topimage

2018-02

ミッドナイト BIRD SHOW - 2018.01.31 Wed

旅日記・番外編(?)です。

最近鳥さんの写真を多く撮っているので、それらをまとめてアップしてみます。
似たような鳥さんが多く出てきますが許してください。

いやね、フォト蔵とかPHOTOHITOに鳥さんの写真をアップしてても、全部上げられないので日の目を見なかった鳥さんたちをなんとか表舞台に立たせてやりたくて…(笑)


・エナガ@石山寺
IMG_BIRD_0000.jpg


・キセキレイ@堂々
IMG_BIRD_0001.jpg


・カワセミ@バタバタ
IMG_BIRD_0002.jpg


・ツグミ@柳
IMG_BIRD_0003.jpg


・アトリ@スズメと勘違いした…
IMG_BIRD_0004.jpg


・シロハラ@怒ってます?
IMG_BIRD_0005.jpg


・キセキレイ@スタイリッシュ
IMG_BIRD_0006.jpg


・メジロ@かくれんぼ中
IMG_BIRD_0007.jpg


・ジョウビタキ♀@女子力アップ中
IMG_BIRD_0008.jpg


・ハクセキレイ@ストレッチタイム
IMG_BIRD_0009.jpg


・カワセミ@つかまえたで~
IMG_BIRD_0010.jpg


・アオサギ@研ナオコ風の目線
IMG_BIRD_0011.jpg


・コサギ?@中々撮る気にならない…
IMG_BIRD_0012.jpg


・カワセミ@ドアップ
IMG_BIRD_0013.jpg


・シロハラ@やっぱり目つきが…
IMG_BIRD_0014.jpg


・カワセミ@いつもと違う子
IMG_BIRD_0015.jpg


・ジョウビタキ♂@消化中
IMG_BIRD_0016.jpg


・もういっちょジョウビタキ♂@コロコロ
IMG_BIRD_0017.jpg


・メジロ@元日
IMG_BIRD_0018.jpg


・もういっちょメジロ@元日
IMG_BIRD_0019.jpg


・ジョウビタキ♀@何を考えている?
IMG_BIRD_0020.jpg


・ジョウビタキ♀@ふんわり
IMG_BIRD_0021.jpg


・オオワシ@室戸岬
IMG_BIRD_0022.jpg


・ジョウビタキ♀@室戸岬
IMG_BIRD_0023.jpg


・ジョウビタキ♂@室戸岬
IMG_BIRD_0024.jpg


・ジョウビタキ♀@J5で撮影…厳しい
IMG_BIRD_0025.jpg


・ハクセキレイ@J5で撮影…全然ピントが…
IMG_BIRD_0026.jpg


・バン?@J5で撮影…もはや何者かもわからん
IMG_BIRD_0027.jpg


・コガラ@意外と小さいと思った
IMG_BIRD_0028.jpg


・セグロセキレイ@セグロだよね?
IMG_BIRD_0029.jpg


・ツグミ@お背中
IMG_BIRD_0030.jpg


・アトリ@久しぶり
IMG_BIRD_0031.jpg


・もういっちょアトリ@大群でおった
IMG_BIRD_0032.jpg


・水浴びをするアトリ@シルエットがかわいい
IMG_BIRD_0033.jpg


・カワセミ@いつもと違う場所
IMG_BIRD_0034.jpg


・カワセミ@カメラ目線
IMG_BIRD_0035.jpg


・カワラヒワ@結構高いところ
IMG_BIRD_0036.jpg


・カワラヒワ@ケツから
IMG_BIRD_0037.jpg


・ツグミ@ふんわり
IMG_BIRD_0038.jpg


・ヒドリガモ@一匹だけ逆向き
IMG_BIRD_0039.jpg


・ムクドリ
IMG_BIRD_0040.jpg


・マガモの♀でしょうか?
IMG_BIRD_0041.jpg


・ヤマガラ@久しぶりに会えた
IMG_BIRD_0042.jpg


・シジュウカラ@ピンボケ
IMG_BIRD_0043.jpg


・ヤマガラ@アップで
IMG_BIRD_0044.jpg


・ヒヨドリ@たまには撮ってもいいかと…
IMG_BIRD_0045.jpg


・アトリ@最初アトリとは思えなかった
IMG_BIRD_0046.jpg


・ムクドリ?@アップ
IMG_BIRD_0048.jpg


・シロハラ@夕暮れ
IMG_BIRD_0049.jpg


以上、プチ鳥さんショーでした。
近くの公園の鳥はほぼ撮りつくした感があるので、どこかに行ってまだ撮ったことのない鳥を狙ってみたいです。

また旅費が…

では、おやすみなさい。

2018初旅 ~To 室戸岬~ - 2018.01.25 Thu

年が明けると何かと忙しく休みも少ないのですが、その合間を見て高知にリフレッシュに行ってきました。
いつものように豪勢な?旅ではありませんが、まぁ記録を残しておきます。


本日の目的地は室戸岬なのですが、とりあえず高知駅までの切符を買いました。
吹田駅の機械で買おうと思ったら故障中で新大阪駅でおねえちゃんに切符を売ってもらいました。


新幹線の発車まで10分弱しかなかったから大分焦った^^
IMG_MURO_0008.jpg


新大阪6時発のみずほさんで岡山へ移動。
IMG_MURO_0009.jpg

日曜日の始発なので、もう少し人が乗っているかと思ったらそんなこともなかったです。


岡山駅で特急南風に乗り換え。
IMG_MURO_0010.jpg

「みなみかぜ」じゃなくて、「なんぷう」です。

下に書いてある「しおかぜ」も何度か乗ったなぁ。
またしまなみ海道に行きたくなります。


朝の岡山駅。
IMG_MURO_0011.jpg

瀬戸内といえど結構寒いっす。


15分ほど待ち時間があったので結構冷えました(笑)
IMG_MURO_0012.jpg


南風到着。
IMG_MURO_0013.jpg

さっさと乗って一番後ろの席をキープした後撮影。


南風は3両編成と聞いて、座れるか若干不安だったのですが、始発とあってかそんなにお客さんはいませんでした。
IMG_MURO_0014.jpg

ゆったりと座れていい感じです。


夜明け前の岡山を見ながら時間をつぶします。
IMG_MURO_0015.jpg


日が昇ってきました。
IMG_MURO_0016.jpg


穏やかな瀬戸内の海と朝日でございます。
IMG_MURO_0017.jpg


瀬戸大橋通過中。
IMG_MURO_0018.jpg

朝日が昇るころに瀬戸大橋を通ったのは初めてじゃないかなぁ。


コンビナートの後ろに朝日。
IMG_MURO_0019.jpg

車内のライトの映り込みがなかったら作品にできたのに…残念です。

でも綺麗やった…


さて、先日は深夜の帰宅でこの日は朝一での起床とあって、この後しばし眠りにつきました。
目が覚めるとちょうど大歩危小歩危の辺りを走行していたようです。


大歩危で止まったらお隣にすれ違いのアンパンマン列車が止まっていました。
IMG_MURO_0020.jpg


そしてこの辺りは雪が積もっていたんですよね。
IMG_MURO_0021.jpg

俺は四国は比較的暖かいから雪とは無縁なのかと思っていたのですが、中央部は標高も高いし降り始めると溶けないのかもしれませんね。

また一つ発見でした。


列車(気動車なので、電車じゃない^^)は国道32号に沿って走ります。
IMG_MURO_0022.jpg

今、記事を書きながら改めてグーグルマップでルートを見ていたのですが、結構な山の中を走る路線みたいですね。

そりゃ雪も降るわなぁ。


なんて外を見ているとアッという間に時間は過ぎていきます。
IMG_MURO_0023.jpg


岡山から高知まではおよそ二時間半の道のりだったのですが、そんなに長く感じなかった。
IMG_MURO_0024.jpg


大杉駅を通過。
IMG_MURO_0025.jpg

日本一の大杉…一度見てみたい。


土佐山田駅にて。
IMG_MURO_0026.jpg

これも2000系の気動車かな。


ごめん!!
IMG_MURO_0027.jpg


高知駅に到着しました。
IMG_MURO_0029.jpg


今回は自転車をもってきていないので、レンタサイクルを借りて走ります。
IMG_MURO_0028.jpg

駅前の「とさてらす」という観光案内所で借りたのですが、なんとレンタル料0円でした。
何とかして観光客に来てほしいというのが若干伝わってきたような気がします。


さて、レンタサイクルを借りたはいいものの、特段高知に用事があるわけでもないので、
とりあえずその辺りの神社をいくつか参拝してみます。

久しぶりの御朱印集めです。


薫的神社です。
IMG_MURO_0031.jpg

写っている自転車は俺が借りたやつです。


境内にメジロさんがいました。
IMG_MURO_0030.jpg

J5で撮ったので非常に厳しい…


御朱印はこちら。
IMG_MURO_0001.jpg

相当達筆ですな。

神職の方に、「コヅジンジャも行かれますか?」って聞かれたので、「行きます」と返事をしたらそっちも書いてくれました。
「朱印だけ小津神社」でもらってくださいと言われたのでそちらに向かうことに。


続いてその小津神社。
IMG_MURO_0032.jpg

薫的神社から5分くらいの場所にありました。

地元の神社という感じですが、新年早々とあってか何人か参拝客がいました。


無事朱印を押していただきました。
IMG_MURO_0004.jpg


とりあえず駅の南のほうにある神社を目指しますが、高知城が途中にあったので寄り道します。

こちらが正門らしきところ。
IMG_MURO_0033.jpg


下から見上げる。
IMG_MURO_0034.jpg

結構きつい階段を上っていきます。


天気は良いのだけど、思いっきり逆光。
IMG_MURO_0035.jpg

ちゃんとRAWから補正すればいいんだけど、面倒なのでそのまま撮った写真を使用。


もうちょい近くから。
IMG_MURO_0036.jpg

入場料を払って見学します。


なんかいろいろと展示していますが、こじんまりとして優しい印象。
IMG_MURO_0037.jpg

ゴリゴリ展示を押してくる感じではありません。


こういう縁側いいよなぁ。
IMG_MURO_0038.jpg

縁側でお茶を飲むような生活をしてみたい。


きっつい階段を何段か上り、天守閣から写真を撮る。


東側かな?
IMG_MURO_0039.jpg


これは北側?
IMG_MURO_0040.jpg

全く自信ないです(笑)

全部J5で撮っているので、ちょっと色がアレだったりしますが仕方ない。


さて、きっつい階段を下って戻ります。
IMG_MURO_0041.jpg

本当に角度がすさまじい。


こんなふうな建物だったのでしょうか。
IMG_MURO_0042.jpg

こんな立派なものをよく作った…いや作らせたものです。


下まで降りてきました。
IMG_MURO_0043.jpg

やはり地面は落ち着く(笑)


自転車のところまで戻ってきました。
IMG_MURO_0044.jpg

すぐそばにジョウビタキさんがとまったので一枚。
ジョウビタキはさんとはこれから一杯出会うことになります。

俺がいままでに撮ったジョウビタキさんは近づいたらすぐに逃げるような怖がりさんだったのですが、
この子は何ら動じない子でした。


続いて高知城の南にある神社を二つ訪問します。


大きな道路を横切ります。
IMG_MURO_0045.jpg

路面電車は俺には新鮮です^^


山内神社に到着。
IMG_MURO_0046.jpg

山内一豊公を祀った神社で、社格は別格官幣社らしいです。


社務所が開いているのかいなか微妙な状況でしたが、まぁ御朱印をいただけました。
IMG_MURO_0003.jpg


御朱印を書いていただくのを待っているときに近くを何匹か鳥さんがとんでいて、また明らかにジョウビタキと思われる鳥さんがその中にいました。

残念ながら全く撮れなかったですが…


山内神社は市街地にあるますが、川のそばで結構な森に囲まれています。
沢山鳥さんもいるようで、俺がついたときには少年たちの探鳥会のようなものが開かれていました。

すこし探鳥会の様子を見ていたのですが、ガイドのおじさんたちは必死に子どもたちに鳥さんのいるところを教えるのですが、子どもたちはそれほど熱心ではないご様子でした^^

まぁでも、俺みたいにオッサンになってから鳥に興味を持つ人間もいますからね。
いつか今日の探鳥会を思い出すのかもしれません。


さて、最後に潮江天満宮です。
IMG_MURO_0005.jpg


今日訪れた神社の中では最も大きな神社で、ついたときには祈祷だか何だかの最中でした。
俺が御朱印をお願いしているときにも厄払いの申し込みに来た人がいたし、かなりここらでは権威のある神社なのかもしれませんね。
IMG_MURO_0047.jpg


今回はいつも以上に下調べをせずに神社を回ったので、うすっぺらいレポートになってしまいましたがご容赦を。
詳しく知りたい方は各ホームページをご覧ください(笑)


これで行きたい神社はすべてめぐりました。
他にもちょっと離れたところに興味深い神社があるのですが、それはまた今度にしましょう。


高知駅に戻ります。
IMG_MURO_0048.jpg

駅について、とさてらすで自転車を返却。

昼食を取ってから室戸岬へ移動することにします。


いくつか駅前のお店を回ったのですが、開いていないところやら、満席のところやらあって結局駅に一番近い「団十郎」さんでカレーライスをいただく。


MとLとダブルがあったので、Lなら大したことないだろうと思って注文したらコレだよ…
IMG_MURO_0049.jpg

明らかに普通のカレーライスの2倍の量はありました。
味はおいしかったけどね。


高知駅でおやつと夜食を買い、土佐くろしお鉄道に乗ります。
IMG_MURO_0050.jpg


奈半利(なはり)駅まで約1時間半の鉄道の旅です。
IMG_MURO_0051.jpg

海沿いを走る気持ち良い路線…らしいのですが、寝てました(笑)


奈半利駅に到着。
IMG_MURO_0052.jpg


商店もありました。
IMG_MURO_0053.jpg

地元の生活の中心という感じでしょうか。


ここからはバスで移動します。
IMG_MURO_0054.jpg


ここから約50分くらいだったかな?
IMG_MURO_0055.jpg

ガラガラでこれまた気楽な旅です。


窓から外を見ていると、朝のように空が晴れていなくて薄い雲がかかっているのに気が付きました。
IMG_MURO_0056.jpg

今回の旅の目的は星空の撮影なので、ちょいと心にも雲がかかります。


なんて考えているうちに宿につきました。
IMG_MURO_0057.jpg

御覧の通り年季の入ったお宿です。


まだ時間があるので、カメラをもってお散歩へ。
IMG_MURO_0058.jpg

やはり雲がかかっているな。


ホワイトバランスを変えて夕方っぽくしていますが、本当はもっとドンヨリした色でした。
IMG_MURO_0059.jpg


この写真、岩もなんだけど、雲の雰囲気が結構好きです。
IMG_MURO_0060.jpg


うっそうとした森ですな…
IMG_MURO_0061.jpg


岬にはずっと遊歩道のようなものがあってどこまでも歩けるのですが、今日は近くだけにしておきました。
IMG_MURO_0062.jpg


大きな木です。
IMG_MURO_0063.jpg

ブレていてすみません…


中岡慎太郎様の像。
IMG_MURO_0064.jpg


だんだんと日も暮れてまいりました。
IMG_MURO_0065.jpg

もう少し散歩していたかったのですが、お宿に戻ります。


この後お風呂に入り、夕食を食べてからメインの星空の撮影に出ました。


思ったよりも星はきれいに見えてよかった。
IMG_MURO_0066.jpg

本格的に星を撮るのは初めてなんですが、果たして見る方に伝わるかどうか…


拡大するともう少し迫力があるのですがね。
IMG_MURO_0067.jpg


せっかくなので看板を入れて。
IMG_MURO_0068.jpg

まぁきれいな空を見られてよかったです。


そして部屋に戻ると程なくして爆睡。
夕方風呂に入った後も飯までの後寝たのですが、やはり疲れていたのでしょうか。


おはようございます。朝食です。
IMG_MURO_0069.jpg

しらすがおいしかったけど、全部は食べられなかったよ。


チェックアウトをしてからもう一度そばの海岸を歩いてみます。


記念写真だね。
IMG_MURO_0070.jpg


自然が残っているところなのですが、あちこちにこうやって説明があります。
IMG_MURO_0071.jpg

まぁそれを見ても「ふーん」ぐらいにしか思わないのですが、無いよりはずっといいよね。


天気は非常にいいです。
IMG_MURO_0072.jpg

ところどころ赤色の木があるのが、南国の暖かさを表しているのでしょうか。


さて、本日の予定ですが、昨日は高知経由で来たので、今日は徳島経由で帰ることにします。

って言ってもよくわからんと思うので、テキトーに図示。


↓昨日のルート。
IMG_MURO_0007.jpg


↓今日の予定ルート。
IMG_MURO_0006.jpg


これでお分かりいただけますでしょうか。


寝る前に結構調べたのですが、かなり時間のかかるルートの模様です。
まぁ徳島からは高速バスがたくさん出ているみたいなので家にたどり着くことはできそうですが。


さて話は変わりますが、前日はマトモに風呂に入れなかったんですよね。
宿のお風呂のシャワーがぶっ壊れていて、温水が出ないという惨事に。

冷水で体や頭を洗うような修行僧のようなことはしたくなかったので、途中で入るのを諦めて出たんですよ。

てなわけで何となく気持ち悪くて仕方ない。


近くに温泉がないかと調べたらうまいこと「シレストむろと」なる施設が近くにあることがわかったので、そこまで歩いていくことにします。
宿からシレストむろとまでは大体2KM弱ってところだったかな。


