、しまなみ海道。
去年は、日光。

ということはマー様と会ってから、もう1年か。
早いなぁ。

さて、今年はどこへ行ったかというと…

奈良&和歌山(ん?)

「青さん、近くね?」
「地味じゃね?」

ええ、そのとおりです(笑)


今回は、交通費を抑える代わりに宿で贅沢をする作戦に出ました。

5月とか夏とかは旅行日程が長いから、毎晩贅沢してると金がなくなってしまいます。
てなわけで毎晩ラーメンばっかりなんです(ホンマか?)

今回は2泊3日なので、「2晩とも美味いものを食おう!」ってなわけですよ。


前置きが長くなりましたが、本編スタート。

11/4(火)

5時起き。
普通に眠い。

JR吹田から大阪駅まで出て、環状線に乗り換えて新今宮駅へ。
新今宮駅から南海電車に乗って、和歌山県の橋本駅に到着です。

吹田→新今宮で300円
新今宮→橋本で690円

両方ともただの在来線。安い!

新幹線使うと片道15000円とかやもん。


橋本駅に着いたのが8時前ということで、高校生がいっぱいいました。
制服着てると誰でもかわいく見えるから不思議。

さっさと自転車を組み立てて、走り出します。

・走行ルート

今日の目的地は奈良県の十津川村。
紀伊半島を走るのに、海沿いだけじゃ飽きそうだから敢えて紀伊山地にブッコミました。

2時間ほど走るともうこんな感じ。

IMG_2873.jpg

ここは標高658m。
中々にしんどい登坂でした^^

IMG_2874.jpg

「ようこそ星のくに」って書いてあります。
空に近いし、空気がきれいやからさぞ良い星空が見えるのでしょう。

IMG_2877.jpg

水が緑?エメラルドグリーン?不思議な色だ。

IMG_2879.jpg

IMG_2881.jpg

十津川村突入。

IMG_2882.jpg

IMG_2884.jpg

日本一広い村だとか。

ここから宿まで、まだ30kmくらいあります。

ちなみに新車についていた高級?タイヤは約1月でヘンになり、交換。
今度のタイヤは赤色のラインが入っているってわかります?

IMG_2886.jpg

十津川名物?谷瀬のつり橋が見えてきました。
今回の目的地の1つです。

長さ297.7m、高さ54mで、日本最長のつり橋だそうな。

IMG_2895.jpg

IMG_2888.jpg

「いっぺんに20人以上乗るな」って書いてあるんですが、
みんなあんまり気にせずフツーに通ってる。

俺が乗ったらちぎれるかもしらんのに。

IMG_2890.jpg

ということで渡ってみました。


うーん。

IMG_2892.jpg

高くて怖いってのは、あんまりないんだけど、
揺れるのがなんとも怖さを醸し出します^^

風が強い日とか、シャレならんやろうな。


さて気を取り直して(?)走ります。

IMG_2896.jpg

後は宿へ行くのみ。
十津川の大自然を満喫しながら、走ります。

すんごい山の中なんだけど、道はきれいに舗装してあって走りやすかった。


十津川の中心部?と思われるところに道の駅を見つけたので寄り道。

IMG_2897.jpg


隣には役場があります。

IMG_2898.jpg

間違いなくここが十津川の銀座なんでしょう。

足湯があるので入ってみます。

IMG_2899.jpg

屁のにおいがしたので、硫黄泉だと思います。

IMG_2901.jpg

お食事中の方、失礼(笑)


あっという間に宿に到着。

こんな感じのお部屋です。

IMG_2902.jpg

1人で泊まるには十分ですね。

部屋からは十津川の流れが見えて、川のせせらぎ?を聞きながら露天風呂に入れました。

IMG_2904.jpg

近くにはコンビニ1つない「秘境」ですが、とても心地よかったです。

テレビでは「十津川放送?」みたいなローカル放送があって、
そればっかり見ていました。

地方に行くと、ローカルチャンネルとかローカルCMとか、ついついチェックしてしまいます。


さて、夕食。

珍しく部屋食です。

「スッポンと鹿としし肉の会席コース?」みたいなんやったと思う。

牛すき焼きとかステーキとか、無難なのも選べたのですが、
敢えてチャレンジしてみました。

IMG_2905.jpg

左上の銀色の皿の中にいるのがスッポンです。
うーん…グロい。

鮎の塩焼きと野菜のてんぷら。普通に美味い。

IMG_2906.jpg

いよいよ火が通ってしまったスッポン…食うしかない。

IMG_2907.jpg

「…」

スッポンってこういう味なんですね。
なんか、血の味というか、なんというか。

庶民の私の口では、おいしく味わうことはできませんでした(笑)