幸いこういう海辺の道があるので、歩いていて退屈はしません。
IMG_MURO_0073.jpg


首からミラーレスを下げて、野鳥撮影モードにした一眼を肩にかけて歩きました。
IMG_MURO_0074.jpg


しかし室戸岬の鳥さんたちはものすごく警戒心が強く、10メートル以上向こうにいるのに、俺の姿を見た瞬間に飛んで行ってしまいます。
さらに草木が茂っているのでどんどん森の中に入っていってどこにいるのかもわからなくなってしまう。


というわけでさっさと野鳥撮影は諦めて、汎用レンズに変えて撮影しながら歩いていました。
IMG_MURO_0075.jpg


相変わらず太陽はギラギラ。
IMG_MURO_0076.jpg

ものっそいまぶしい。


岩に明るさを合わせると御覧の通り。
IMG_MURO_0077.jpg

写真って難しい。


ボケまくったメジロさん。
IMG_MURO_0078.jpg

鳥さんはほとんどがメジロとヒヨドリで、たまーにイソヒヨドリとジョウビタキというラインナップでした。
俺の住んでいるところでも見られる鳥なので、何かなじみを覚えるラインナップです。


しかし立派な遊歩道だ。
IMG_MURO_0079.jpg


アニメに出てきそうな太陽とフレアだね。
IMG_MURO_0080.jpg


俺が歩いている間に出会ったのは一人だけだったかな。
IMG_MURO_0081.jpg

まぁ平日の朝だもんね。


潮だまりに映った太陽がきれいだったので一枚。
IMG_MURO_0082.jpg


イソヒヨドリさん。
IMG_MURO_0083.jpg

かなり遠いところにいたのを便利ズームで撮ったので記念写真レベルです。


弘法大師さんがどうのこうのって書いていました。
IMG_MURO_0084.jpg


こちらはジョウビタキのメスです。
IMG_MURO_0085.jpg

何度も見た鳥だけど、何度見てもかわいいなぁって思う。


大きな道路に合流。
IMG_MURO_0086.jpg

シレストむろとはこののぼりの右側にあります。


さてこの後10時開店のシレスト室戸にて汗を流し(¥450)、バスの時間まで1時間ほどあるのでその辺を散歩してきました。

凝りもせず野鳥撮影スタイルでの散歩です…しつこい。


すこし歩くと磯に出たので、そこでじっと座って鳥さんを狙うことにします。


こんな岩場でした。
IMG_MURO_0087.jpg

奥のほうには釣りをしている人もいましたね。


上空には鳥さんが。
IMG_MURO_0088.jpg

オオタカでしょうかね。これもピンボケ。


暫く座って海を見ていると反対側の林の中で鳥が動いたり、すぐそばまでメジロが来たりするのですが中々とっさにファインダーに入れられず。

やはり照準器が必要かなぁ。
慣れたら随分効率よく撮れるんだろうな。

今は鳥を撮るのが一番楽しいので、照準器くらい買ってもいいかな?なんて給料日前夜の俺は思うのです。
明日ポチってしまいそうで怖い…


このカワラヒワさんもずっと遠くのほうにいたのをかろうじて撮影。
IMG_MURO_0089.jpg

ボケボケの記念写真になっていますね^^

この子たちも俺が後1メートル近づくだけでものっそい勢いで飛んでいきました。
どんだけ怖いんだよ俺。


バス停に向かおうとあるくと目の前にジョウビタキのメスが。
IMG_MURO_0090.jpg

この子は恐ろしいくらい心臓が強いのか、相当近くを歩いても飛びません。

吹田でジョウビタキを撮るときはかなり緊張したのですが、ここまで寄った写真があっさりと撮れてしまいました。


続いてオスも登場。
IMG_MURO_0091.jpg

ジョウビタキは高知県の県鳥らしいですが、なるほどわかる気がします(笑)

※あとで確認したところ、高知の県鳥は「ヤイロチョウ」だそうです。
最初に見たサイトを信じてしまいました…訂正してお詫び申し上げます。


こっちガン見しても飛んでいかないもんな。
IMG_MURO_0092.jpg


一杯写真を撮らせてくれるサービス精神旺盛な子でした。
IMG_MURO_0093.jpg


室戸の最後にいい写真が撮れたよ。ありがとうジョウビタキ君。
IMG_MURO_0094.jpg


さて、シレスト室戸の前に戻ってきました。
IMG_MURO_0095.jpg

バスはここに来るのでしばし待ちます。


12時05分のバスに乗り、甲浦(かんのうら)駅まで移動します。


この通りの貸し切りスタイル。
IMG_MURO_0096.jpg


徳島まで123km。
IMG_MURO_0097.jpg

バスと電車を使って徐々に近づいていくとしましょう。


バスからはずっと海が見えて気持ち良いです。
IMG_MURO_0098.jpg

”貸し切りバス”の一番後ろからずっと外を見ていました。


バスももちろん気持ちいいんだけど、自転車で走ったら気分爽快だろうな。
IMG_MURO_0099.jpg


帰りのバスで少し寂しくなるはずなのに、若干テンションの上がる俺なのでした。
IMG_MURO_0100.jpg


甲浦駅でバスを降ります。
IMG_MURO_0101.jpg

大体50分くらい乗っていたでしょうか。
途中乗ってきたのは中学生くらいの女の子が一人、それもバス停一つだけ乗って降りていきました。


こちらが甲浦駅。
IMG_MURO_0102.jpg

どこにホームがあるのかわからないので、駅舎の中に入ると「汽車に乗りますか?」ってきかれました。

汽車って言い方、昔鹿児島のばあちゃんたちがしていたのを思い出しました。


13時23分の列車に乗ります。
IMG_MURO_0103.jpg


階段を上がりホームへ。
もちろん誰もいません。


家に電話をして大体の帰り時間を連絡。
IMG_MURO_0104.jpg

「土産を買ってこい」と言われてしまい今後のスケジュールが若干狂うことが確定(笑)


なんかね、音も何もしない静かな駅で、改めて最果てに来たような気分になりました。
IMG_MURO_0105.jpg

さみしさ…いや違うな、なんか「こんなところに来て俺よかったんかな?」って思う独特の緊張感というか。

うまく伝えられませんが、なんかそういう気分になりました。


高知県最東端なんだって。
IMG_MURO_0106.jpg

もう少し東に行けば徳島県だもんね。


安佐海岸鉄道の車両がやってきました。
IMG_MURO_0107.jpg


かわいらしいデザインですが、お客さんはやはり誰もいません。
IMG_MURO_0108.jpg

平日の昼に列車で移動するのって、俺みたいな観光客くらいなのかもしれませんね。

地元の方は車を使うことが多いでしょうし。


”貸し切り列車”に乗ります。
IMG_MURO_0109.jpg


車窓から。
IMG_MURO_0110.jpg

写真の奥は海なんだけど、わかるかなぁ?


えらいトンネルの多い路線でした。
IMG_MURO_0111.jpg

海沿いの断崖を走る路線なのでしょうかね。


海を見下ろします。
IMG_MURO_0112.jpg


海部駅に到着。
IMG_MURO_0113.jpg

ここからはJRに乗ります。


記念にもう一枚。
IMG_MURO_0114.jpg

「みなでのらんけ」って書いてますが、皆さん本当に乗りに行ってあげてください。


こちらはJRの気動車。
IMG_MURO_0115.jpg

止まっているときに出す排気のにおいがローカル感があって好きです。


ほぼ貸し切り列車です。
IMG_MURO_0116.jpg


この整理券を持ったまま徳島まで行き、運賃は徳島駅で払うシステムらしいですよ。
IMG_MURO_0117.jpg


さらば海部駅。
IMG_MURO_0118.jpg


この後、牟岐駅(むぎえき)でまた徳島行の列車に乗り、約2時間揺られて徳島駅に到着。
IMG_MURO_0002.jpg

ワンマン列車で2時間はきつい…路線に特急はあるのですが、俺の乗るタイミングでは走っていませんでした。


徳島駅でお土産を購入し、特急バスに乗ります。
IMG_MURO_0119.jpg


こちらが記念すべき、俺の高速バス第一号。
IMG_MURO_0120.jpg


乗った瞬間にサンドイッチを食って、酔い止めを飲みました。
IMG_MURO_0121.jpg

車には強いほうなんですが、酔ったらいやだもんね。

まぁ飛行機に比べれば一億倍心地よい乗り物です。
飛行機はホンマにいやや…


こんなチケットなんですね。
IMG_MURO_0122.jpg

すべてが新鮮です^^


大鳴門橋通過中。
IMG_MURO_0123.jpg


中々新鮮でいいものですな。
IMG_MURO_0124.jpg


この後の写真はありません。
ぐっすり寝ていたら大阪駅についていました。

そこから電車で吹田へ、夕食の席へ土産話と土産を持って帰りましたとさ。


このようなプチ旅行でした。
星目当てで行ったのであまり計画はしていませんでしたが、まぁそれなりに遊べたかなと。

しかし四国は移動に時間がかかりますね。
本当に広い、改めてそう感じました。


後は高速バスを使ったこともまずまずよかったかな。
今度室戸へ行くことがあったら、室戸岬まで直通の高速バスで行くことにしましょう。


毎年1月2月はどこへも行かないことが多かったのですが、今年は連休で天気が良ければどこかへ行こうと思います。
寒い季節の旅もまた一興でしょう。

次回はどこへ行くか…大体決めているのですが、まぁ天気次第ですかね。

ではまた。

2017秋 伊豆観光の旅【3日目】 - 2018.01.08 Mon

あけましておめでとうございます。
めっきりブログを更新することも減りましたが、今年も細々とやっていくつもりなのでご興味のある方は見てやってください。

今年もよろしくお願いします。


さて、昨年11月アタマの伊豆旅行3日目の記事です。
もう3月以上前のことでイマイチ記憶がありませんが、まぁかける範囲で。

【3日目:11月7日(火)】
おはようございます。

前日はさっさと寝たので早起き。
稲取の朝日はそれはそれはきれいだと聞いていましたので、6時前にカメラをセットして海を見ます。


昇ってまいりました。
IMG_IZU_day3_0002.jpg


遠くから撮るとこんな感じ。
IMG_IZU_day3_0003.jpg


三脚もってきてよかった。
IMG_IZU_day3_0004.jpg


思いっきり絞って光芒を出してみた。
IMG_IZU_day3_0005.jpg


カメラの設定は御覧の通り(笑)
IMG_IZU_day3_0006.jpg

ってカメラをマジメに使っている人からすると、「なんだよこの設定?」ってなるのでしょうが^^


朝日を見てエネルギーを補給したのでそのあたりを散歩してみます。

ドクダミの花でしょうか。
IMG_IZU_day3_0007.jpg

葉っぱがそれっぽいような…違うか。


稲取は坂の町です。
IMG_IZU_day3_0008.jpg

ボールとか落としたら拾いに行くのだるそう。


まぶしいですが、今日もいい天気になりそうだ。
IMG_IZU_day3_0009.jpg


でっかいハチの巣。
IMG_IZU_day3_0010.jpg

中身はもういなかったけど、いたら一目散に逃げたことでしょう。


どこにでもある秋の味覚。
IMG_IZU_day3_0011.jpg

でもね、俺の家の近くには一切生えていないんですよ。

何度も言うことだけど、本当に自然を感じるものがないところなもんで。


お宿のそばに生えていたお花。
IMG_IZU_day3_0012.jpg

葉っぱから想像するに菊の仲間かと。


お宿に戻ってまいりました。
IMG_IZU_day3_0013.jpg

高台にひっそりと立つ「稲取リゾート」さんです。

リゾートなんて名前がついていますが、非常にリーズナブルなお値段ですよ。
おすすめ。


宿の入り口。
IMG_IZU_day3_0014.jpg

でっかいクモさんがいたようないなかったような。


手作りの看板でしょうか。
IMG_IZU_day3_0015.jpg


食堂です。
IMG_IZU_day3_0016.jpg

朝の光がどんどこ差しとるな。


お部屋から見下ろす稲取の港。
IMG_IZU_day3_0017.jpg

昨夜は夜景を撮りましたが、朝の姿も中々です。

何やら金目鯛の水揚げ量が一番多いとか。


朝食です。
IMG_IZU_day3_0018.jpg

これはグレープフルーツジュースだったかな?


オムレツとソーセージ。
IMG_IZU_day3_0019.jpg

オムレツはものっそいきれいにかき混ぜてありました。

濃厚な卵とバターの味です。


シャキシャキのサラダとトースト。
IMG_IZU_day3_0020.jpg

トーストがないと卵のうまさが半減するぜ。


そして金目鯛の味噌汁。
IMG_IZU_day3_0021.jpg

組み合わせ的には「?」なのですが、昨夜のカルパッチョに使った金目鯛のおかしらを使っているとのことで納得。

味は良かったです。
ものっそい熱かったけど(笑)

御馳走様でした。
しかし急いでいたのですべて食べられず…ごめんねマスター。


お部屋に戻って支度。
IMG_IZU_day3_0022.jpg

中々広くて快適なお部屋でした。

また機会があればお世話になります。
稲取リゾート、いいお宿です。


皆様もぜひ。

マスター、宣伝しといたので今度安くしてください(笑)


さて、今日はまず稲取駅まで歩いて移動し、そこから電車で伊豆高原駅へ移動、さらにバスで大室山に行き、戻って熱海を目指します。
文で書くと一行ですが、公共交通機関を使うので時間に縛られます。


まずはお宿から稲取駅へ移動。


お墓の向こうに伊豆の海。
IMG_IZU_day3_0023.jpg

お墓を撮るなんて…と思いますが、何やらこの辺りでは海の見える場所にお墓をたてるそうです。

亡くなった後にこの辺りで一番良いもの(=伊豆の海)を見せるためだそうです。
マスターが教えてくれました。

何やら相棒の撮影にも使われた場所だとか。


アサガオって夏のものだと思うんだけど、まだあちこちに咲いていました。
IMG_IZU_day3_0024.jpg

色々と品種があるのでしょうが、少々寒くても問題ない品種とかもあるのかもしれませんね。全然知らんけどな。


こちらも。
IMG_IZU_day3_0025.jpg

誰かが植えたものなのでしょうが、もはや自生しているような雰囲気でした。


お宿から稲取駅までの道はかなりの坂です。
IMG_IZU_day3_0026.jpg

こんなところチャリンコとかじゃ絶対ムリやわ。

歩いても結構ヒザに来る(笑)


サマーみかん。
IMG_IZU_day3_0027.jpg

いつ見ても色合いが良いと感じる。


伊豆急行のガードレールの向こうに海が見えてきました。
IMG_IZU_day3_0028.jpg


港のそばをしばらく歩きます。
IMG_IZU_day3_0029.jpg


そして稲取駅に到着。
IMG_IZU_day3_0030.jpg


稲取もいいところだったなぁ。
IMG_IZU_day3_0031.jpg

伊豆っていうとすごくリゾートな気がしていたのだけど、実際にはそこまでではなくて自然豊かな、「田舎」だと感じました。


伊豆高原行きの列車がやってきました。
IMG_IZU_day3_0032.jpg

キンメ列車、黒船列車、そしてこのローカル仕様。


天井の扇風機が歴史を感じさせてくれます。
IMG_IZU_day3_0033.jpg

国鐵広島を思い出すわ。


車窓からは伊豆の海が見えます。
IMG_IZU_day3_0034.jpg

旅している気分になる瞬間ですな。


伊豆高原駅に着きました。
IMG_IZU_day3_0035.jpg


ここで電車を降りてバスで移動します。


なんかえらいきれいな建物で。
IMG_IZU_day3_0036.jpg

ここだけ最近作り直したと思われます。


駅前に足湯がありました。
IMG_IZU_day3_0037.jpg

足湯につかるついでに靴下を履き替え^^


ここから20分ほどバスに揺られて大室山へ向かいます。
IMG_IZU_day3_0038.jpg


着きました。
IMG_IZU_day3_0039.jpg

麓からはリフトがあるので、乗って上へ。

リフトは怖いけど仕方ない。


まぁ地面から1メートルも離れていないリフトなので、これだと大丈夫です。
IMG_IZU_day3_0040.jpg

昔スキーに行ったときに、下が見えないくらい高いところを通るリフトに乗ったことがあり、それが非常に怖かったんですよね。

下のほうがかすんで見えないくらい高いところを通るリフトでした。
あんなん安全的に大丈夫なのかと思ってしまうわ。

もう怖くて怖くて、ずっとバーを抱きしめてましたもん(笑)


さて、どうでもいい話はそのくらいとして、太陽がギラギラしてますね。
IMG_IZU_day3_0041.jpg

すすきも割とたくさん生えていて、昨日の細野高原を思い出します。


リフト終了。
山頂の周りをちょいと歩いてみます。


この通りの中々の景色です。
IMG_IZU_day3_0042.jpg


昨日の細野高原とは違う、近代的な絶景と言いますか。
IMG_IZU_day3_0043.jpg


火山がつくった伊東の大地だそうです。
IMG_IZU_day3_0044.jpg

英語の説明を読んでみると、なだらかなが「gentle」なのがなるほどって思う単語力のない俺です。


これは南~西にむかって歩いていると思われます。
IMG_IZU_day3_0045.jpg


すすきもふんわり仕掛けてきたくらいかな。
IMG_IZU_day3_0046.jpg


これがここで一番好きな写真かな。
IMG_IZU_day3_0047.jpg

光に照らされる海が好きです。

J5でこれだけの景色が撮れるのだから、D750だったら…って何度も思ってしまう往生際の悪い俺。


輝くすすき。
IMG_IZU_day3_0048.jpg

まるでスポットライトの特殊効果を当てたみたいだね。


結構な上りもあったりします。
IMG_IZU_day3_0049.jpg

三日間歩きっぱなしだったので、結構足に来るよ。


これが火口付近でしょうかね。
IMG_IZU_day3_0050.jpg

アーチェリー場的なものがありました。


割と新しい仏様たち。
IMG_IZU_day3_0051.jpg


何かの石碑がありますが、「伊豆は日の~」わからん。
IMG_IZU_day3_0052.jpg


時折振り返ってみたくなります。
IMG_IZU_day3_0053.jpg


頂上らしいです。
IMG_IZU_day3_0054.jpg

えらいシンプルな頂上の表記ですね。

パワーをもらいました。


西側でしょうか。
IMG_IZU_day3_0055.jpg

伊豆の西側は東よりもはるかに自然が多いところのようで、こちらもまた一度行ってみたいと思っています。

しかし電車が通っていないので、車かチャリしか手段がないんですよね。
自分が普通に運転できればいいのですが、もうまともに運転もしていないので怖い。


降りるとします。
IMG_IZU_day3_0056.jpg

順光なので色がきれいに出るね。


こちらは随分古い仏様。
IMG_IZU_day3_0057.jpg

長い間ここにおられるのでしょうね。


下りはなおさら怖いリフトでございます。
IMG_IZU_day3_0058.jpg


ちょうど降りたタイミングでバスが来ました。
IMG_IZU_day3_0059.jpg

なんというラッキー^^


伊豆高原駅に戻ります。


ここから非常に込み合う熱海いきの電車に乗ること40分ほど。


熱海の一つ前の来宮駅で降りて、熱海まで歩きました。
IMG_IZU_day3_0060.jpg


このトンネルの向こうには来宮神社が。
IMG_IZU_day3_0061.jpg

2016年の1月に来ましたね。


ブーゲンビリアさん。
IMG_IZU_day3_0062.jpg

赤いところは花じゃないらしいです。


熱海の中心街でしょうか。
IMG_IZU_day3_0063.jpg

てかこんなに坂道多かったっけ…?マジきつい。


こんな小さい風呂には入れません。
IMG_IZU_day3_0064.jpg


駅前の商店街。ここも坂だ。
IMG_IZU_day3_0065.jpg


駅の中でお買い物。


お茶一本10800円だと??
IMG_IZU_day3_0066.jpg

飲んでみたいけど、やっぱりお茶に10000円は出せねえや。


熱海駅内でラーメンを食す。
IMG_IZU_day3_0067.jpg

平日なのに駅前は人だかりができるほどでした。

ラーメン屋も常に満席で…
前に熱海に来た時も駅前の混雑ぶりに驚いたのですが、今回もそうでしたね。

別に外国の方がたくさん来ているわけでもなさそうでしたが…


そして新幹線で帰宅。
IMG_IZU_day3_0068.jpg

通過する新幹線を撮ってみたけど、ISOが高すぎてとても人様に見せられるものでは…って見せてるけど(笑)


このような三日間のふんわりした旅行でした。
明らかに観光色丸出しの旅行でしたが、まぁたまにはこういうのもいいかなって思いました。

長期休み=自転車必須って思っていましたが、カメラを手にしたことでその気持ちはちょっと揺らいだかな。
まぁ上手にチャリ&カメラと付き合っていこうと思います。


さて、本日は成人の日。
新成人に幸多かれ。

2017秋 伊豆観光の旅【2日目】 - 2017.12.24 Sun

秋の伊豆旅行・二日目のお話です。

【2日目:11月6日(月)】
おはようございます。今日もいい天気だ。
IMG_IZU_day2_0001.jpg


波も穏やかに見えます。
IMG_IZU_day2_0002.jpg


そしてこんな平日の朝なのに、サーファーが結構いるんですよね。
IMG_IZU_day2_0003.jpg


バランス取ってるな。
IMG_IZU_day2_0004.jpg

俺はおそらく上に乗るだけでもムリなのに、波の上で立とうなんてこの人たちは本当にすごいわ。


こっちはかなりの玄人さんのようです。
IMG_IZU_day2_0005.jpg

乗るだけじゃなくて、エッジをつかんだり波を切ったりしていました。


こちらはベテランの方でしょうか。
IMG_IZU_day2_0006.jpg

ボードだけ色を付けてみた。


カメラ女子発見。
IMG_IZU_day2_0007.jpg

ペットの写真を撮るのも楽しいだろうなぁ。


あまりに景色がいいので、朝飯前なのにやたらと写真を撮りたくなります。
IMG_IZU_day2_0008.jpg


ベランダにあったクモの巣。
IMG_IZU_day2_0009.jpg

中心部に大きいのがいたような気がしますが、ちょうど逆光で見えなくなってるね。


この写真だけ見たら、ハワイに来たぜって言っても通じそう^^
IMG_IZU_day2_0010.jpg


今日もいい朝日です。
IMG_IZU_day2_0011.jpg

これはかなり細工をしているけど、それでも結構気に入っている一枚です。


反射する朝日。
IMG_IZU_day2_0012.jpg


イソヒヨドリでしょうか。
IMG_IZU_day2_0013.jpg

建物のかどっこに止まっていました。

これももちろんミラーレスで撮っているのですが、まずまずきれいに撮れているような。


葉っぱにピントを合わせてみた。
IMG_IZU_day2_0014.jpg

後ろにサーファーがもうちょっと大きく入るとなおよかったなぁ。


朝食です。
IMG_IZU_day2_0015.jpg

このフタの被っているやつは蒸し物で、横にあるピーナツみそ的なものにつけて食べました。
普通にうまかった。


これは伊勢海老のお味噌汁。
IMG_IZU_day2_0016.jpg

このアタマは昨日お刺身で食べたものの残りなんだってよ。


朝からネギトロとか…いいのかなぁ。
IMG_IZU_day2_0017.jpg


さっきの蒸し物を開けた写真があった。
IMG_IZU_day2_0018.jpg


朝からがっつりと食ったので、腹ごなしにちょいと散歩をします。
IMG_IZU_day2_0019.jpg

普段海の見えない場所にいるので、海が見えるとテンションがあがってしまう^^


折角なのでサーファーさんを一枚。
IMG_IZU_day2_0020.jpg

シルエットにしているのでまぁ大丈夫だろう。


振り返ると泊っているお宿が。
IMG_IZU_day2_0021.jpg

海沿いにある割と大きめのお宿でした。


おじいちゃんも波に乗っていました。
IMG_IZU_day2_0022.jpg

この人中々立てなくて、立てたのを見たときには思わず拍手をしてしまった。

この年齢でサーフィンをしようと思うこと自体がすごいし尊敬するわ。


こっちは楽しそうな女性サーファーさん。
IMG_IZU_day2_0023.jpg


これから海に挑むお兄さん。
IMG_IZU_day2_0024.jpg

カッコイイ人でした~

目線の先は今日の波か、それとも奥の女性サーファーさんか。


さて、お部屋に戻ってきました。

気が付くともう10時過ぎでした。
なんやかんやで海のそばで1時間近く座っていたような気がする。

さすがにいつまでもいられないので、名残惜しいですが出発することにします。


これがお部屋にあったウッドデッキ。
IMG_IZU_day2_0025.jpg

ここからたくさん写真を撮りました。


ちなみにここの宿はチェックアウトが11時と遅めなのですが、最初に「11時チェックアウトです」て宿の方から聞いたときに、「え~さすがにそんな時間まではおらんよな~」って言っていたのに、結果的に宿を出たのは10時半でした(笑)


宿の送迎バスに乗って、途中で下ろしてもらってそこから下田駅まで歩いていくことにしました。

送迎バスは下田駅まで行くのですが、あえて途中で下ろしてもらいました。
「海岸線の道がきれいだから、歩いてみてはどうですか?」とお給仕をしてくれたおばちゃんに勧められたんですよ。

というわけで、のんびりまったりと海岸線の道を歩きます。


朝顔をアレンジ。
IMG_IZU_day2_0026.jpg


秋の味覚。
IMG_IZU_day2_0027.jpg

はちきれそうなくらい実っているな。


こうやって見るとトマトに見えないこともない…
IMG_IZU_day2_0028.jpg


これはなんでしょうかね?
IMG_IZU_day2_0029.jpg

えらい密集率でした。


柿をアップで。
IMG_IZU_day2_0030.jpg

後ろにもオレンジ色が見えるでしょ?


シラサギ的な鳥でしょうか?
IMG_IZU_day2_0031.jpg

随分ノイズが乗っているのですが、ブログに上げるくらいのサイズの写真なら大丈夫かな。


トンネルの向こうは…普通に湾です。
IMG_IZU_day2_0032.jpg

トンネル構図は何かを想像させてくれます。


こんな海岸線の道を歩きます。
IMG_IZU_day2_0033.jpg

たまーに車が来るくらいで、基本的にはのんびりした静かな道です。


この磯の雰囲気は鹿児島の枕崎に似ているなぁ。
IMG_IZU_day2_0034.jpg


天気はいいのですが、濃い青空ではなかったかな。
IMG_IZU_day2_0035.jpg

ちょっと薄い雲が入っているような感じでした。


気持ち良い海沿いの道ですね。
IMG_IZU_day2_0036.jpg

すこしピークを過ぎた場所のような気がしますが、まぁそれでもきれいなところだと思います。

俺みたいに人がわんさかいるところが嫌いな人にはちょうどいいや。


柿とみかんが一杯なっていたのですが、イマイチこの写真では魅力が伝わらないなぁ。
IMG_IZU_day2_0037.jpg

もうちょっと黄色を強調して撮ればよかったかな??


すこし歩くとペリーロードに来ました。
IMG_IZU_day2_0038.jpg

ペリーさんが黒船から降りた後歩いた道だとかなんとか。


色々な角度に向いて咲いているのが面白い。
IMG_IZU_day2_0039.jpg

一つ一つは小さな花なのですが、集まると中々のインパクトです。


foreignerの方も結構おられます。
IMG_IZU_day2_0040.jpg

アメリカの人にとっては自分の国にゆかりのある場所ですから、少し思うところもあるかもしれませんね。


ランタナさん。
IMG_IZU_day2_0041.jpg

きれいな花だけど、繁殖力が強すぎて生態系を崩していっているらしいです。


風情ある町並みです。
IMG_IZU_day2_0042.jpg

ちょっとだけタイムスリップした感&観光地に来た感を味わえます。


セレクトカラーで。
IMG_IZU_day2_0043.jpg

時代劇気分だよ(笑)


実り切ったみかん。
IMG_IZU_day2_0044.jpg

さぞかし甘いんだろうな。


こっちはすっぱそうな色をしとるな~
IMG_IZU_day2_0045.jpg


さて、ペリーさんが来たらしい了仙寺に来ました。
IMG_IZU_day2_0046.jpg

ここで下田条約を結んだらしいですよ。


詳しくは↓の解説を読んでください。
IMG_IZU_day2_0047.jpg


まだ緑のある時期でよかった。
IMG_IZU_day2_0048.jpg

茶色に覆われるとなんか物悲しくなるもんなぁ。

でも、花の季節にはそれはそれはキレイなんだろうなぁって思いました。
寝姿山の紫陽花も含めて、下田は6月くらいに来るのがいいのかもしれませんね。

って言っても6月にそんな休みなんかないけどな^^


本殿の屋根になんかいました。
IMG_IZU_day2_0049.jpg

これは狛犬さんかな?なんでしょうかね。


鋭い目線で見つめられました。
IMG_IZU_day2_0050.jpg

黒猫ってかっこいい。


この後黒船記念館的なところを観光。
撮影禁止だったので写真はありませんが、スライドが面白かったです。

あんなにわかりやすいビデオ、授業で使いたい。


これで一通りの下田観光を終了。
駅前に戻ってきました。
IMG_IZU_day2_0051.jpg


腹が減ったので昼飯にします。


下田カレーうどんとかいうやつだったと思う。
IMG_IZU_day2_0052.jpg

アオサが上に乗っていて、中にアワビ(?)の切ったものが入っていたような。

大変まろやかなお味だったのですが、別にアワビを強引に入れなくても…という感じだったかな?