でも豆腐とだし汁はおいしかったです^^

しし肉の白味噌陶板焼き的なもの。

IMG_2908.jpg
ちょっと甘め。おいしい。

追加注文その1「十津川きのこのバター炒め」

IMG_2909.jpg

これが超美味かった!!

追加注文その2「紀州梅鶏の陶板焼き」

IMG_2910.jpg

これもちいと甘め。無難においしい。


「え、食いすぎって?」

いまさら言わないでください。

総じてすごく美味しかった。
ちょっとボリュームが少なめだったけど、普通の人にはあのくらいで十分なんでしょうね。

とはいえ追加注文2つはさすがの私でも多かったみたいで、
食べた後しばらく静止して消化を待ちました(笑)


11/5(水)

・走行ルート

朝ごはん。

IMG_2913.jpg

めっちゃおいしかった!
昨日の晩あんだけ食ったのに、余裕の完食。

鮎の開きをあぶって食べるんですが、これが美味かった。
後温泉卵もいい感じの半熟でした。

お宿「山水」の外にて。

IMG_2914.jpg

自転車を屋内で預かってくれたり、一生懸命応対してくれたりと
素敵な宿でした。

またいつか、行こうと思います。夏もいいだろうな。

旦那さんとおかみさんに見送られて出発。


今日は熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の熊野三山を巡ります。
いずれも世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に入っています。

しかし走り出すとどうも天気が良くない。

IMG_2915.jpg

この3日間は天気予報では雨の心配はなさそうとのことでしたが、
山の天気はいい加減ですからね。

心配しつつ、走ります。

熊野本宮大社に到着。

IMG_2916.jpg

IMG_2919.jpg

IMG_2921.jpg

IMG_2926.jpg

IMG_2922.jpg

さすがに落ち着いた雰囲気。

サッカー日本代表でおなじみの八咫烏(やたがらす)を模したものがあちこちにありました。

IMG_2928.jpg

熊野本宮大社は以前は熊野川の中洲にあったそうですが、
大洪水で流れてしまったのだとか。

IMG_2929.jpg

その中州は今は「大斎原」として、残してあります。

IMG_2930.jpg

すごい迫力だ。

IMG_2931.jpg

記念撮影。こうやって見ると赤いな(笑)

IMG_2933.jpg

再出発。

どうも天気がおかしい。

とうとう雨が降り出す。

道の駅モドキに非難し、雨が上がるのを待ちます。

IMG_2936.jpg

少し弱まったところでしぶしぶ出発。

今回は天気予報を信用して、レインウェアの下を持ってこなかったんですよね。

走っていると少しの雨でもだんだんとしみてきて、気持ち悪かった。
靴の中も少し染みて来てたしなぁ。

後、雨が降るとブレーキングの問題が発生します。

ロードバイクはもともとブレーキが利き難い設計なのですが、
雨が降ると輪をかけて利きません。

最初あまりの利かなさに焦りましたよ。


今日辛いので、道の駅に避難。

IMG_2937.jpg

道の駅といっても弁当屋とトイレがあるだけの簡素なところでしたが、
トイレの屋根の下に入って1時間くらい雨宿りをしていました。

しかし止まない。止む気配すらない。


もうびしょびしょになるのを覚悟で、走ります。


するとあーら不思議。
10分くらいで雨が止みました☆

そのままスイスイと新宮市内に到着。


橋本から走っていて、初めて見つけたコンビニ。

IMG_2938.jpg

いかに山を走ってきたかがわかるでしょ?