まぁカレー自体はおいしかったですけどね。


さて、下田は十分に楽しんだので、本日のお宿のある稲取に移動します。
そのために下田駅に戻ってきたのですよ。


下田駅の関所を通って電車に乗ります。
IMG_IZU_day2_0053.jpg


するとホームに何やら派手な列車がいました。
IMG_IZU_day2_0054.jpg

「黒船列車」というそうです。
どう見ても特急列車のようですが、れっきとした普通列車で、全車自由席です。


別に特急料金もいりません。
IMG_IZU_day2_0055.jpg

最初に熱海駅で見た「キンメ列車」と同じですね。


稲取までは660円。
IMG_IZU_day2_0056.jpg


THE BLACK SHIP TRAIN か。
IMG_IZU_day2_0057.jpg

黒船をイメージしたデザインが素敵だ。

写真を撮るようになってから、色の組み合わせとか結構意識するようになりました。
同系色を並べるのか、こんな風に対照的な色を並べて際立たせるのか。

デザインする人のセンスを感じます。


普通列車なのにこの長編成。
IMG_IZU_day2_0058.jpg

今日は平日の昼間だからそんなに人は乗っていないけど、祝日や土日は満席になることもあるのでしょうね。


ペリーさんがいました。
IMG_IZU_day2_0059.jpg

渋いおっさんやな。


こんな風にシートも結構工夫されています。
IMG_IZU_day2_0060.jpg

奥のおばちゃんたちは楽しそうにビールを飲んでいました。


色々なペリーさんたち。
IMG_IZU_day2_0061.jpg

当時の日本人がどんなふうに彼を捉えていたかがわかりますよね。

でも当時ペリーさんそのものに会った人は殆どおらず、この絵も適当に想像して書いたものが瓦版に載っていたものらしいですよ。


さらば下田。
IMG_IZU_day2_0062.jpg

いいところだったなぁ。

また今度、今度は西のほうへ行ってみたいな。
次はチャリかな。


SV踊り子とすれ違い。
IMG_IZU_day2_0063.jpg


車窓からの風景は田舎そのもの。
IMG_IZU_day2_0064.jpg
こういうところに住みたい。


この車両も窓を大きめにとっていますね。
IMG_IZU_day2_0065.jpg

空もとっても青い。


前日もここで写真を撮ったような。
IMG_IZU_day2_0066.jpg


キンメさんともすれ違いました。
IMG_IZU_day2_0067.jpg


青い相模湾。
IMG_IZU_day2_0068.jpg


伊豆稲取駅に着きました。
IMG_IZU_day2_0069.jpg


黒船列車、わずかな時間でしたが中々いいものでした。
IMG_IZU_day2_0070.jpg


ここからは稲取の細野高原に行きます。
何やら「すすき祭り」というイベントをやっていたらしく、それを見に行きたかったのですよ。


タクシーで大体2000円くらい。
IMG_IZU_day2_0071.jpg


すすき祭り会場に到着したら、そこからは会場の無料送迎タクシーで上のほうに移動します。
IMG_IZU_day2_0072.jpg


どんどんと登っていき、途中でこんな景色に。
IMG_IZU_day2_0073.jpg

心高ぶる俺。


頂上付近につきました。
IMG_IZU_day2_0074.jpg

すこし階段を上ったところで撮影開始。


向こうにかかる雲と、すぐ近くの稲取の町並みが同時に楽しめます。
IMG_IZU_day2_0075.jpg


なんともまぁ…きれいなところです。
IMG_IZU_day2_0076.jpg


逆光だったのでシルエットで。
IMG_IZU_day2_0077.jpg

確かに風の強い場所だから、風力発電にはいいよね。


これは北方向かな?
IMG_IZU_day2_0078.jpg

雲の影になっているところ、普通に日光の当たっているところとの差が面白いです。


感動する俺の影(笑)
IMG_IZU_day2_0079.jpg


パラグライダーとかやったら面白そうだなぁ。
IMG_IZU_day2_0080.jpg


ミニチュア効果で。
IMG_IZU_day2_0081.jpg

あんまり効果は出ていないかな^^

これは稲取の東側、どんつく神社などがある地域のようです。


遠くの風車。
IMG_IZU_day2_0082.jpg


主役のはずのすすきよりも、遠くの景色に目を奪われてしまった^^
IMG_IZU_day2_0083.jpg


これは細野高原らしい写真かな。
IMG_IZU_day2_0084.jpg


すすきの向こうに風車。
IMG_IZU_day2_0085.jpg

もう少し風車に動きを持たせてもよかったんだけど、そうするとススキが動きまくって何が何だかわからなくなってしまいました。


玄人っぽいおっちゃんが写真を撮っていました。
IMG_IZU_day2_0086.jpg


そのおっちゃんと同じ構図で。
IMG_IZU_day2_0087.jpg

いいか悪いかはまぁ…よくわからんちゃ。


少しずつ下りながら写真を撮っていきます。
IMG_IZU_day2_0088.jpg


伊豆は本当に山がちなところなのだと改めて感じる。
IMG_IZU_day2_0089.jpg


風車はちょっと遠くから見たほうが個人的には好きです。
IMG_IZU_day2_0090.jpg


すすきメインの写真も何枚か。
IMG_IZU_day2_0091.jpg


すすきと相模湾。
IMG_IZU_day2_0092.jpg


すすきアップで。
IMG_IZU_day2_0093.jpg


ボカしてみた。
IMG_IZU_day2_0094.jpg


逆光で撮ったら真っ暗に。
IMG_IZU_day2_0095.jpg

まあこれはこれで…よく…ないよね(笑)


この何枚かは残りバッテリーわずかだった、D750(メインのカメラ)で撮りました。
そして20枚くらい撮ったところでバッテリーが完全に切れました。

バッテリーが後わずかって状態になったときに、「稲取のすすきを撮るために残しておこう」って思ったのですが、まさにそれを終えたらバッテリーが切れた感じでしょうか。

よく頑張ってくれました^^


さて、帰りも送迎バスで下まで下ろしてもらいます。
IMG_IZU_day2_0096.jpg

時間があったら帰りは歩いておりたかったけど、もう3時過ぎ。

秋の日は釣瓶落としって言いますし、安全に降りることにしました。


降りていく道もこんな感じ。
IMG_IZU_day2_0097.jpg

すすき満開。

でも、スタッフの方の会話を聞いているとこれでも今年はすすきが少ないらしいですよ。
多い時にはどんな状況になるのだろうか…


そういえば、CMだかポスターだか知りませんが撮影をしていましたね。
俺は芸能人に全く興味がないので誰かは知りませんが、華奢なお姉さんが寒い中一生懸命ポーズを取っていました。

写真も何枚かコソっと撮らせてもらったのですが、アップするのはまずいと思うので控えておきます^^
しかしほかのお客さんたちも、「誰なんだろ?」って言っていたので、純粋なモデルさんかもしれませんね。


まぁそんな話はいいとして、下界に降りてきました。


ちょうど日が沈む前だったので、何枚か太陽を入れて撮影。
IMG_IZU_day2_0098.jpg


一面の?すすき畑。
IMG_IZU_day2_0099.jpg

確かにこうやって見るとすすきが少ないっていうのはわからないでもないかな。


小さな花をアップで。
IMG_IZU_day2_0100.jpg

地上10センチくらいのところに咲いている花だったので、下に潜り込んで撮りました。

奥のお兄さんは「コイツ、何やってるの?」って思っていたことでしょう。


風車と夕暮れの太陽。
IMG_IZU_day2_0101.jpg

この日の写真ではこれが一番好きかな。


もう一枚。
IMG_IZU_day2_0102.jpg

殆どシルエットだけど、冷たい冬の雰囲気を感じていただければ。


空とすすきを入れたショットがなかったので。
IMG_IZU_day2_0103.jpg


オオセンチコガネでしょうかね?
IMG_IZU_day2_0104.jpg


すぐそばにヤギさんがいました。
IMG_IZU_day2_0105.jpg

さっきのセンチコガネさんはこの子のアレをエサにしていたのかもしれませんね。


随分暮れてきました。
IMG_IZU_day2_0106.jpg

帰りのタクシーを待っている間しばしじっとしていたのですが、なかなかに寒かったです。


この後タクシーで稲取駅に戻り、その後今日とまる宿に連絡をして、車で迎えに来てもらいました。


そして宿についてから散歩した時に撮った一枚。
伊豆稲取の夕暮れです。
IMG_IZU_day2_0107.jpg

綺麗な色やな。

ホワイトバランスを変えてちょっと赤みを出しているけど、こんな感じの色だったのは間違いないと思います。


お宿の中。
IMG_IZU_day2_0108.jpg

これだけまとめて買っても1000円くらいだった宿のおっちゃんが言っていた気がします。


色々なところにお花があったりします。
IMG_IZU_day2_0109.jpg


部屋からもう一枚。
IMG_IZU_day2_0110.jpg

こっちはちょっと薄めの色ですね。


部屋でぼーっと時間をつぶしてから夕食。
IMG_IZU_day2_0111.jpg


今日はご飯じゃなくてパンです。
IMG_IZU_day2_0112.jpg

前日が思いっきり和食だったし、どこの宿も金目鯛の煮つけがメインだったので、二日目はペンションを選び洋食にしたんですよ。


岩手ワインだそうで。
IMG_IZU_day2_0113.jpg

甘口で飲みやすかった。


手を付けてしまった後だけど、金目鯛のカルパッチョです。
IMG_IZU_day2_0114.jpg

トマトの酸味と柚子胡椒を合わせて。


カボチャのスープ。
IMG_IZU_day2_0115.jpg

結構腹に来る。


ご飯を食べたところはこういう雰囲気のところで、10組くらい座れるところでしたが今夜は我々のみ。
IMG_IZU_day2_0116.jpg

贅沢な空間です。


伊勢海老のプロヴァンス風。
IMG_IZU_day2_0117.jpg

ガーリックとトマトが効いておりました。

トマトはちょっとだけ火が通っていたのでまぁ食えました。


ひな鳥のロースト。
IMG_IZU_day2_0118.jpg

スペインから連れてきた鳥さんらしいですよ。

骨付きで少々食べにくかったけど、味は良かったです。
マスターが、「もう手で掴んで食べてください^^」って言ってくれたのでお気楽に食えました。


デザート。
IMG_IZU_day2_0119.jpg

何やら東京で修行をして、ここにご自分のお店を構えられたようなことをおっしゃってました。
おいしゅうございました。

というか、この写真右上にカメラがあるから、iPhoneで撮ったんだな。
ケータイでもきれいに撮れるよな。


御馳走様でした。
IMG_IZU_day2_0120.jpg

この写真、いい構図(自分で言うなよ)


宿の飼い猫さん。
IMG_IZU_day2_0121.jpg

ここでちょこんと座っていたのですが、カメラを向けると恥ずかしそうに目線をそらされました。


さて、何もすることはないので後はボケーっと時間をつぶします。


部屋からの眺め。
IMG_IZU_day2_0122.jpg

伊豆稲取、もうちょっと大きな町かと思っていたのですが、実際にはこういう小さな港町でした。


これは港付近をアップで。
IMG_IZU_day2_0123.jpg

初日に踊り子から撮った写真にここが写っていましたね。


コーヒーでも飲んで、あとは床に就くとします。
IMG_IZU_day2_0124.jpg

ちなみに右にあるのはJ5の望遠レンズです。


今日もいい一日でした。
天気が良ければなんでもできるや…


~三日目に続く~

2017秋 伊豆観光の旅 - 2017.12.18 Mon

11月5~7日に伊豆に旅行に行ってきました。
今の会社に入ってから初めて、自転車なしで長期の旅行に行ったんじゃないかな?


【1日目:11月5日(日)】
IMG_IZU_day1_0001.jpg

いつものように新大阪駅出発。
勿論昨日は深夜まで仕事です。眠いよ。

バタバタして準備したけど、忘れ物とかないかなぁ。


浜松駅でひかりからこだまに乗り換え。
IMG_IZU_day1_0002.jpg

この前のニット帽の女の子、かわいい子でした。


熱海駅に到着。
新幹線ホームから、在来線のホームに移動します。

ここからは伊豆急下田駅まで踊り子に乗るのですが、しばらく時間があったので撮り鉄タイム。


こちらは「キンメ列車」っていうんだって。
IMG_IZU_day1_0003.jpg

伊豆の名物の金目鯛をモチーフにした列車で、こんなフォルムなんですが普通列車です。


サイドには金目鯛と伊勢エビのイラストが。
IMG_IZU_day1_0004.jpg

かわいいとしかいえない^^


こちらは鎌倉方面へ向かう在来線。
IMG_IZU_day1_0005.jpg

多くの人がおりてきました。


そしてこれが俺の乗る「スーパービュー踊り子」号。
IMG_IZU_day1_0006.jpg

伊豆の列車といえば踊り子なのですが、元祖踊り子と、このSV踊り子、そして成田エクスプレスの車両を転用したマリンビュー踊り子の三種類があるようです。

その中でこれに乗りたかったので、これに乗り換えられるように家を出る時間を決めたんですよ。


入り口係員さんに乗車券を見せてから乗ります。
IMG_IZU_day1_0007.jpg

全車指定席なんですよ。


左手に相模湾を見ながら走ります。
IMG_IZU_day1_0008.jpg


ちょっと暗いけど、これは伊東駅です。
IMG_IZU_day1_0009.jpg


日曜の昼前の列車でしたがそれなりにお客さんは多かったです。
IMG_IZU_day1_0010.jpg

日曜でこれだから、土曜日とかものすごい人なんだろうなぁ。


伊豆半島をひたすら南下します。
IMG_IZU_day1_0011.jpg


徐々に家も少なくなり、自然が豊かになってまいりました。
IMG_IZU_day1_0012.jpg


伊豆熱川にて停車。
IMG_IZU_day1_0013.jpg

「いずあたがわ」って読むんだって。知らなかったです。


この辺りで乗客はとっても少なくなり、ほかのお客さんに気兼ねせずにパシャパシャできるようになりました。
IMG_IZU_day1_0014.jpg


左手にうっすら島が見えます。伊豆大島でしょうか。
IMG_IZU_day1_0015.jpg


これは伊豆稲取の辺り。
IMG_IZU_day1_0016.jpg


この港の風景、翌日にもう一度目にすることになります。
IMG_IZU_day1_0017.jpg


利島か、新島か。
IMG_IZU_day1_0018.jpg

ちょっとわからないけど、船も相まってきれいでした。


スーパービューって名乗るだけあって窓が広くて大変気分の良い車両でした。
IMG_IZU_day1_0019.jpg

暑い日とか雷の日はちょっと辛いかもしらんけど^^


河津の辺りでしょうか。
IMG_IZU_day1_0020.jpg


下田駅に着きました。
IMG_IZU_day1_0021.jpg

ちょうど向かいのホームに元祖踊り子が止まっていました。


観光客もやはり多いです。
IMG_IZU_day1_0022.jpg

この人たち(シルエットにしたけど)は中国からの方だったようです。


奥が俺の乗ってきたスーパービュー踊り子、右側は在来線の車両です。
IMG_IZU_day1_0023.jpg

というかね、俺は下田ってJRの駅だと思っていたんですが、伊豆急行の駅なんですね。
伊東までがJRの駅で、そこから下田までの間は伊豆急行の区間だと今回初めて知りました。


さて、昼過ぎなのでまずは昼食にします。
IMG_IZU_day1_0024.jpg

天気もカンペキです。


夜が豪華(俺にしては)なので、昼飯は軽く?ファーストフードで済ますことに。
IMG_IZU_day1_0025.jpg

ちょっとオサレなモスバーガーで(笑)

って言っても1790円使っとるな…
あ、一応言っておくが、さすがに一人分じゃないぞ(笑)


妙に小さいモスバーガーを食べた後、寝姿山までロープウェイで上がります。
これはロープウェイ乗り場の裏の川。
IMG_IZU_day1_0026.jpg

奥の桜、季節になると大層美しいんだろうなぁ。


ロープウェイで上がっていきます。
IMG_IZU_day1_0027.jpg

中々良い眺め。


キンメ列車が走っていたので、急いで一眼で撮影。
IMG_IZU_day1_0028.jpg

真ん中やや左上に走っているのがわかるかな??


山頂についた後、しばし散策します。
ここ寝姿山は山頂が自然公園になっていて、6月には紫陽花祭りが開催されるほどの紫陽花の名所だそうです。


ですが今は11月。
さすがに紫陽花は咲いていません。

今が盛りなのは、リトルエンジェルという若干いかがわしい名前のお花だそうです。
IMG_IZU_day1_0029.jpg

日本人にはノボタンのほうがしっくりくるかなぁ。


というわけでリトルバスターズ、いやリトルエンジェルの写真が非常に多いですが、我慢してくれ。
リトルバスターズとは…まぁ興味のある人は調べてくれ。


こんなお花も咲いていました。
IMG_IZU_day1_0030.jpg


これはさわやかだよなぁ。
IMG_IZU_day1_0031.jpg

リトルマーメイド、いやリトルエンジェルもいろいろな種類があるようです。
リトルマーメイドとは…見たことねぇや。


玉ボケキラキラ。
IMG_IZU_day1_0032.jpg


いい感じに日が差していたので、どうしても玉ボケを狙いたくなるシチュエーションでした。
IMG_IZU_day1_0033.jpg


逆光で撮っていたので目が若干やられてしまった(笑)
IMG_IZU_day1_0034.jpg


蕊の辺りのうねうねが特徴的だな。
IMG_IZU_day1_0035.jpg


少し歩くと展望台チックなところにつきました。
IMG_IZU_day1_0036.jpg

なんか青みがかった写真だな。


黒船来航!!
IMG_IZU_day1_0037.jpg


勿論クルーズ用の観光船です。
IMG_IZU_day1_0038.jpg


こちらは探査船でしょうかね。
IMG_IZU_day1_0039.jpg


海沿いの町。
IMG_IZU_day1_0040.jpg

ミニチュア効果がよく出ていると思います。


こっちはイマイチ効果ないな。
IMG_IZU_day1_0041.jpg

下田温泉病院とかある方向なのかな?


鯉さん。
IMG_IZU_day1_0042.jpg

少々キモかったので、キレイ目に細工してみました^^


シンプルに。
IMG_IZU_day1_0043.jpg


俺が撮ったんじゃないけど、まぁまぁきれいじゃないか。
IMG_IZU_day1_0044.jpg


玉ボケ出まくりですね。
IMG_IZU_day1_0045.jpg

しかし玉が重なっているのが非常に残念です^^


ホトトギスでしたっけ?
IMG_IZU_day1_0046.jpg

なんとも言いようのない花だな…ラフレシアと同じものを感じる。


ちょっと暗めのリトルワールド…いやリトルエンジェル。
IMG_IZU_day1_0047.jpg

リトルワールドとは、愛知県にあるテーマパークです。小学校の修学旅行で行ったけど、今もあるのだろうか。


これはえらいキラキラしてますね。
IMG_IZU_day1_0048.jpg

これでも私的にはかなりうまくいった一枚です。


赤い実。
IMG_IZU_day1_0049.jpg

何者かは知らないですが、堅そうな実ですな。


ささやかなお花。
IMG_IZU_day1_0050.jpg

親指くらいのサイズの小さなお花でした。


光の当たり具合がきれいだったので。
IMG_IZU_day1_0051.jpg

ツワブキの花でしょうかね?


これは何かなぁ。
IMG_IZU_day1_0052.jpg

調べればいいんだけど、それをしない残念な俺。


ちょっと傷んでいる部分もあったので、スポットライトでごまかしてみました。
IMG_IZU_day1_0053.jpg

きれいな花でしたよ。名前は知らんけど。


アカタテハさんかな?
IMG_IZU_day1_0054.jpg

後ろに網が入ったことと、花が傷んでいることと、羽に動きがないことが残念ですが(残念ばっかやないか!!)、目にきれいにピントが入ったので採用^^

来年もたくさんのちょうちょが撮れるといいな。


ヤマトシジミさんかな??自信ないけど、かわいい蝶だ。
IMG_IZU_day1_0055.jpg


R18(笑)
IMG_IZU_day1_0056.jpg


セセリチョウがいたので思いっきり加工してみました。
IMG_IZU_day1_0057.jpg

後ろは普通の地面なんですが、路面に日光が反射してキラキラしていたのを使ってみました。


再びリトルリーグ…リトルエンジェル。
IMG_IZU_day1_0058.jpg

これだけ絞り優先で撮ったような気がする。


頂上付近にお寺がありました。
IMG_IZU_day1_0059.jpg


何やら縁結びのお寺だとかなんとか。
IMG_IZU_day1_0060.jpg

見た目から納骨堂だと思った俺は相当病んでいるのでしょうか…


随分朽ちている方もおられるな。
IMG_IZU_day1_0061.jpg

長いことここでいろいろな人を見つめてきたんだろうな。


緑の中にポツンと咲いていてかわいかった。
IMG_IZU_day1_0062.jpg


見下ろすと下田駅。
IMG_IZU_day1_0063.jpg

マリンビュー踊り子とスーパービュー踊り子が交差するタイミングだったようです。


さて、一通り見たので帰ります。
IMG_IZU_day1_0064.jpg


中々上手にシジミさんが撮れません。
IMG_IZU_day1_0065.jpg

マクロレンズがめっちゃほしくなった(笑)


これも一見撮れているように見えるけど、寄るとブレているんですわ。
IMG_IZU_day1_0066.jpg


ホウジャクさんがいたので狙ってみた。
IMG_IZU_day1_0067.jpg

動いているものを撮るのが難しいけど、こうやってたまーに目にピントが合うと嬉しいです^^


日光を浴びるリトルエンジェル。
IMG_IZU_day1_0068.jpg

透過光ってキレイだよな。


また見たことない花が出てきました。
IMG_IZU_day1_0069.jpg

皇帝ダリアというそうです。

でかくてえらいインパクトのある花でした。


逆光を使って思いっきり加工してみた。
IMG_IZU_day1_0070.jpg

皇帝らしいラグジュアリーな感じだ。


ここ寝姿山は黒船来航時に見張っていた場所だそうです。
IMG_IZU_day1_0071.jpg

この大砲も黒船に対して使うものだったのでしょうか。

しかし、こんなものでは到底かなう相手ではなかったでしょうね。


なんて話をしていると黒船と探査船が交差していました。
IMG_IZU_day1_0072.jpg


さて、土産物屋を通ってロープウェイで下ります。
IMG_IZU_day1_0073.jpg


下った後は宿まで2kmほど歩いていきます。
タクシーに乗ってもよかったんだけど、飯までの運動とゆっくりと風景を楽しみたかったってのが理由です。


秋の味覚。
IMG_IZU_day1_0074.jpg

思いっきり熟していましたね。


ここの交差点を左折すると本日のお宿はすぐそこです。
IMG_IZU_day1_0075.jpg


宿にチェックインします。
チェックイン時にロビーに通されて、お茶とお菓子を出された後専門の方が部屋に連れて行ってくれました。

リゾートホテルであることは知っていましたが、ここまでのところだとは思わなかった。
普段と違う対応に緊張しつつテンションの上がる俺なのでした。


部屋からの眺め。
IMG_IZU_day1_0076.jpg

オーシャンビューで、さらにウッドデッキのついた広いお部屋でした。
確かにそれなりのお金は払ったけど、今までで一番広くていい部屋だったな。


お部屋で夕食です。
IMG_IZU_day1_0077.jpg

なんや豪華な夕食が出てきたぞ。


あわびの踊り焼。
IMG_IZU_day1_0078.jpg

すまん、おいしく食うから許してくれ。


前菜のようなもの。
IMG_IZU_day1_0079.jpg


伊勢海老のおつくり。
IMG_IZU_day1_0080.jpg

甘いんだ…


左は自家製チーズがどうのこうのって書いていたような。
IMG_IZU_day1_0081.jpg

右はナムル風だそうです。


おつくり。
IMG_IZU_day1_0082.jpg


あ、お品書きがあったわ。
IMG_IZU_day1_0083.jpg

気になる人は拡大して読んでください^^


松茸の土瓶蒸し。
IMG_IZU_day1_0084.jpg

なんかこんな贅沢していいんかいな…


久しぶりのアジの造り。
IMG_IZU_day1_0085.jpg

2016年の頭に千葉の勝浦で食べてからこれが大好物になりました。


直近で食べたのは去年の6月に福井に行った時だったかな。
IMG_IZU_day1_0086.jpg

新鮮じゃないと食べられないもんね。


そしてラストの金目鯛の煮つけ。
IMG_IZU_day1_0087.jpg

そろそろ腹が一杯できつくなってきた^^


ヤマモモ酎ハイだったかな?
IMG_IZU_day1_0088.jpg

俺はきついのが飲めないんですよ。


デザートのところてんとプリン。
IMG_IZU_day1_0089.jpg

プリンはマンゴーか何かのさっぱりしたプリンでした。


俺は甘いのがあまり好きではないのでデザートは普段人にあげるんですが、今回は自分で食ったぜ。

いやぁ…なんか贅沢の極みを尽くしたような気がするな。
もっと上を見ればそれはいろいろあるんだろうけど、もうこれ以上はいいや。

幸せな夕食でした。


夕食後はウッドデッキへでて夜景を撮影。
IMG_IZU_day1_0090.jpg

波の音がずっと聞こえていて、気持ちの良い夜でした。


その後館内アナウンスで、何やらサックスのライブがあるから興味のある人は見に来てね的なことを言っていたので、せっかくなので参加。


この人が奏者の「サックススズキ」さん。
IMG_IZU_day1_0091.jpg

演奏は立派なんですが、お声が大層小さくてひそひそ話レベルでした^^

俺は芸術鑑賞ができるような心を持っていないので、音楽を聴く機会なんてあまりないんだけど、さすがに今夜は気分もよかった。
優しい曲調に心地よくなり眠くなってしまった(笑)


お部屋に戻ります。
なんか優雅な夜だ…


さて、ここで残念なお話が一つ。


実は宿に来てから気づいたんですが、メインカメラ(NIKON D750)のバッテリーを充電してくるのを忘れたんですよ。



「は?」って思うでしょうが、サブのバッテリーも持ってきていたんですが、それも充電をしていない状態でもってきていたようで。

いつもどっかから帰ってきたらすぐに充電するのですが、今回に限ってそれを忘れていたようです。
しかも充電器自体も持ってくるのを忘れていたし。

持ってきた三つの電池のどれを入れてもカメラに表示される残量ゲージが一つ(ゲージ5つで満タンな)だったのを見たときの絶望感ときたら…


最初に
「バタバタと準備したけど、忘れ物ないかなぁ」って書いたのはフラグだったんだぜ(笑)


ここでいくつか救済策を考える。

AMAZONで充電器を注文して、最寄りのコンビニまで送ってもらう
→お急ぎ便でも最短で翌日の夜(三日中二日目の夜)にしかつかない(ほとんど旅行の行程を終えている)

下田の電気屋さんに行って充電器を探す
→街はずれにエディオンがあるけど、売っているかどうかわからない&充電器結構高いんだ。

ケータイで撮る
→撮る分にはいいんだけど、RAWで撮れないし、やはりケータイはケータイ。記録はできるけど、作品は作れないですもんね。

うーん…せっかくの旅行なのにぃ。


ということで、俺の取った手段は↓

同行者のカメラ(NIKON J5)を奪う★
→画質は俺のよりは悪いけど、ないよりはマシ。一応RAWでの撮影もできる。

同行者は俺に撮影を任せられると喜んでいたので、問題なかろう(ん?)


というわけでこの後ケータイで必死にNIKON J5のマニュアルを見る俺なのでした。
IMG_IZU_day1_0093.jpg

こんなにカメラのことを一晩でちゃんと勉強したことないんじゃないかってくらい読んだ^^


これは試しに月をJ5で撮ってみた画像。
IMG_IZU_day1_0094.jpg

まずまずちゃんと撮れているではないか。


こんな一日目でした。
いやぁ。バッテリーの充電忘れが痛すぎる。

でもまぁおいしいもの食べたし、いろいろと楽しい一日だったのでよしとします^^


~二日目に続く~

秋の篠山リベンジの旅 - 2017.12.04 Mon

さて、前週(10月1日&2日)の旅は雨で途中棄権を余儀なくされた俺。

今週の天気予報は明らかな晴れ。
リベンジの旅に向かおうと前夜から準備万端の状態で寝たのですが、ちゃんと起きたのは10時頃。

最近本当に早起きができなくなってきたなぁ。


10月8日(日)

あまり覚えていないけど、この吹田駅で撮った写真が11時22分だったみたいです。
IMG_SASA2_0005.jpg

朝一で出る予定だったのだが(笑)


大阪駅で丹波路快速に乗り換え、女性運転士さんの背中を見つめながら三田駅へ移動。
IMG_SASA2_0006.jpg

吹田~三田までは定期券を持っているので交通費タダです^^


輪行袋の中はこんな感じになってます。
IMG_SASA2_0007.jpg

最初どう入れたらいいのかイマイチわからなかったのは遠い日の記憶。

もう200回以上は輪行作業をしていると思います。
まぁそれでもまだあんまり上手に入れられないんですけどねぇ。


いつも仕事で来る三田駅でチャリを組み立て。
IMG_SASA2_0008.jpg

ここから前回同様に柏原まで走っていきます。


前回は大阪から一気に篠山口まで電車で行って、そこからチャリで走ったので三田~篠山口間は走っていなかったんですよね。
電車から見える田園風景を見て、一度自分の足で走ってみたいと思っていたんです。


三田市役所付近。
IMG_SASA2_0009.jpg


すこし走ると武庫川が見えてきます。
IMG_SASA2_0010.jpg


武庫川沿いにサイクリングロードがあるみたいなので、そっちへ行ってみる。
IMG_SASA2_0011.jpg


すると蕎麦畑発見。
IMG_SASA2_0012.jpg

長野に行ったときに一面の蕎麦畑を取れずに残念な思いをしたので、今回はじっくりと撮ることにします。


中心にチョウがいるんだけど、わからんやろうな。
IMG_SASA2_0013.jpg

とまったところを撮ろうと画策したのですが、なかなか止まってくれませんでした。

ハチがブンブン飛んでいたのでちょっとばかり怖かった。


田園都市三田です。
IMG_SASA2_0014.jpg

「中途半端に都会で、中途半端に田舎」byウチの生徒。


蕎麦の花ってじっくりと見たことがなかったのですが、まずまずきれいな花ですね。
IMG_SASA2_0015.jpg


反対側はJR福知山線の線路です。
IMG_SASA2_0016.jpg

見慣れた列車がが走っていました。


おじさんがいいモデルになってくれた。
IMG_SASA2_0017.jpg


空を入れて。
IMG_SASA2_0018.jpg


気が付いたら30分以上写真を撮っていました。
IMG_SASA2_0019.jpg

最初からこれでは先が思いやられる…


ちょうど実りの季節です。
IMG_SASA2_0020.jpg


米の揺れを止めようと思ったら暗くなっちゃった。
IMG_SASA2_0021.jpg

まぁこれはこれで。


俺がここにいる間に何本の電車が背後を通って行ったのだろうか(笑)
IMG_SASA2_0022.jpg


再出発。
IMG_SASA2_0023.jpg

気持ちいい道です。


武庫川沿いのサイクリングロードを行きます。
IMG_SASA2_0024.jpg


ところどころ道に枝が落ちていてビビりますが、基本的にはものっそいいい道です。
IMG_SASA2_0026.jpg


今日は天気もよさそう。いい旅になる予感。
IMG_SASA2_0027.jpg

バイクも来ないし、人通りもまばらで鼻歌なんぞ歌いながら走りたくなる道です。


田んぼの向こうに沢山の車両。
IMG_SASA2_0028.jpg

新三田駅の車両基地かな。


ヨメナさん。
IMG_SASA2_0029.jpg

前回の日記でユメナって間違って書いたけど、修正するの忘れた。


武庫川の流れ。
IMG_SASA2_0030.jpg

町の中を走るのでそんなにきれいな水ではないけど、大阪の川に比べるとそれはそれはってくらいきれいです。


JR広野駅の辺りで武庫川を渡り、田舎道っぽいところを進みます。
IMG_SASA2_0031.jpg


この辺りも三田市なのですが、随分と田舎の香りがしてきました。
IMG_SASA2_0032.jpg


ちょっと坂道になってきたし。
IMG_SASA2_0033.jpg


三田ってこんなに坂あったっけ?
IMG_SASA2_0034.jpg


まだ上る。
IMG_SASA2_0035.jpg


そろそろ勘弁してくれ。
IMG_SASA2_0036.jpg


上り切りました。
IMG_SASA2_0037.jpg

母子(もうし)の辺りのようです。


子どもたちから、給食に母子茶(もうしちゃ)なるものが出ると聞いていたのですが、この辺りで取れるお茶なのでしょうね。
IMG_SASA2_0038.jpg

地産地消、素晴らしい。


中々の田園地帯です。
というか、もうただの田舎です。

ウチの田舎(鹿児島)よりも田園です。


せっかくなので一枚。
IMG_SASA2_0039.jpg

今回はチャリの写真が多いかも^^


きっとおいしいお米になるのでしょう。
IMG_SASA2_0040.jpg


上ってきた分、ここからは少し下ります。
IMG_SASA2_0041.jpg


もうちょっと米を…
IMG_SASA2_0042.jpg


殆ど人もいません。
IMG_SASA2_0043.jpg

聞こえるのは農機の音くらいでした。


武庫川の源流なのかな。キラキラがキレイ。
IMG_SASA2_0044.jpg


国道176号を目指して走ります。
IMG_SASA2_0045.jpg


国道に合流、しかし交通量が多く気を遣います。
IMG_SASA2_0046.jpg

この写真には車は写っていませんが、道を横断するのにしばらく待ちました。


さっきまで走っていた道がのんびりだったので、交通量の多い道に入ると緊張します。
IMG_SASA2_0047.jpg


横を通る車の方にも申し訳ない。
IMG_SASA2_0048.jpg


藍本駅の近くでしょうか。
IMG_SASA2_0049.jpg


田園。
IMG_SASA2_0050.jpg


この辺を走っていると「酒滴神社」という看板を見つけたので吸い込まれるように寄り道へ。
IMG_SASA2_0051.jpg


藍本駅前の踏切を渡ります。
IMG_SASA2_0052.jpg


すこし北へ移動すると…
IMG_SASA2_0053.jpg


酒滴神社に到着。
IMG_SASA2_0054.jpg

チャリを止めて散策してみます。
ちなみに「さかつるじんじゃ」と読みます。


オモロイ顔の狛犬さん。
IMG_SASA2_0055.jpg


神社の反対側にはちょっとした畑が。
IMG_SASA2_0056.jpg

その向こうを丹波路快速が走っていきました。


電車ってやっぱりいいよなぁ。
IMG_SASA2_0057.jpg

飛行機も車も乗りますが、やっぱり電車の旅が一番好きです。


さて、境内を散策してみます。
IMG_SASA2_0058.jpg

といっても小さな神社なんですけどね。


本殿の前から。
IMG_SASA2_0059.jpg

ひっそりと静まり返っていましたが、例大祭の時などは賑やかなのでしょうね。

田舎の人は特にそういう伝統を大事にする気風がありますからね。


境内を後にし、コスモスの生えていた畑に移動。
また蝶と戯れる時間です。


IMG_SASA2_0060.jpg

このチョウ、見たことなかったので何か珍しいもの発見したのではないかと喜んでいたのですが、普通にどこにでもいるやつだったようです(笑)