熊野速玉大社に到着。

IMG_2939.jpg

IMG_2945.jpg

拝殿は立派だけど、朱塗りがきつすぎるような…。

熊野本宮大社が木造の落ち着いた造りだっただけに、少し違和感がありました。
まぁ町に近いし、ここも趣がありますかね^^

IMG_2953.jpg

IMG_2944.jpg

きっちり世界遺産アピール。

IMG_2950.jpg


さて、近くに神倉神社があるので、そこへ向かいます。
「どこそれ?」って思うでしょ。

そこも世界遺産なんですよ。


到着し、上を見上げて愕然とする。

IMG_2954.jpg

粗末な石を積み上げただけの階段が延々と続きます。
途中から傾斜がありえんことになってるし。

途中まで上ってみてから、下を見る。

IMG_2955.jpg

写真で見るとそんなに感じないと思いますが、
めっちゃ怖いです。

谷瀬のつり橋より遥かに怖い。マジで。

しかも雨上がりですべるし、はいている靴はクリートという金属が底についていて
滑りやすいんです。

命の危機を感じた青さん。
当然撤収です。


この後少しだけですが雨が降りました。

マジで上らんでよかった。


時間的に熊野那智大社に行くのは不可能なので、もう宿へ向かいます。

紀伊半島らしい風景になってきました。

IMG_2959_20141118210430f0b.jpg

JR那智駅。

IMG_2957.jpg

それっぽい雰囲気をアピールしています。


本日のお宿「サンかつうら」に到着。

建てられてから時間は経っている様子でしたが、
丁寧に掃除されていていやな感じはしませんでした。

IMG_2960.jpg

部屋も十分広い。
窓からは海と那智山が見えて、中々のロケーションかと。

そういえば部屋にあったドライヤーで靴を乾燥させました。

ドライヤーで靴を乾燥させるのは、2010年の新潟旅行の時以来。
あの時は死を覚悟するほどの匂いがしましたが、今回はさほどでもなかったです(笑)

次にあの部屋(409号室)を使う人、すまん。


さてさて温泉に入った後は、飯。

まぐろと熊野牛。左上は釜飯。

IMG_2963.jpg

こっから「これでもか」というくらい料理が出てきます。

・ブリの煮付け

IMG_2964.jpg

・蛤と海老とさざえの塩焼き

IMG_2966.jpg

・あわびのバター焼き

IMG_2967.jpg

・伊勢海老のサラダ

IMG_2968.jpg

・松茸と季節の野菜のてんぷら

IMG_2969.jpg

・茶碗蒸し

IMG_2970.jpg

・えびしんじょうの入ったお澄まし

IMG_2971.jpg

途中からやばいくらい腹いっぱいになってきて、
さらにビールとチューハイが回ってふらふらでした^^

さすがの青さんもお腹いっぱいです。

部屋に入るとそのまま倒れこむように寝ました(笑)


11/7(木)