お名前はキタテハさん。
キタテハっていうけど、ツマグロヒョウモンよりも赤みが強かったような。


こっちはクロアゲハかな。
IMG_SASA2_0061.jpg

終わりかけの曼殊沙華にむさぼりついていました。

赤と緑と、チョウの黒色がいい組み合わせだと思う。

もう今年はチョウのシーズンは終わったけど、来年はまたたくさん撮れるといいなぁと最近つくづく思います。


後ろを走りぬけるJR福知山線。
IMG_SASA2_0062.jpg


スタンダードなコスモス。
IMG_SASA2_0063.jpg

意外とこのタイプの写真は撮っていない気がするなぁ。


蜻蛉もいました。
IMG_SASA2_0064.jpg

名前はなんでしょうかね。ちょっと調べる気力が…


こうやってじっととまっている時、この子たちは何を考えているのでしょうかね。
IMG_SASA2_0065.jpg

飛んでいるときととまっている時とどっちが楽なんだろうか。


特急こうのとり。
IMG_SASA2_0066.jpg

一度だけ乗ったことがあります。


ツマグロヒョウモンと紅白コスモス。
IMG_SASA2_0067.jpg


後ろから一枚。
IMG_SASA2_0068.jpg


あまりピントが合っていないけど。
IMG_SASA2_0069.jpg


これが今回のお気に入り。
IMG_SASA2_0070.jpg

顔が見えない写真も面白いかも。


写真を撮っている間に何本も電車が後ろを通っていきます。
IMG_SASA2_0071.jpg


大阪行きか。
IMG_SASA2_0072.jpg

後1時間もすれば大阪に着きますね。


アクロバット。
IMG_SASA2_0073.jpg

正直なぜこんなスタイルでとまっていたのか、今でも疑問です。

アンバー強調とかいう仕上げ方みたいです。よくわからんけど。


妖しい白色コスモス。もちろんRAWからの現像。
IMG_SASA2_0074.jpg

仕上げ方一つでどうにでも変わる写真の恐ろしさです(笑)


こんな踏切のそばで撮っていました。
IMG_SASA2_0075.jpg

写真の左のほうがコスモスの生えていたところです。

奥のキンチョウの蚊取り線香の看板がレトロでいいなぁ。


線路って夢があるよな。
IMG_SASA2_0076.jpg

この線をたどっていけば枕崎にも、稚内にも行けるんだよな。


秋の味覚。
IMG_SASA2_0077.jpg


どう撮ったらいいのか常に悩むやつです^^
IMG_SASA2_0078.jpg


ここに来るまでの武庫川沿いにも柿がたくさん生えていて、目を楽しませてくれます。
IMG_SASA2_0079.jpg

四季があるといろいろと面倒もありますが、季節ごとの楽しみはありますわな。


この電車を見送り、
IMG_SASA2_0080.jpg


酒滴神社の鳥居にお別れをして再出発。
IMG_SASA2_0081.jpg

ここにも一時間くらいいたような…


しばらくは住宅街を走ります。
IMG_SASA2_0082.jpg


線路のそばに柿とキバナコスモス。
IMG_SASA2_0083.jpg


田園の中をゆっくりと走ります。
IMG_SASA2_0084.jpg


ここから国道176号に再合流。
IMG_SASA2_0085.jpg


日曜の夕方とあってか、篠山方面へ向かうこの路は交通量も大分少なめでした。
IMG_SASA2_0086.jpg

逆に三田、大阪方面へ向かう車は多かったな。帰宅の途に就いた人たちだったのでしょうかね。


ちょっと走って篠山市入り。
IMG_SASA2_0087.jpg

ということはこれまではずっと三田市だったんですね。三田、広いな。


傾きかけた日を浴びながら走ります。
IMG_SASA2_0088.jpg

前方の高架は舞鶴若狭自動車道のようです。


田園にあるお社。
IMG_SASA2_0089.jpg

地元の実りの神様でしょうか。


どうも左手の川沿いの道が気になったので、このちょいと先で左折。
IMG_SASA2_0090.jpg


小さな橋を渡り本日何度目かわからない休憩をします。
IMG_SASA2_0091.jpg


里山の風景です。
IMG_SASA2_0092.jpg


影絵。
IMG_SASA2_0093.jpg


とても気持ちの良い風景です。
IMG_SASA2_0094.jpg


チャリとカバンは放置プレイ。
IMG_SASA2_0095.jpg


すぐそばの草野駅を出発した電車がゆっくりとやってきました。
IMG_SASA2_0096.jpg


ふわふわと猫じゃらし。
IMG_SASA2_0097.jpg


差し込む太陽。
IMG_SASA2_0098.jpg

ホワイトバランスを寒色系にしたらこんな色になったよ。


真昼の月…じゃなくて太陽。
IMG_SASA2_0099.jpg

これも同上^^


何度目かに見たこうのとり。
IMG_SASA2_0100.jpg


しかし気持ちいいところだ。
IMG_SASA2_0101.jpg

しばらくぼーっと遠くを見ていました。

俺は人の多いところが苦手な分、こういうところが人以上に好きなんだろうな。


なんでこんな写真を撮ったのかと思ったら、水に鉄塔が映っているからだった。
IMG_SASA2_0102.jpg


チャリのところに戻ると前輪にお客様が。
IMG_SASA2_0103.jpg

お食事中だったようです。

アオイトトンボでしょうか。
シルエットがフレームに映っているのが好き。

どうしたもんかと思っていたら、空気を読んだのかスッと飛んで行ってくれました。


愛車です。
IMG_SASA2_0104.jpg

いつもいつもありがとう。


ネットにもたれかけて撮影…
IMG_SASA2_0105.jpg

ってこのネット、動物除けのために電気が流れるヤツだったみたいです。
触らなくてよかった。


背中に日光を浴びながら再出発。
IMG_SASA2_0106.jpg


これはコンデジで撮ったのですが、このコンデジの発色だとものすごく水田の緑が強く出るね。
IMG_SASA2_0107.jpg

コンデジ:Canon
一眼:ニコン

会社によって発色の仕方が違うとは聞きますが、なるほどわかる気がします。


まっすぐ行くとまた国道176号に合流するようです。
IMG_SASA2_0108.jpg


この後南矢代駅付近で裏道にそれて走行。
IMG_SASA2_0109.jpg


細い道でちょっと怖い。
IMG_SASA2_0110.jpg


南矢代駅を過ぎて、何度目かの国道176号へ合流。
IMG_SASA2_0111.jpg

この辺りはこの通りすばらしい舗装状態でした。

日本は自転車後進国って言われますが、こういう道が増えるといいなって思います。


右手を走るJRの線路を見ながらひたすら北上。
IMG_SASA2_0112.jpg


だいぶ日も傾いてきました。
IMG_SASA2_0113.jpg


もうすぐ篠山口かな。
IMG_SASA2_0114.jpg


徐々に建物が増えてきます。
IMG_SASA2_0115.jpg


この奥が前週のスタート地点のJR篠山口駅。
IMG_SASA2_0116.jpg

一週間ぶりだぜ。


ここからは前週走ったルートなので、最短距離で柏原を目指します。
IMG_SASA2_0117.jpg


その前に水分を補給しついでにTwitterを更新。
IMG_SASA2_0118.jpg

これを買った自販機のそばに最大級のジョロウグモがいて久しぶりに心臓を傷めました(笑)


黒豆畑を照らす夕日。
IMG_SASA2_0119.jpg

丹波篠山の黒豆はブランド品だぜ。

この辺りは緩やかな登坂でした。


この辺りが頂上かな。
IMG_SASA2_0120.jpg

比較的新しいバイパス道路だったみたいで、トンネル内の歩道もちゃんと整備されていて走りやすかったです。


トンネルを抜けるとそこは丹波市でした。
IMG_SASA2_0121.jpg

この状況、もっとも写真を撮るのが難しいシチュエーションです。
看板に明るさを合わせれば後ろの空を真っ白になるので、なんとか空に合わせた結果がこの色です。

これを防ぐには一眼で撮って、HDR処理をするか、フィルターをかけて補正をかけるしかないんですよね。
もしくはフラッシュを炊いてもよかったのかな。

しかし人間の目は看板を見ながら夕日も見ることができます。
人間の目のダイナミックレンジ(同時に明るさを感じ取れる範囲)はものっそい広いみたいです。すごいよ人体。


紅葉がきれいだったので、リュックから一眼を取り出して本日最後の撮影タイム。
IMG_SASA2_0122.jpg


大分暗めにして、夕日の色を出してみました。
IMG_SASA2_0123.jpg


すぐに沈んでいく夕日。
IMG_SASA2_0124.jpg

ここにいる間にもどんどんオレンジ色が濃くなっていきます。


葉っぱにちょっと調整をかけているけど、オレンジ色は大体こんな感じだったな。
IMG_SASA2_0125.jpg


赤い車にピントがあった(笑)
IMG_SASA2_0126.jpg


これはミニチュア効果で特殊処理。
IMG_SASA2_0127.jpg

色合いが面白いことになった。


暗くなってきました。
IMG_SASA2_0128.jpg

冷えてきたし、そろそろ出発しましょう。


どこへ向かう飛行機なのかな。
IMG_SASA2_0129.jpg

この上昇している時間帯が俺は一番きつい(重力を感じて酔いそうになる)のですが…


この後一気に坂を下るとすぐに柏原駅に着きました。
IMG_SASA2_0130.jpg

あまりにあっけなかったので、「え?もう駅なん?」って独り言を言ったと思う。


ここから3km弱暗くなった道を走り、本日のお宿、「パークインカイバラ」にチェックイン。
先週とまったお宿より少しお高いですが、部屋はリニューアルしたてだったのか、ものっそいキレイでした。


テレビは世界遺産をやっていたような。
IMG_SASA2_0131.jpg

この日のテーマは熊野信仰でしたね。
大峯山とか、熊野本宮大社とか、自分の行ったことのある場所が紹介されていて、興味深く見てしまった。

ナレーションの杏ちゃんの声、かわいいんだよな。
そしてこの番組の間に流れるCanonのCMを見ていると、また新しいレンズやカメラが欲しくなるんだ(笑)


この後お風呂に入り、ぼーっとテレビを見た後食事に行きます。


チャリで少し走ったところにあるラーメン屋「第一旭」さん。
IMG_SASA2_0132.jpg


今日もカロリーをいただきます。
IMG_SASA2_0133.jpg


この後翌日の朝食なんぞを買ってから宿に戻りました。

そのあとの記憶はあまりないなぁ。
気持ち良いベッドでゆっくりと眠ったのでしょうね。


1日目の走行記録
IMG_SASA2_0004.jpg

IMG_SASA2_0003.jpg


10月9日(月)

おはようございます。
部屋でゆっくりとサンドイッチを食べて出発です。


今日もこの通りの快晴。
IMG_SASA2_0134.jpg

前回のリベンジ達成は間違いなさそう^^


まずは近くにある新井神社(にいじんじゃ)へ向かいます。
IMG_SASA2_0135.jpg

別にそこが今回のメイン目的地ってわけじゃなかったんだけど、せっかく近くにあるし行こうって感じです。


畑作地帯を走ります。
IMG_SASA2_0136.jpg

朝のジョギングでしょうか。健康的で素晴らしい。


朝一でこんなに気持ち良い道を見せられたら、否応なしにもテンションが上がってしまう。
IMG_SASA2_0137.jpg


今日も頼むぞ。
IMG_SASA2_0138.jpg


この奥側が柏原の中心部になるのかな。
IMG_SASA2_0139.jpg


青空と赤いチャリ。
IMG_SASA2_0140.jpg


正面に見える建物は小学校、そこを左折。
IMG_SASA2_0141.jpg


住宅街を少し走って…
IMG_SASA2_0142.jpg


すこし山へ向かうと…
IMG_SASA2_0143.jpg


新井神社に到着。
IMG_SASA2_0144.jpg


柏原町の指定文化財…すごいのかすごくないのかよくわからないけど、歴史のありそうな神社です。
IMG_SASA2_0145.jpg


青空が入るとなんでもきれいに見えるなぁ。
IMG_SASA2_0146.jpg


この辺りは氷上郡って言われていたのでしょうか。
IMG_SASA2_0147.jpg


ちょっと見にくいけど、式内社って書いてありますね。
IMG_SASA2_0148.jpg

式内社→927年にまとめられた、延喜式神名帳に乗っている神社ということになりますから、かなりの古社のようです。


鳥居やしめ縄は割と最近作ったもののようですね。
IMG_SASA2_0149.jpg


宮司さんのおうちのそばに生えていたお花。
IMG_SASA2_0150.jpg

空がきれいだったので。


苔むす境内。
IMG_SASA2_0151.jpg


太陽を入れて。
IMG_SASA2_0152.jpg


ローアングルで。
IMG_SASA2_0153.jpg

苔が入ると味わい深くなるというか、なんか厳かな雰囲気になるよなぁ。


この案内によると6世紀の創建とのことです。
IMG_SASA2_0154.jpg

まだ聖徳太子が生きていた時代だもんなぁ。


境内を離れて少し散歩してみます。
IMG_SASA2_0155.jpg


この秋何度目の登場かわかりませんが、ヤマゴボウ様です。
IMG_SASA2_0156.jpg

毒々しい色だわ。


何の綿毛だろうか。
IMG_SASA2_0157.jpg

これからふわふわと風に身を任せて子孫繁栄を目指すのでしょう。


新井神社の境内前。
IMG_SASA2_0158.jpg

こういう水路の入った風景が大好きです。


これは違う水路だけど、秋の水路の水です。
IMG_SASA2_0159.jpg

とっても冷たいのでしょうね。


夏は入って水遊びなんぞしたくなるな。
IMG_SASA2_0160.jpg


ヨメナさん。
IMG_SASA2_0161.jpg

光が差しているのがきれいだったので一枚撮ってみた。


一通り見たので、宮司さんのお宅へ行ってみようと思ったらタイミングよく宮司さんのおかみさんが出てきてくださいました。
IMG_SASA2_0162.jpg

御朱印をお願いすると快く受けてくださったので、書いてもらっている間にご自宅のお庭を撮影させてもらう。


こういう花に囲まれた生活がうらやましい。
IMG_SASA2_0163.jpg


アブチロンでしょうか、面白い形です。
IMG_SASA2_0164.jpg


ご自宅の前。
IMG_SASA2_0165.jpg

玄関に飾られた小さなしめ縄がいいな。


無事御朱印をいただきました。
自転車で来たこととか、今日は姫路のほうまで行くと伝えると大層びっくりしておられました。

何やら昨日は秋の例大祭だったらしく、それはそれは大変だったとのこと。
今日は今から片付けの続きなんだって。

忙しいときに時間を取っていただき感謝です。

おばあちゃん、ありがとう。


話の中で本殿のサルの彫り物が面白いよと言われたので、もう一度本殿に行ってみる。
IMG_SASA2_0166.jpg

なるほど、これか。


なんか満たされてる顔してるな…
IMG_SASA2_0167.jpg


こっちは何をやってしまったのでしょうか。
IMG_SASA2_0168.jpg

洗った皿を落とした
ゴール前で買っていた馬が差された
1アウト1・3塁からセカンド正面にゴロがとんで、チェンジと思いマウンドから歩いてきたら、送球がそれてレフトがボールを拾っているのを目撃したときのピッチャーでしょうか。