・走行ルート

朝ごはん。

IMG_2972.jpg

朝からまぐろの刺身がついてくるとかすごいな。

味噌汁の中に入っているまぐろのつみれがめっちゃ美味かったです。
左上はゆずジュースやったと思う。

焼き魚バイキングとかいうのがあったので、キビナゴとアジを焼きました。

IMG_2973.jpg

ウインナーもなんとなく焼きました。

ウインナーが一番美味しかったなんて、とてもいえないよね。

焼き魚バイキングは自分はあんまりでしたが、朝ごはん自体はめっちゃ美味かったです。
さすが和歌山県に「お前のとこの朝ごはんすごい!」ってほめられただけあります。


部屋から撮影。

IMG_2974.jpg

IMG_2978.jpg

天気が良かったので、窓を開けたら爽快でした。

那智の滝。

IMG_2976.jpg

今からここへ向かいます…自転車で…


さぁ、たるんだ中年ボディに鞭打ってゴリゴリ上るよ。

IMG_2979_201411182105085c1.jpg

地図を見てもらえればわかると思いますが、ホンマもんの九十九折です^^

IMG_2980.jpg

でも最初に思っていたよりはキツくなかった。

那智の滝が見えるところまで来ました。

IMG_2982.jpg

自転車を停めて、近くまで行きます。

IMG_2983.jpg

異国の言葉がようけ飛んでいましたが、聞こえないようにしながら進みます。

IMG_2992.jpg

那智大滝。中々見事なものです。

滝つぼに落ちたら、上がってこれないだろうなぁ。


もう少しだけ走って、熊野那智大社に到着。

IMG_3010.jpg

IMG_2997.jpg

IMG_2998.jpg

これまた見事な朱塗りです。

標高が高いだけあって、周りは山。

IMG_2999.jpg

IMG_3000.jpg

なんとなく神聖な雰囲気がするのは私だけでしょうか。

寺院もたくさんあります。

IMG_3002.jpg

IMG_3004.jpg


神社は神道、寺院は仏教という大きな違いはありますが、
何かを信仰するという点では同じですからね。

周辺はすごく広くて、まともに見て歩くと一日つぶれそうです。

IMG_3009.jpg

IMG_3011.jpg

IMG_3006.jpg

本当にきれいなところでした。


世界遺産、大門坂。

IMG_3016.jpg

熊野古道のパンフレットとかに、ここがよく載っていますね。

IMG_3013.jpg

IMG_3014.jpg

「ただの石段やん」って思いますが、
ここが大昔に作られて、今の残っていると考えると凄さを感じます。


山を下った後は、紀伊半島を南へ下ります。

目的地は、本州最南端の潮岬です。

ここからはずーっとこんな海岸線。

IMG_3017.jpg

天気もまずまず良く、基本的に追い風で心地よかったです。

IMG_3021.jpg

ただ風は結構強くて、打ち寄せる波はかなりの波しぶきを上げていました。


橋杭岩。

IMG_3023.jpg

八重歯みたいな岩が規則正しくならんでいます。

IMG_3025.jpg

変な光景だ^^


ここいらで潮岬方面へ左折。

隣の紀伊大島へ渡る串本大橋。

IMG_3028.jpg

時間に余裕があったら渡りたかったけど、今回はパス。

次回来ることがあったら、ぜひ大島へも行きたいな。

潮岬に着くまでは結構なアップダウン…

IMG_3030.jpg

距離自体は短いんだけど、斜度10%を超えるような坂もあってきつかった。

というわけで、本州最南端、潮岬に到着。

IMG_3032.jpg

IMG_3036.jpg

ごらんのとおり中々の断崖絶壁です。

IMG_3034.jpg


潮岬の周辺は広い原っぱになっていて、
キャンプとかしたら楽しそうやなぁって思いましたね。

IMG_3039.jpg

IMG_3038.jpg

こういう海岸線の光景は大体どこも似ていますね。

IMG_3042.jpg

IMG_3040.jpg

自分が行った中だと、隠岐に似ているなぁって思いました。


潮岬灯台。

IMG_3043.jpg

有料だったのはいいんですが、そばに中国人だか台湾人だかがいて
わめいていたのでさっさと去りました。


潮岬から見る串本市内。

IMG_3044.jpg

IMG_3045.jpg

山と海との間に無理やり家を建てている感じがします。

わが国土のほとんどは山ですから、仕方ないですよね^^


この後串本町に戻り、地元の温泉で汗を流し、土産を買った後、
JRでトップクラスに揺れるといわれる特急「くろしお」に乗って帰りました。

IMG_3048.jpg

※ちまたでは「ゲ○しお」と言われているらしい(笑)


これにて今回の遠足は終了。

二日目に雨が降ったことで少し予定が狂いましたが、
それ以外はトラブルもなくいい旅行でした。

初日の十津川温泉は良かった。
普段海の見えないところにいるせいか、どうしても海を見に行くことが多かったのですが、
山もいいもんだと改めて思いましたね。

山に行く=坂を上る=しんどい=楽しい

最後の「楽しい」が最近芽生えてきたのが困ったもんです(笑)


次の旅行は5月かな。
正月休みも一応もらえるんですが、寒すぎて出かける気にならんでしょう。

次はどこに行こうかな。
信州?北海道?対馬?

ルートを考えつつ、眠ります。


ではでは、see you again!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

青

Author:青
大阪府在住、アラフォーのおっさんです。

自転車とカメラが好きです。
最近はかなりカメラに傾倒^^

カメラ:nikonD750
自転車:5800系105のロードバイク

Twitter

フォト蔵

最新コメント

過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ にほんブログ村 自転車ブログへ