神に関するものにこんな物言いしたら罰が当たるかな…まぁ冗談ですので許してください。


お二人とも、どのくらいここにいるのでしょうかね。
IMG_SASA2_0169.jpg

木で彫られたものなので、雨風に晒されると風化していきそうだから、何度か作り直されているのだろうと思います。


拝殿横の絵。
IMG_SASA2_0170.jpg

なんか戦っぽい雰囲気ですが果たして。


いただいた御朱印。
IMG_SASA2_0171.jpg

「どこの神社さんもきれいな字ばかりで私が書くのは恥ずかしい」なんておっしゃってましたが、十分立派な字ですよ。


コスモスを見ながら再出発します。
IMG_SASA2_0172.jpg

今日は西脇市の兵主神社(ひょうずじんじゃ)によって、そのあとは姫路方面に走って、どっかから電車に乗って帰ります。


祝日の月曜日をスイスイと走る贅沢。
IMG_SASA2_0173.jpg

車だと交通量が多くなるのでしょうが、自転車だとあまり関係ありません。


大きな家です。豪農かな?
IMG_SASA2_0174.jpg


自転車歩行者に注意。
IMG_SASA2_0175.jpg

マジそれです。迷惑かけているのはわかるけど、ドライバーさんがミスったら俺ら死ぬんだよ。


ちょいと坂を上ります。
IMG_SASA2_0176.jpg


すると加古川沿いに出ました。
IMG_SASA2_0177.jpg

前日の武庫川沿いに負けず劣らずのいい道です。


ここもしっかり実っとるな。
IMG_SASA2_0178.jpg


時折大きなクモがいることをのぞいては非常に快適です。
IMG_SASA2_0179.jpg


このまま河口まで降りられればいいなぁなんて思っていましたが、さすがにそれはムリっぽい。
IMG_SASA2_0180.jpg


こっから先は御覧の通り道に草が生い茂っていてとても走れそうにないのでここを左折。
IMG_SASA2_0182.jpg


すこし住宅街を抜けて、
IMG_SASA2_0183.jpg


国道175号に合流。
IMG_SASA2_0184.jpg

やっぱり交通量のある道は気を遣う。


引き続き加古川を見ながらダラダラと下っていきます。
IMG_SASA2_0185.jpg


この日は南からの風だったので、自分が進む前方方向から向かい風が吹いてきて非常にだるい。
IMG_SASA2_0186.jpg


あまり風を遮るものもないので、我慢してダラダラと漕いで行くしかありません。
IMG_SASA2_0187.jpg


まぁ坂道でもないし、天気もいいのでよしとしましょう。
IMG_SASA2_0188.jpg


追い越す方、本当にすみません。迷惑かけます。
IMG_SASA2_0189.jpg


しかし恐ろしいくらいのまっすぐな道だ。
IMG_SASA2_0190.jpg


市役所はまだ先ですが、一応西脇市には入ったようです。
IMG_SASA2_0191.jpg


ずっと平坦でまっすぐな道で、そろそろ飽きてくる(笑)
IMG_SASA2_0192.jpg


中途半端に建物もあるから、あまり田舎の新鮮味もないしなぁ。
IMG_SASA2_0193.jpg


俺が今まで走ったところだと、岡山の田舎のほうに似ている雰囲気だったかなぁ。
IMG_SASA2_0194.jpg


ところで、ハンドルが入っている写真は自転車につけているカメラが1分ごとに勝手に撮っているのですが、走行記録を残すって意味では結構便利ですね。
IMG_SASA2_0195.jpg



こんな広い道でしょっちゅう止まって写真なんて撮れないし、だるいときには止まって撮る気力すらないですからね。
IMG_SASA2_0196.jpg


元々は動画撮影用のカメラだったのですが、こっちの使い方のほうがいいかも?と思う今日この頃です。
IMG_SASA2_0197.jpg


まぁバッテリーの持ちが非常に悪く、一日撮ろうと思うとバッテリーが5つくらい必要なのがちょいと厄介なんですけどね。
一眼のバッテリー5つにコンデジのバッテリー予備1つ、このアクションカムのバッテリー5つを持ち歩くとなるとバッテリーの重さだけで相当面白いことになってしまいます(笑)


なんて話をしていたら曲がり道に来たようです。
IMG_SASA2_0198.jpg


しかし俺はそれに気づかず信号を渡ってしまったので、ちょいと戻って右折します。
IMG_SASA2_0199.jpg


加古川…これはまだ上流のほうですが、それでも大きな川ですね。
IMG_SASA2_0200.jpg


国道175号からしばし東へ移動。
IMG_SASA2_0201.jpg


かわいらしいJR黒田庄駅の前を左折。
IMG_SASA2_0202.jpg


うちの父の実家の前のような中途半端な住宅街を抜けると…
IMG_SASA2_0203.jpg


JRの線路の向こうに大きな鳥居が見えました。
IMG_SASA2_0204.jpg


兵主神社に到着です。
IMG_SASA2_0205.jpg


拝殿。
IMG_SASA2_0206.jpg


すこし散策してみる。
IMG_SASA2_0207.jpg


随分歴史を感じる狛犬さん。
IMG_SASA2_0208.jpg


拝殿の前にて。
IMG_SASA2_0209.jpg

ここも前日がお祭りだったようで、拝殿にはその名残のお酒とか電飾なんぞが置いてありました。


さっきのとは別の狛犬さん。
IMG_SASA2_0210.jpg

何を思っているのだ?


自転車は入り口でちょこんと休憩。
IMG_SASA2_0211.jpg


道路の反対側には広い池がありました。
IMG_SASA2_0212.jpg


ローカル感丸出しなバス停。
IMG_SASA2_0213.jpg


境内入り口。
IMG_SASA2_0214.jpg


神社にいると踏切が鳴る音が聞こえたので、急いで電車を撮りに行ったらちょうど通過していくところでした。
IMG_SASA2_0215.jpg

シャッタースピードを設定し忘れたので電車が止まらなかったよ^^


境内に戻って、もう少しお散歩。
IMG_SASA2_0216.jpg


なんかセクシーな鯉だな。
IMG_SASA2_0217.jpg


こっちは艶やかな感じ。
IMG_SASA2_0218.jpg


噴水を作品にしてみた。
IMG_SASA2_0219.jpg


最後に拝殿と秋の空を一緒に撮ってみた。
IMG_SASA2_0220.jpg

これは一眼での撮影。

一眼を買って最初の頃、自分が思うままに一眼で写真で撮っても、前から持っていたコンデジで撮った写真のほうが明らかにきれいだったんですよね。
コンデジどころかiPhoneにすら負けていたような気がします。

それがだんだんと知恵をつけて、まぁなんとか一眼らしい(?)写真を撮れるようにはなった気がします。
勿論まだまだまだまだまだまだまだm…ですが、まぁ少しずつでもマシになっていると嬉しいな。


自転車を支えてくれていた灯篭に挨拶をして、出発するとします。
IMG_SASA2_0221.jpg


日本へそ公園方面へ向かいます。
IMG_SASA2_0222.jpg


この辺はものすごい稲作地帯で、さらにやたらと「山田錦」というお米を推していました。
IMG_SASA2_0223.jpg

山田錦は米そのものがおいしいこともさることながら、お酒にしてもおせんべいにしてもおいしいんですよね。


あんまり立派な田んぼが続くので写真を撮っていくことにします。
IMG_SASA2_0224.jpg


藁の上のちょうちょが。
IMG_SASA2_0225.jpg

中心部にいるんだけど、わかるかな?


コンデジで撮るつもりだったので、気が付いたら一眼を手にしていました。
IMG_SASA2_0226.jpg


秋の実り、真っ盛りです。
IMG_SASA2_0227.jpg


兵庫県でこれだから、新潟、北海道、秋田などはそれはそれは一面の黄色なのでしょうね。
IMG_SASA2_0228.jpg


相変わらずの秋晴れの空。
IMG_SASA2_0229.jpg

この日は秋晴れを通り越して夏を思わせる暑さだったので、大層日焼けしました^^


米の下に潜り込んで一枚。
IMG_SASA2_0230.jpg


風に揺れる米をバシっと捕まえるのは中々難しい。
IMG_SASA2_0231.jpg


黄色の海を駆けるチャリダーさんたち。
IMG_SASA2_0232.jpg


こちらは仕事中。
IMG_SASA2_0233.jpg

マジで繁忙期なんだろうな。


折角なので記念撮影。
IMG_SASA2_0234.jpg

この写真、もちろん画質調整はしているんだけど、すごく好きです。


こっちは遊んでみた。
IMG_SASA2_0235.jpg

セレクトカラーっていうのかな?よくわからんけど。


セイタカアワダチソウが稲穂に同化して保護色かしておるな。
IMG_SASA2_0236.jpg


引き続き稲穂の海を見ながら走ります。
IMG_SASA2_0237.jpg


モフモフを発見。
IMG_SASA2_0238.jpg


やっぱり寄ってもモフモフしていました。
IMG_SASA2_0239.jpg

何者なんでしょうか。


ここは兵庫県なんですが、こんなに広々して長閑な場所があるとは思いませんでした。
IMG_SASA2_0240.jpg

ここは兵庫の中部ですが、中~北部は山がちで平べったいところはあまりないのだろうと思っていましたから。


水分補給。
IMG_SASA2_0241.jpg

たしかコーラを買ったような。


広い広い歩道を走っていきます。
IMG_SASA2_0242.jpg


すこし上り。
IMG_SASA2_0243.jpg


奥の看板のある交差点で右へ。
IMG_SASA2_0244.jpg

JRの線路のほうへ向かいます。


左手にコスモス畑を見ながら少し走ると…
IMG_SASA2_0245.jpg


日本へそ公園に到着。
IMG_SASA2_0246.jpg

しかしものっそい人だったので、本格的に中には入らずにJRの駅へ向かいます。


前方に小さな建物が見えてきました。
IMG_SASA2_0247.jpg

あれがJRの「日本へそ公園」駅です。


電車は一時間に一本、というかこの時間は特に少なく、次の加古川方面の電車は2時間後だったような気がする。
IMG_SASA2_0248.jpg

皆さん車で移動するでしょうから、どうしても電車の本数は少なくなるのでしょうね。

JR三江線が来年の3月で廃線になるというのが話題になっていますが、加古川線は大丈夫なのかな?
俺は隣県の大阪に住んでいるけど、加古川線なる路線があると知ったのはつい最近ですからね…


記念撮影。
IMG_SASA2_0249.jpg

色々なところで記念撮影をしているけど、また一枚増えたね。


ここは東経135度、北緯35度の線が交わる点だそうで、それをもって日本のへそと言っているようです。
IMG_SASA2_0250.jpg

もっとじっくりと読みたかったけど、デカイ蜘蛛が巣を張っていたのですぐに逃げました(笑)


この後少し走ったところでやはり電車の写真が撮りたくなり、近くの踏切へ移動。
谷川方面の電車がやってくるところを狙います。
IMG_SASA2_0251.jpg


やってきました。
IMG_SASA2_0254.jpg

かわいい一両編成です。


あっという間に俺の目の前を通って木のトンネルの中へ消えていきました。
IMG_SASA2_0255.jpg


これで思い残すことはありません、あとは加古川までダラダラと走るのみです。
IMG_SASA2_0256.jpg


相変わらず前方から風が吹いてきます。
IMG_SASA2_0257.jpg


目的を達成しモチベーションもだんだんと低下してくる(笑)
IMG_SASA2_0258.jpg


加東市に入りました。
IMG_SASA2_0259.jpg

この辺からはこれまで以上に「どこにでもある」風景を走る感じです。

桃山台とか箕面とかと同じような景色でした(ものっそいローカルですが)


こうなってくるとただの苦行でしかありません。
「どっか適当に温泉入って、最寄りの駅から電車で帰ろう」なんて思ったのですが、温泉と駅がそばにくっついているところがあまりないんですよね。


仕方ない、もう少し進もうって思いどんどこ進んでいくうちに小野市入り。
IMG_SASA2_0261.jpg

気分はオーノー。


スコールで甘みを補充。
IMG_SASA2_0262.jpg


えらいきれいに水田が見える場所があったので、とまって撮影する。
IMG_SASA2_0263.jpg

最近の日本の水田ってちゃんと区画整理されたところが多いのでしょうが、ここは昔ながらの?形をしていました。


自転車を入れて今回最後の記念撮影。
IMG_SASA2_0264.jpg
今回はカバンも一緒に。


この後まっすぐ下り、市場東とかいう交差点で右折し再び加古川沿いを下ります。
IMG_SASA2_0265.jpg

この写真の奥が加古川の土手です。


三木市に入りましたが、位置関係が全くわからん。
IMG_SASA2_0266.jpg


細い細い川沿いの道から加古川沿いのサイクリングロードに降りる。
IMG_SASA2_0267.jpg

これは加古川大堰というようです。


こんな魚は…いないだろうな。
IMG_SASA2_0268.jpg


俺がよく走る神崎川や淀川のサイクリングロードとは少し違う感じの道でしたが、広々として気持ち良い道でした。
IMG_SASA2_0269.jpg


つらい向かい風の中を「あと何キロ…あと何百メートル…」とカウントダウンしながら河口付近までやってきました。
IMG_SASA2_0270.jpg


野球少年たち。
IMG_SASA2_0271.jpg

子どもたちは元気だね。


この後駅の近くの銭湯で汗を流し、スコールを補充して帰宅準備完了。
IMG_SASA2_0272.jpg


銭湯のテレビではミサイル関連のニュースをやっていました。
IMG_SASA2_0273.jpg

後は加古川駅から輪行し吹田まで帰りました。
祝日の夜ということで結構心配していたのですが、大阪まで割と問題なく帰れました。

平日のほうが帰宅ラッシュと被ったらえらいことになるのかな。


ということで前週のリベンジの旅でしたが、大変満足のいく小旅行になりました。
走りたかった加古川線沿いも制覇できたし、秋の田園風景を満喫できた感じです。

そんなに遠くにいかなくていいものが見られるのだなと感じた旅でした。


二日目の走行記録
IMG_SASA2_0002.jpg

IMG_SASA2_0001.jpg


それでは、次回の旅日記でお会いしましょうノシ

秋の篠山ぽたりんぐ日記 - 2017.11.27 Mon

このブログって一か月間記事を書かないと広告が入ってしまうんですが、それは避けたいと思っていたのにいつの間にか一か月過ぎてしまったようです。

てなわけでしぶしぶ更新(笑)


いやね、本当に時間がなかったんですよ。
どっかお出かけしているか仕事で日月は殆ど家にいませんでしたからね。

そしてなんといっても…

これは最後にかくとしましょうか。


まぁとにかく、久しぶりの記事です。
読んでくださる方、ありがとうございます。


10月の頭に篠山へプチチャリ旅行にいってきました。
随分前のことなので記憶が貞子…いや定かではありませんが、頑張って書いてみます。


大阪駅から丹波路快速に乗り、篠山口まで輪行します。
SASA1_0001.jpg

この写真を見る限り昼前の出発だったみたいですね。


電車の中で本日のルートを検索。
SASA1_0002.jpg

篠山口から柏原(カイバラとよみます)までまっすぐ行くとあまりに近いので、谷川経由で遠回りしていくことにしました。


いつもの大阪駅から出発。
SASA1_0003.jpg


先頭車両の補助席に座って優雅な電車旅です。
SASA1_0004.jpg


1時間ちょいで篠山口駅に到着。
SASA1_0005.jpg

天気はイマイチです。
なんか数日前までは晴れときどき曇りとかいっていたのにどんどん天気が悪くなっていきましたね。


出発してもイマイチシートの高さが合わないのでこの辺で調整。
SASA1_0006.jpg


国道176号をいきます。
SASA1_0007.jpg


建物はありますが、やっぱり田舎って感じですね。
SASA1_0008.jpg


交通量もそれなりにあるので、ちょっと気を遣います。
SASA1_0009.jpg


ちょいと坂道を上るだけで息が切れる。運動不足ですな。
SASA1_0010.jpg


民家もちらほら。この先の交差点で左折し、わざわざ遠回りします。
SASA1_0011.jpg


この辺からなおいっそう田舎な雰囲気に。
SASA1_0012.jpg


俺の田舎の鹿児島もこんな感じですが、どこも少し山に入るとこんな感じなのでしょうね。
SASA1_0013.jpg


まぁ都会の道をはしるよりもずっとずっと俺は好きですけど^^
SASA1_0014.jpg


走っていると写真の左側から電車の音が聞こえてきます。
SASA1_0015.jpg

折角なので写真を撮ろうと思い時刻表を見るとまだ次の電車まで時間がありそうなので走ります。
昔は時刻表を見るなんて全然なかったんだけどな。趣味って怖い。


しかしいい道だな。平坦で殆ど起伏もありません。
SASA1_0016.jpg


ここいらで位置関係と時刻表を再確認。
SASA1_0017.jpg


すこしだけ坂。
SASA1_0018.jpg


たまには対向車。
SASA1_0019.jpg


芒も生えて秋の感じですね。
SASA1_0020.jpg


だんだんと開けてきました。
SASA1_0021.jpg


山を一つ越えた感じなのでしょうか。一気に視界が開けました。
SASA1_0022.jpg


ここいらで線路のほうへ移動し、写真を撮ります。
本当は電車狙いだったんだけど、チョウチョがいっぱいいてそっちに目が行ってしまった。

SASA1_0023.jpg


これはタデとヒメナかな。
SASA1_0024.jpg


電車がやってきました。
SASA1_0025.jpg

普通列車、福知山行でしょうか。二両編成のコンパクトな車両です。


そんなとこおったら轢かれるぞ。
SASA1_0026.jpg


こちらはツマグロヒョウモンのメスですね。
SASA1_0027.jpg


割とどこにでもおる蝶なのに、カラフルで素敵です。
SASA1_0028.jpg


何より人に慣れているせいか、なかなか逃げないんですよね。
SASA1_0029.jpg

もう手で捕まえられるんじゃないかってくらいまで近くに寄れました。


本人たちは吸蜜に必死だったのでしょうね。
SASA1_0030.jpg


ちょっと冷たい雰囲気で。
SASA1_0031.jpg


これは思いっきり作品にしてみた。
SASA1_0032.jpg


後ろ木がボケて後光みたいにみえるね。
SASA1_0033.jpg


オスもアップで一枚。
SASA1_0034.jpg


これはキタキチョウかな?
SASA1_0035.jpg

タデとの対照がきれいですね。


これはスマホで撮影、この中に三匹いるってわかります?
SASA1_0036.jpg


シロチョウもいました。
SASA1_0037.jpg

アンダーにして白を浮かせてみた。


チャリは撮影中ずっと俺待ち。
SASA1_0038.jpg

向こうから来るのは普通列車篠山口行きですかね。


さて、この辺りは丹波竜とかいう恐竜の化石が出たところらしく、えらいそれを押していました。
SASA1_0039.jpg

川もなかなかきれいでしたよ。


曼殊沙華もそろそろ終わりの季節でした。
SASA1_0040.jpg


振り返ると特急こうのとりが。
SASA1_0041.jpg

チャリは相変わらずのお留守番です。


ヒメジョオンかな?
どこでも見る花だけど、撮るとなると意外と難しい、ちっちゃいもんね。
SASA1_0043.jpg


カラースケッチで遊んでみた。
SASA1_0044.jpg

後ろのレンガの建物は水門関係のものらしいですよ。
詳しくは知らんけど、一般公開していました。


チャリの向こうに曼殊沙華。
SASA1_0045.jpg

写真を撮り始めてから、季節の花とか色とか、すごく意識するようになりました。
今は虫たちの写真が撮れない時期なのですごく寂しいですね。


しかし立派なレンガ造りですね。
SASA1_0046.jpg

できてから時間がかなり経ってそうな雰囲気です。


この辺りの案内。
SASA1_0047.jpg

ゴリゴリ恐竜で押してくるね。


立派なモニュメントやが。
SASA1_0048.jpg


秋の味覚もありました。ちょっとボケているけどな。
SASA1_0049.jpg


日曜日のライダーさんたち。
SASA1_0050.jpg

チャリに乗れなくなったらこれやりたいけど、免許取るところからだなぁ^^


これは何の花かな。俺の辞書にはないや。
SASA1_0051.jpg
これも小さい花なので、撮るのに結構苦労しました。
マクロレンズほしい…


さて、いつまでもいるわけにはいかないので、ヨメナの上のハナアブ君に別れを告げて出発します。
SASA1_0052.jpg


すると5分くらい走ったところに今度はコスモスが…
SASA1_0053.jpg

2分くらい思案したのですが、まぁ撮るわなぁ。


秋桜ってどう撮ってもきれいに見える素敵な花ですよね。
SASA1_0054.jpg


ハナバチくんも一生懸命働いています。
SASA1_0056.jpg


もうちょいアップで。微妙にブレてるんだよなぁ。
SASA1_0057.jpg

マクロレンズほしいなぁ(二回目)


強烈な紫色。
SASA1_0058.jpg

お花はふわっとした仕上げにすることが多いけど、あえてくっきりと行ってみました。
投稿サイト的なところには上げられないものだけど、まぁここならいいかな^^


ザ・日の丸構図で。
SASA1_0059.jpg

でもふんわりしていてかわいい。


もーん。
SASA1_0061.jpg


ちょうちょもやってきました。
SASA1_0062.jpg

これもツマグロヒョウモンでしょうね。


ドアップで。
SASA1_0063.jpg

今回のコスモス写真の中ではこれが一番気に入っています。


白をバックに。
SASA1_0064.jpg


今度はチャリはホース格納庫とデート中。
SASA1_0065.jpg

いつもすまんな。


電車が来たので、コスモスをぼかして入れてみた。
SASA1_0066.jpg

もう少しシャッタースピードを上げて撮ったらよかったなぁ。
私的にはちょいと失敗作です^^


ダリアでしたっけ?詳しくないっす。
SASA1_0068.jpg


ジニアの向こうのコスモス。
SASA1_0069.jpg


コスモスの手前にジニア。
SASA1_0070.jpg

同じ構図でもぼかし方で全然違ってきますね。


極楽浄土すたいる。
SASA1_0071.jpg

実際に行ったらどんなところなのだろうか。


これは特に細工もなくスタンダードなやつです。
SASA1_0072.jpg

ちょっと拡大するとブレてるのがわかるなぁ。


撮っていたのはこんなところでした。
SASA1_0073.jpg

普通の畑のそばのコスモスで、きっと植えておられるんだと思います。
撮らせてもらって感謝。


きっとハナバチも喜んでいるでしょう。
SASA1_0074.jpg

こんなにケツを黄色くしてるもんな。


また少し走ると今度はキバナコスモスを発見。
SASA1_0075.jpg

そしてまたツマグロヒョウモンがいました。


コイツも中々動じない子で、よほど接近しないと逃げませんでした。
SASA1_0076.jpg

色々な構図で撮らせてもらったのですが、これが面白かったので採用。
失敗ともいいますが。


国道176号、次から次へと撮るものがあって中々前へ進めません(笑)
SASA1_0077.jpg

楽しくて仕方ない。


秋の恵みもありました。
SASA1_0078.jpg

よく見ると左の実にカメムシがついておる。


撮影をしている間、チャリはお休みし、ヘルメットは消火栓のカポッ。
SASA1_0079.jpg

そのうち自転車とヘルメットが一揆をおこすのではないかと心配です。


チャリンコのこの折れた首がなんとも。
SASA1_0080.jpg

ええかげんにしてくれ~てな感じでしょうか。


ヒメジョオンも一杯咲いていました。
SASA1_0081.jpg

世の中のたいていのものは大群になると気持ち悪いものですが、これはきれいだったな。


さて、あとは宿のある柏原へ向かうのみです。
SASA1_0082.jpg

時間に余裕はあるので、ゆっくりじっくり景色を見ながら走っていきます。


徐々に日も傾いてきたようです。
SASA1_0084.jpg

秋の日は釣瓶落としってよくわかるよ。


谷川駅につきました。
SASA1_0086.jpg

思っていたよりもレトロな感じの駅ですね。
あえてそうしているのでしょうが。


何やら見慣れない車両がやってきたので一枚。
SASA1_0087.jpg

一両だったので、最初はなんかの車両のテストをしているのかと思っていたのですが、すぐに加古川線の車両だと気づきました。

ここ谷川駅は、福知山線と加古川線の両方が乗り入れる駅です。
福知山線はいつものように見ていますが、加古川線を見るのは初めて。

というか、まさか一両編成だとは思わなかったなぁ。
みんな車通勤なので需要はないのかもしれませんね。


ここから少しだけ坂を上って奥野々トンネルに到着。
SASA1_0088.jpg

後は下るのみです。
今日は本当に楽々の走行だな。


トンネルの中から撮影。
SASA1_0089.jpg

面白い絵が撮れるんだけど、トンネルの中を撮るとヘンなものが写りそうで怖い(笑)


トンネルを抜けると田んぼの中にまっすぐな道がありました。
SASA1_0090.jpg

道の向こうには町並みが見えます。柏原の町なみのようですね。


柏原駅です。思ったよりもデカくて驚く。
SASA1_0091.jpg

「定食」というのぼりが出ていますが、これが翌日お昼ご飯を食べる宿になります。


この後10分ほど走り、本日のお宿に到着。
SASA1_0092.jpg

夕食は例によってラーメンでした。
ふくちあんらーめんというお店でしたが、大変味が濃くておいしかったです。

店員さんの元気もものっそいよかった。元気すぎるくらいやったわ。


ご飯を食べた後、本日のホテル「グリーンホテル松風」さんに戻ってきました。
SASA1_0093.jpg

柏原にはホテルが少ないのですが、その中では比較的お安いホテルでした。
内装は1970年代のソレで空調なんぞもかなりアレでしたが、お安いし泊まれればいいっていう俺みたいな人にはぴったりだと思いますよ。


さて、如月レオン様を見ながら翌日の予定を考えます。
SASA1_0094.jpg

もういろいろとアレなのですが、この人見たさに演歌百撰を見てしまうから恐ろしい。


こちらは武美怜さん。
SASA1_0095.jpg

こっちは普通に歌うまいですよ。


なんか変な方向へ進んでしまいましたが…

あのね、翌日の天気は明らかに雨だったんですよ。
四日前に予約したときは何も天気に問題はなかったのに、一気に天気が悪くなったようで。

事前の予定では、二日目は柏原から西へ向かい、加古川線に沿って南下して加古川から帰る予定だったのですが、さすがに雨の中80KMも走る気力はありません。

今回は運が悪かったと潔く諦めて、翌日はとりあえず柏原の観光地っぽいところをめぐって電車で帰ることにしました。


10月2日(月)
おはようございます。朝食です。
SASA1_0096.jpg

シンプルな朝食です。無料ですからね。
パンに青じそドレッシングを吸い込ませて食べました(笑)


さてと。
やはり雨なので、とりあえず柏原駅の駐輪場に自転車を置き、歩いて散策します。
SASA1_0097.jpg

屋根付き無料、言うことないですよね。


この後歩いて散策するにも傘がなかったので、近くの婦人服店で傘を購入。
SASA1_0098.jpg

傘ないですか?って女将さんに聞いたときに、申し訳なさそうに赤しかないんですよって言われましたがそんなの何色でもいいです。売ってくれてありがとうございますって感じでした。

むしろこれを400円で売ってもらってよかったのだろうか。
こちらこそすみませんって感じです。


さて、柏原八幡宮につきました。
SASA1_0099.jpg

思っていたよりも立派です。


この鐘といい、塔といい、神仏習合の名残でしょうか。
SASA1_0100.jpg

晴れていたら空も入れて作品にできたんですけどね。


狛犬さんも雨が冷たかろう。
SASA1_0101.jpg


こいつ泣いてないか?
SASA1_0102.jpg

なんかつらいことあったんか?相談乗るぞ?


広い境内です。雨でちょっとかすんでいるかな。
SASA1_0103.jpg


塔をバックに。
SASA1_0104.jpg


空がイマイチだったのでモノクロでごまかしました^^
SASA1_0105.jpg

こっちのほうが凛々しくみえるかな。


今度は鳥居を入れて。
SASA1_0106.jpg


雨の日らしい一枚です。
SASA1_0107.jpg

玉ボケがキレイなんだけど、端っこのほうが三日月みたいになっているのがダメらしいですよ。
こうならない絞りがいくつなのか見つけないといけないんだって。

日々勉強です。


こっちも小さいたまボケが出たのですが、まぁインパクトは小さいよね。
SASA1_0108.jpg


滴る雨粒です。
SASA1_0109.jpg

雨粒も撮ってみると面白いな。


境内の入り口から。
SASA1_0110.jpg

こうやってみても何か歴史を感じる作りだよね。


さて、用事はないので境内を後にします。
SASA1_0111.jpg

中々素敵な場所でしたね。
俺がいる間にも三組参拝客がいました。

雨の月曜日ってことを考えると、結構人気があるって思いますね。


ただの屋根だけど、光の当たり具合で面白いね。
SASA1_0112.jpg


雨の当たる葉っぱ。
SASA1_0113.jpg

緑が鮮やかです。


途中社務所があったので、御朱印をいただきました。
SASA1_0114.jpg

あまり期待していなかったのでうれしいです。立派な字だ。


雨の日の参拝でしたが、来てよかったです。
SASA1_0115.jpg


境内を後にします。
SASA1_0116.jpg

雨の日にクリートをついた靴で歩くのは怖いです。
滑らないようにめっちゃ気を付けてあるきました。


葉っぱも潤ってます。
SASA1_0118.jpg

ちょっとボケちゃったけど。


奥の建物は丹波市役所の柏原支所のようです。
SASA1_0119.jpg

隣にある大きな木が印象的でしょ?


そばには水路が流れていて、ちょっとした観光地になっています。
SASA1_0120.jpg


さっきの大きな木ですが、幹がこのように横に伸びているんですよ。
SASA1_0121.jpg

県の指定文化財になっているみたいですよ。


傾いてきているのか、柱で支えているのがちょっと寂しいですね。
SASA1_0122.jpg


なんで横を向いて伸びたのでしょうね。
SASA1_0123.jpg

不思議ですよね。


欄干に俺が映ってるな。
SASA1_0124.jpg

晴れていたらさぞかしきれいだったんだろうなぁ。


水路の水もいつもより多いのでしょうかね。
SASA1_0125.jpg


大ケヤキの全貌です。
SASA1_0126.jpg

立派な木でしょ?


そばの花壇の花を撮ってみました。
SASA1_0127.jpg

プルプルしてますね。


何の花なのかは全く知りませんが…
SASA1_0128.jpg


(*_*)
SASA1_0129.jpg


これが一番きれいに水玉が写った気がします。
SASA1_0130.jpg

この旅の中では結構気に入っている写真です。


雨に濡れたことで黄色が強く出ているのかな。
SASA1_0131.jpg


雨の日に花を撮るのも楽しいですね。
SASA1_0132.jpg

いつも太陽をバックにキラキラ光る花を撮ることがが多いので、自分の中では新鮮でした。


もうおなか一杯なので、駅までまた歩いて戻ります。
SASA1_0133.jpg

駅前で自転車をばらして丁寧に拭いてから輪行袋へ。
濡れた自転車を拭くとかアホかと思われそうですが、雨粒が滴ってくるような状態で輪行袋に入れると電車の中で垂れてくるわけですよ。

さすがにそれはマズイので、タオルを一枚無駄にしても丁寧に拭きました。
これにて準備完了。


電車まで40分くらい時間があるので、駅に隣接する食堂で昼食。
SASA1_0134.jpg

ランチだったと思うのですが、頼んでから出てくるまで25分くらいかかってめっちゃ焦りました。
こっちはヒヤヒヤしながら待っていたのですがあまり店員さんは急ごうという様子も見られず…

まぁこの辺りも田舎なんだなぁって思いましたよ。

味はすこぶるおいしかったです。
唐揚げもカツもちゃんと揚げたてでしたよ。


帰りの電車がやってきました。
SASA1_0135.jpg


今回の旅は二日目があまりに無残な結果になりました。
SASA1_0136.jpg

悔しい思いをした俺は帰りの電車で翌週の宿を探すのでした(ん?)


~来週に続く(笑)~


さてと。

実はね、今日の午後2時くらいからずっとこの記事を書いて、あれは午後6時過ぎだったかな。

あとは写真を差し込むだけってところまでいき、それも最後の10枚ってところまで行ったときに画面がフリーズして記事が全部吹っ飛んだんですよ。

あの瞬間の俺の声をだれかに聞かせてあげたかった(笑)


それからまた夕食を挟んでなんとか書き上げたのがこの記事なのです。
俺にとっては今までで一番書き上げるのが大変な記事でした^^

なんで途中でセーブしなかったのか、今でも不思議でなりません。

今後の教訓としましょう。


ではでは、次回の記事でまた会いましょう^^

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

青

Author:青
大阪府在住、アラフォーのおっさんです。

自転車とカメラが好きです。
最近はかなりカメラに傾倒^^

カメラ:nikonD750
自転車:5800系105のロードバイク

Twitter

フォト蔵

最新コメント

過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ にほんブログ村 自転車ブログへ